« 劉亦菲からのメール | Home | デザイナーズファイル 2006 »

Feb 172006

プリンタ壊れる・・・

追記::2008.4.27(Amazonで販売しているのを見つけたのでリンクしておきます)

我が家はcanonのpixus850iというプリンタを使っている。久しぶりに印刷しようとしたらエラーがでて動かない。どうやらプリンタヘッドが死んでいるらしい。説明書には長期間使わない場合は1ヶ月に一度印刷しましょうとか、めんどくさい注意書きが書いてあった。1ヶ月に1度印刷しないとこのプリンタは壊れるのか?1ヶ月旅行にもいけないじゃないか!


ということでプリンタヘッドを探して街を徘徊するが、見つからない。キヤノンサイトの消耗品にもリストアップされていない。一応調べてみると"QY6-0042"という型番で存在しているらしいが、アマゾンでみたら製造中止とか書いてあった・・・orz しかしyahoo shoppingで発見したので一安心。QY6-0042での検索結果


しかしお値段は4000円。これにインク買ったらやく1万円ぐらい・・・。新品のプリンタ(インク付き)とか買えちゃいそうなお値段。ちょっとへこむ。Canon QY6-0042 PIXUS 850i用 プリントヘッド

プリンタヘッドのクリーニング方法とかで調べていたらこんな記述を発見。

キャノンのヘッドがはずれる型のプリンターではかんたんなので、分解して注射器を使ってインクを吸い出したり吹き飛ばしたりして強制クリーニング?ができます。

ちゅ・・注射器かぁ・・・。どこで売ってるのだ?
世の中分からないことだらけだ・・・。
で、調べていたら
ヘッドの目詰まり直してもた!2ポチャに行き着いた。やっぱ同志がイター!
重要そうなところだけコピペメモ

エアーコンプレッサーでヘッドをブハーッ!と逆噴させたら以後快調。ヘッド代6,000円得した!
===
浅い器に消毒用アルコール(エタやね)を用意してプリンタヘッドをその中にどぼん。
プリンタヘッドの頭の部分だけがアルコールにつかるようにする。
基盤にアルコールがかかるとOUT。
基盤に注意しながら洗浄作業。
エタに漬ける→ティッシュで吸い取る を繰り返す。
完全にヘッドからインクが抜けたら余計な水分をふき取り
完全に乾かないうちに元通りに組み立てる。
新しくインクを装填ししつこくヘッドクリーニング。
最後にギャップ調整をしたら  (゚д゚)ウマー
===
漏れは手間がかからない様に
空になったインクタンクにそれぞれエタを補充して
ヘッドクリーニングを繰り返して
===
黒が詰まっててまったく色がでなかったけど
インク格納するとこ外して
ネジ外してヘッド外して
インク格納ケースだけばらして
超音波洗浄器で30分
===
針を外した注射器を用意して、カートリッジ内のインクに刺さる突起物に
注射の先端を被せます。 で、勢いよく水を注入してみてください。
すると、最初は詰まってなかなか噴出さなかった水が綺麗に霧吹きのカーテン
のように出ます。 よく見るとカーテン状に吹き出ている水が薄い部分が
あります。これが詰まっている穴です。何度も繰り返していると、カーテンが
均等になります。これで詰まりはなくなりました。PM900は7色なので
全ての穴に同じ事をして、詰まりをなくします。
それでも水のカーテンが均等にならないときは、しばらく放置して再度くり
かえします。固まったインクが水に溶け出して徐々に状態がよくなっていきます。

7色の穴全ての清掃が終わったら取り付けですが、水を注入した状態でインクを
セットして下さい。(空気が入らないよう)
で、クリーニングを5,6回してからテスト印刷をすると、水っぽい色ながら
全てのいろが出ます。 ノズルに残った水が出を出し切るつもりで、クリーニング
テスト印刷をくりかえしていると、次第に通常の色に戻ってきますよ。

尚、注射器は、昆虫採集セットのものが手に入りやすいと思われます
===
エタノールと空の補充キットで直ったよ。
2台のキャノンのプリンター、どちらも黒が逝っていた。
ヘッドリフレッシングを繰り返すこと数回、無駄にカラーを消費しまくっていた。
ここ見て空のタンクにエタノールを注入してセット。
ワードのサンプルを印刷後、元のタンクに戻した。
印刷してみると、きれいに印刷されたよ。
===
マジックリン入れたお湯で貫通しますた。
===
風呂ぐらいのぬるま湯に20分つけろ。
インクタンクは外して。
壊れても知らないが、まず壊れない。
キャノンの技術者がHPで方法を公開してるぐらいだから。
===
このスレ見てBJ-F850でチャレンジ
丸1日ヘッド部のみエタノール漬けして放置。

  <⌒/ヽ-、___
/<_/____/

2度とBJ-F850が目覚めることがありませんでした。

一応壊れる場合もあるらしいので、自己責任でやってくださいませ。
ちなみに最後のほうにこの一文を発見。
850iだったらヘッド買うよりも、iP4200買った方が幸せになれるかも。
ガゴーン。

9 Comments

プリンタヘッドの清掃を試みましたが失敗しました。で、悩んだのだけど、プリンタヘッドを購入いたしました。ま、プリンタヘッド付け替えたら何事も無かったかのように快調に動いております。とりあえずこれから1週間に一枚は印刷するようにします。

たぶんみんな空になったインクカートリッジにアレ入れて一気にヘッドリフレッシュ連発で解消しているようですよ@


買い直すのもったいないし、今日はネット販売価格より3,5割引で安いプリンター買っちゃいましたが、10年くらいプリンター持つみたい

レーザープリンタなんてもう15年ぐらい前からアウトプットにはそんな劇的な進化は無いだろうし、カラーインクジェットも3年ぐらい前からそんな大きくは変わってない気がしますね。だったら10年ぐらいは大事に使ってもいいかも。
(しかしこれからプリンタ屋さんとか大変ですよねえ・・・)
他人事ながらドキドキします。

互換メーカーで売ってるキャノン用のクリーニング液を1年ほど使っていますが1日もかからずきれいになりますよ。
まあ、人それぞれなのでプリンタを新しくするなりヘッドを買い換えるなりどの方法でもいいと思いますけど・・・

おーそうですかー。完全に詰まった状態からも復活するんですか?私のときはうまくいかなかったんですよね・・・。それで仕方なくヘッドを買った訳ですが・・。別に好きで買ったわけではなく消去法でその選択肢に行き着いたわけです。

キャノンのプリンター故障について
そろそろ来たかプリンター7回点灯エラー。
プリンタの説明書で、7回点灯は、ヘッドの消耗、交換してくださいと書いてあった
1 キャノンのプリンターヘッドQY6-0034 は販売は中止
2 オークションで8000円以上で販売
3 メーカーに問い合わせると修理代として約7000円プラス送料1500円とられる
*メーカーサイドは、不況のため、いろんな無料サービスをやめているようだ。
買い替えらる方が、修理するより安い。メーカーの狙い。癪である。
また、メーカーは嘘をついていた。
故障の原因は、ヘッドの消耗ではなく、目詰まりだった。(後で分かったこと)
私は、だめもとで修理した。直った
以下は、目詰まりの洗浄法。
ヘッド一部外し水に1時間付け、取り付け 紙に包んで乾かした。

情報ありがとございます。

インクもう販売中止ですか・・・。プリンタ買い換えないといけないですね・・・。

最近のプリンタは純正インクの認証があったりしてその辺面倒ですね。(純正品以外を使用することによるトラブルが多いのかもしれませんけど)

CDのレーベルを作ろうとしたら7回点滅した。
このHPにたどり着いて、豆腐の容器にエタノールを入れてボチョン!
古歯ブラシでゴシゴシしてティッシュで拭いたら復活しました。

ありがとうございました。

復活してよかったですね。
私はブラザーの無線プリンタに買い換えてしまいました・・。

Leave a comment

Search and Archives