« とにかく必死どした | Home | 大治郎 »

Apr 092003

すべての日本のマスコミへ

いつからこの戦争はフセインの独裁政治を終わらせるための戦争になったんですか?

戦争をはじめる理由になった大量破壊兵器および化学兵器はまだ発見されていないのに、独裁政治の元に抑圧されていた民衆を解放できればこの戦争は正当化されるのですのか?
いつからフセインは完全な悪者になったのですか?後付けででも理由が出来れば先制攻撃は認められるのですか?
化学兵器も何も見つかっていないのに何故フセインは追われなければならないのですか?理由を教えてください。

この戦争を開始するにあたり決め手となったのは昨年9月24日にイギリス政府が発表した報告書の中にあった「イラクは核兵器を開発するために、
アフリカのある国から大量のウラニウムを買った疑いがある」という部分でなのですが、結局この情報も偽造のものであったことが分かっています。

また同時に今年2月初め「イラクが大量破壊兵器を持っている証拠」としてイギリスが発表した報告書の中身が、アメリカの大学のイラク研究者が
イスラエルの学術雑誌に書いた論文や、イギリスの諜報系雑誌「ジェーンズ・インテリジェンス・レビュー」からそっくりコピーしてきた「盗用」だった
ことも分かっています。

早い話が今のところこの戦争はでっち上げられた理由のみで行われているのです。

フセインが独裁者だから戦争を行ってもよいという理由は国際法上無だろうし。
独裁者であることが今回の戦争の原因であれば、その「独裁者」という判断はどこで行うのでしょう?
なのにマスコミはフセインの冠に「独裁者」を必ずといっていいほどかぶせています。
それが今回の戦争にどんな関係があるのだろう?「前科者だからお前が容疑者だ!」ぐらい無茶苦茶なプロパガンダだと思います。
まぁでも別にそんな表向きの理由とか支配者の都合とかは別にどうでもいいのです。

そんな理由があるからと言ってイラクの国民を殺すことが許されるのか?ということなのです。

戦争が終わったから良かった良かったではなく、こういう理由で戦争を行っても許されるということが非常に問題であると思うのですが、
世の中はどうもそういう風潮ではないようです・・・。

これから先、ブッシュが「あいつは独裁者だ」と目をつけられた国は攻撃されても誰も助けてくれないわけですか?

私が言いたいのは「この戦争は結果がどうであれ不当な理由に基づいて開始されたものであり、その結果非道で不正な侵略行為に直面しているのはイラクの民衆である」であり、
それを「フセインの独裁」とかそういう題目を掲げて「悪の象徴フセイン」を倒したのだからOKという馬鹿げた結末で許してはいけないだろうということなのです。

Leave a comment

Search and Archives