Apr 152014

パスワード管理よりも、サービスの管理が・・・

A*obeの流出とか霞んで見えるビックイベント。

随時パスワードの変更をしておりますが、もう何のサービスに参加しているのか?またoAuth登録していたりすると、何がなんだかわかりません。
このサービス全盛の時代には個々のサービスのセキュリティと同様に、自分が参加しているサービスの把握も大事。

自分が参加しているサービスを管理してくれるサービスが欲しい今日このごろです。

Apr 142014

AmazonのPublisher Studioテスト

ちと気になっていたamzonのAmazon Publisher Studio
説明を読んでもイマイチどういうことなのかよくわからず、モヤモヤしていたので、実際このブログに入れてみた。(動作サンプルとして、戸坂潤「科学的精神とは何か――日本文化論に及ぶ――」の序文を引用+利用させていただきます。)

Continue reading AmazonのPublisher Studioテスト.

Apr 132014

フォトブックサービス

フォトブックサービスを本格的に使い始めたのは5年前から。
当時は競合も少なく、検討余地なくPhotobackさんを選択して現在に至る。

当初は自分たち夫婦のために作成していたが、子どもが巣立つときに渡す(なんか呼称あるんかしら?)わかりやすいモノとして、年1冊ぐらいで作成しておくのも良いかもしれないと考えている今日このごろ。価格.comのサービスまとめを見ると、さすがに5年前よりは群雄割拠な状態。

Continue reading フォトブックサービス.

Apr 122014

Copy Copy Copy...

言葉だけで学ぶのではなく、体験を通すことで、
言語化できない領域も血肉となり、オリジナルとなるのだろう

Apr 112014

S.P.R.I.N.G. / 嫁入りランド

ええんではないでしょうか?
好きです。
J-RAP黎明期(いとうせいこう、ビブラストーンあたりかしら?)を思い出すのかしら?

Apr 102014

フィルムのデジタル化

Apr 092014

緑のインクで赤い線を引く

目眩がします・・・

Apr 082014

「作るのはざっくり、販売の方を重点的に・・・」という方向性

ペパボが開始したオリジナルグッズ作成+販売サービス"SUZURI"
試しにツルカメグッズを作ってみた。(ちなみにまだ売れてない)

さて、このSUZURIというサービス。クリエイティブ寄りのサービスだがクリエイティブに関するサービス上機能を完全に割愛、作成~販売を簡単に行うことだけに特化している。
サービス詳細・バックグラウンドなどは以下サイトを参照。

素材画像データをアップロードすると自動的に4種のグッズが生成、販売対象とトリブン(取り分)を設定。これだけの作業でショップと商品が作成されて販売開始。基本料金(トリブン=0)は、実際モノのクオリティを見てみないと何とも言えないが、従来の同型サービスの中では安価な方

トリブン0に設定した場合の販売価格

  • マグカップ:2,052円(原価:1,900+消費税:152)
  • トートバック:2,376円(原価:2,200+消費税:176)
  • Tシャツ:2,808円(原価:2,600円+消費税:208)
  • iPhoneケース:2,700円(原価:2,500円+消費税:200)

サービス上でのデザインの微調整(スケール、ポジション)は全くできず、前述の販売種類とトリブンの販売に関する設定しかできない。クリエイティブ調整はアップロード前の素材作成時にローカル側で行い、サービスは一切関与しないスタンス。ここから将来の電子デバイスとサービスの役割をどう捉えているか推測してみる。

Continue reading 「作るのはざっくり、販売の方を重点的に・・・」という方向性.

Apr 072014

フラッとジブリのブルーレイを見たら・・・

ジブリのパッケージこんな展開だったのですね。
トトロの緑色にちょっと違和感あるけど、全部揃えて並べたくなる・・・

Apr 062014

「愛している」よりも

『自分を愛する状態を維持する』相手の努力に感謝したほうが良い

Recent Comments

Search and Archives