November 2008 Archives

Nov 302008

みちえおねえさん

1年前から書こうと思っていて忘れていたエントリーです。
ベネッセの子供チャレンジプチのみちえおねえさん。北浦実千枝さんって言うんですけど、このお姉さんが半端無く可愛いです。口がカエル見たいに大きいんですが、もうその大きなお口も可愛いw 当然子供のために買っているわけですが、一緒に見ているお父さんはみちえおねえさんが目的だと断言しても良いかと思います。私もそうです。しまじろうとか目に入ってきませんw

2005年からみちえおねえさん役をはじめて(その時20歳で現在23歳)、もう十分潜在的お父さんファンが存在していると思います。子供チャレンジプチのDVDにはクレジットも出てきませんし、地上派で見かけることも無いので、ものすごい爆発力を溜め込んでいるのではなかろうか?と思います。

ここら辺で一本CMとかに出れば一気に大ブレイクすると思うんですが、みなさまどう思われますか?w

ちなみにブログはリニューアルするとかで更新が今年の夏で止まったままになっています。
Lady Bird

みんなで早い復活をブログに書き込んだらどうでしょう?w

ref.砂岡事務所 北浦実千枝

stash 48

stash 48

Radio headのHouse of Cardsも入ってるんだって。あれをDVDで出すとその価値が半減するような気もするけれど・・・。

なんかyoutubeが落ちていて、動画貼れない。

Helvaticaばかり使うな

nakano.tumblr.com:Helvaticaばかり使うな
Hermann Zap?(忘れた)

Nov 292008

喪服で一日

お葬式で石川に飛んで、帰京して羽田から直接喪服のままDual City Sessions 2008: Art with Sound™のオープニングに行って、タクシーで事務所にもどって喪服のまま明け方まで作業。

なんか一気にバタバタ動いて情報が錯綜していて制作に集中できない。
この状況は大丈夫なのだろうか?
非常に不安だ。

Arrayの拡張で配列演算子でのアクセスを防止できないか?

Proxyとか色々試してみたけれど、駄目だった。
Adobe Flex 3 ヘルプ

うーむ・・・・・。配列演算子を使用しないという前提条件で、代替メソッドを用意するしかないか?
なんかイラッとするなぁ・・。

Nov 272008

携帯電話メタモルフォーゼ

ここ最近携帯の調子が悪いという話を先月このブログで書いたのですが、そのまま使い続けていたら更に状況が悪化。

これまでは

・通話中に突然電波が切断。
・通話中に再起動。

といった程度だったのが、

・相手方に激しいノイズが発生し聞き取れない。
・相手の声は聞こえるのにこちらの声が届かない。

といった感じで、受信専用機へとその機能を変貌させつつあります。

一応、先日機種変しようと思ってDocomoに行ったのですが、値段は高いし、グッと来るモデルも無いし、店員が横に張り付いてアレコレ言うから、お腹が痛くなって、そのまま帰ってきてしまいました。

もうソフトバンクに変えようかしら?とか思ったりしますが、今週末までそんな暇もなさそうなので、もうしばらくご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします(誰?

アホリックス

アホリックス
あまりに面白くなさそうで逆に観てみたい。

Playing For Change: Song Around the World "Stand By Me"

いつの日か国を原因とした争いが地球からなくなりますように。

edicisum


edicisum from candas on Vimeo.

死に急ぐ

最近「死に急いでいるように見える」という言葉を立て続けに言われた。

特にそんなつもりも無いのだけど、元々家系的に50歳まで生きられるか微妙なところもあって、高校生時分から人生50年で逆算で考えて生きている節はあるので、37歳になった今、残り後13年しかないという自覚はある。まぁ残り13年と考えているのなら、それまでに遊んでおけという考え方もあるのだけど、家族が困らないぐらいのお金は備蓄しておきたいという思いの方が今は強い。

子供の成人ぐらいは見届けたいとは思っているのだけど、そればっかりはどうしようも無い。運が良ければ立ち会えるだろう。孫の顔を見るのはもうこれまでの家系の歴史を踏まえると完全に諦めていたりもするけど・・・。

そういう言葉を言われちょっと考え込んでいたところに、身内の不幸が重なって改めて残り時間をどうするか?少し考えてみた。午前3時。明日はお通夜。

腎臓にある腫瘍もきちんと検査しなくては・・。

しかし「死に急ぐ」なのか「生き急ぐ」なのか、正直よく分からない。

Nov 262008

やっと出た!

PLANEX 11n Draft2.0/g/b対応 無線LAN 小型USBアダプタ GW-USMicroN
この小さいタイプがずっと欲しかった。
これでACアダプタを一つ減らせる。
LANボードが無意味だ・・・。
使わないボードはやっぱ抜いた方が消費電力は落とせるのかしら?

ワタル先生お勧めのこれと一緒に事務所と自宅に購入~~。

しかしAmazonの画像のリンクのASINを使ったタイプ(http://images-jp.amazon.com/images/P/[ASIN].09._SX100_SCLZZZZZZZ_.jpg)だとアスペクト比がバラバラでレイアウトが気持ち悪いことになる。去年ぐらいから追加された新しいタイプ(http://ec2.images-amazon.com/images/I/31eJ4bS44hL._SS100_.jpgみたいなの)に切り替えしたいんだけど、"31eJ4bS44hL"部分の生成ルールが良くわからなくて、Add onに組み込めない。ちと調べてみよう。


081126.jpg
最近朝めっさ寒いやん?
そしたら朝日でるときめっさ空綺麗やねん。
もう写真とかで全然再現できへんけどのっけとく。

Nov 252008

SharedObjectの一時変数

AS2の頃は

To create private values for a shared object--values that are available only to the client instance while the object is in use and are not stored with the object when it is closed--create properties that are not named data to store them, as shown in the following example:

ということで

var my_so:SharedObject = SharedObject.getLocal("superfoo");
my_so.favoriteColor = "blue";
my_so.favoriteNightClub = "The Bluenote Tavern";
my_so.favoriteSong = "My World is Blue";
for (var prop in my_so) {
    trace(prop+": "+my_so[prop]);
}
ということができたのだけど、AS3からはdynamicじゃなくなっちゃってできなくなっちゃった。

まぁ何がやりたいかっつーとJSのcookieのexpireみたいなことをやりたいんだよね。ブラウザのウインドウが閉じられた瞬間に破棄する・・みたいな。そういうイベントがあるのかもしれないけど、displayObject系では今のところ無理そうな悪寒。次回アクセスの際にタイムスタンプから継承するかどうか?っつーのはできそうだけど、美しくないなぁ・・。

illustratorとfireworksとflashDevelop

081125.jpgのアイコンを並べて配置すると押し間違えが多発する。アイコンのデティールは選択時の判別において、あまり重要で無いということを身をもって体感できる。これにpopFileやmixiのアイコンなんか並べたら更に分かりにく使いにくくできそうだ。

Nov 242008

パワーポイント

今人生初めてパワーポイントを使って資料を作っているのですが、
なんつーか座標に対してものすごいゆるい仕様がとても不安です。

なんなんでしょうか、このソフトは・・・・。

ズレとか気にするなっつーことなんですか?

TIAAプレート

081124c.jpg
今年のTIAAで賞を幾つか頂いたのですが、HONDAさんのAvenue Hの表彰プレートを頂きました。

この手の類のトロフィーやプレートは2個ぐらいは無料でもらえるのですが、それ以降は希望者が自腹で購入というシステムで、且つ値段も結構するので(平均で10万ぐらい)今まで購入したことが無かったのですが、今回ご好意でプレゼントしていただきました。ありがとうございました。

ちなみにカンヌグランプリのトロフィーは7月のレートでは€ 1,450.00(23万円ぐらい?)もして、今回カンヌで取った3つの賞全部購入すると60万もするので断念しました。しかし今レートが120円に下がったので、43万ぐらいになっています・・・・orz。

恐るべし世界不況。

まぁ今考えればTitaniun Grand Prixのトロフィーぐらいは23万でも買っても良かったかなぁ?って思いますけど・・・・。後の祭りです。

まぁまた受賞したときには購入しようと思います。
でも多分無理w

ボジョレー解禁

081124b.jpg
これまで37年間縁の無かったボジョレーヌーボー解禁。
ニュースでみんなが飲んでいるのを見るぐらいでした。
ついに我が家にもボジョレーヌーボーがやってきました。
先日解禁日にお客様から頂きました。

今年のボージョレーは、甘みが強く、酸味に乏しい感じがあり、軽く呑めちゃう感じです。ご賞味ください。

との事です。

本当にいつも色々お気遣いいただきまして、ありがとうございます。

これってすぐに飲んだ方が良いのか、何年か寝かせておいた方が良いのか良く分からないですが、テレビではみんな飲んでいたのですぐに飲んでもいいんですよね?

歯?

イラストレータで単位設定を変更しようとしたら、選択肢の中に「歯」というのが出てきた。
今までこんなのあったっけ?
っつーか「歯」ってどこで使われている単位だ?中国か?
歯の大きさを基準にした単位系なのだろうか?

なんか歯を基準にした単位系とか少し気持ち悪い。

Nov 232008

まったく動かない(汗

iモードHTMLシミュレータII | サービス・機能 | NTTドコモ

ちと携帯コンテンツの仕事をしていてドコモのエミュレータを導入したのだけど、まったく繋がらない。なんのURLを入れても「接続できません」となる。

一応、iモードHTMLシミュレータIIに接続できず困ってます。 - 教えて!gooとかをみているのだけど、未だ解決に至らず・・・。

接続できない上に、このソフトの使い勝手の悪さにイライラするわ。

ちなみにソフトバンクは
WEB & NETWORK 技術資料・開発ツール(要会員登録)
AUは
KDDI au: ダウンロード > Openwave® SDK 6.2K

Continue reading まったく動かない(汗.

Nov 222008

progression検証 #20 HistoryManagerの拡張

今回は正確に言うと検証ではなく、改造です・・・。
今後のバージョンアップ等を考えると同期が取れなくなるのでお勧めしません。実装される方は一応自己責任でお願いします。

ドキュメントには掲載されていないのですが、
jp.progression.core.managers.HistoryManager
という履歴を管理するクラスがあります。基本的にはブラウザの「戻る」「進む」ボタンに対応してシーンを遷移させる働きをしています。これを使用しているクラスとしては
jp.progression.core.managers.KeyboardManager
jp.progression.core.managers.SceneManager
jp.progression.core.ui.CastObjectContextMenu

の3つがあります。コンテキストとかは標準的に表に出てくるので使っている人も多いと思います。

で、これと同じ働きをする「back」「next」ボタンをFlash内で実装する場合

HistoryManager.back();//戻る
HistoryManager.forward();//進む
という感じになります。

ただ履歴とその中における現在の位置の関係が分からないため、これ以上戻れない、進めない状態になったときにボタンを殺したりすることができません。(その口を見つけられていないだけかもしれないけど)

つまりHistoryManager._positionとHistoryManager._histories.lengthの関係をチェックして、フロントのボタンの制御を行える口を用意したいなと・・。
ただposition、histories共にprivate static属性のためextendsもできず・・・ということでHistoryManagerに2つメソッドを追加してしまいました。

Continue reading progression検証 #20 HistoryManagerの拡張.

エアコン復活!

やっと直りました。
3万5千円也。

キチンと熱風が出てきています。

これで明け方の1度ぐらいの時にスクワットしたり腕立てしたりして体を暖めながら仕事をしなくて済みます。

Nov 212008

寒いですね

事務所のクーラーが不調になって1週間ぐらいたちます。
事務所の中でもダウンジャケットを着てシコシコと仕事をしていますが、
なんつーか手足の冷えがひどいです。

30歳ぐらいに病気を患ってから80-60とかの低血圧体になったんですけど、
それまで女性の冷え性の辛さが理解できてませんでしたが、
今なら理解できているような気がします。
あくまで、気がするだけですが・・・。
というか理解したところでなんだ?っつー話ですが・・・。

あーどっこい。

Nov 202008

syntaxhighlighterを入れてみるの巻

ブログに記述したコードを自分で後でみても良く分からないぐらい汚いのでsyntaxhighlighterを導入することにしてみます。

1.まずsyntaxhighlighter - Google Codeからダウンロード
2.解凍して出来上がった"dp.SyntaxHighlighter"をサーバにアップ。(オデの場合はブログでサブドメインになっているので、そのサブドメインのドキュメントルートにアップ)
3.syntaxhighlighterのCSSを追加する。Movable Typeだとメインページ以外にもアーカイブ系にも追加。

<link rel="stylesheet" href="<$MTBlogURL$>dp.SyntaxHighlighter/Styles/SyntaxHighlighter.css" type="text/css" />

以下他にも色々追加しないといけないので、Movable typeだとモジュールで追加した方が楽かな?ということで以下モジュールベースで話を展開。

4."module.SyntaxHighlighter.txt"というテキストファイルを新規作成。
5.CSS設定の追加。"module.SyntaxHighlighter.txt"に以下の一文を記述。

<link rel="stylesheet" href="<$MTBlogURL$>dp.SyntaxHighlighter/Styles/SyntaxHighlighter.css" type="text/css" />

6.使用言語のshBrushスクリプト(パーサー?)を"module.SyntaxHighlighter.txt"に追記。
種類は


  1. shBrushCpp.js :C++
  2. shBrushCSharp.js : C#
  3. shBrushCss.js : CSS
  4. shBrushDelphi.js : Delphi
  5. shBrushJava.js : Java
  6. shBrushJScript.js : JavaScript
  7. shBrushPhp.js : PHP
  8. shBrushPython.js : Python
  9. shBrushRuby.js : Ruby
  10. shBrushSql.js : SQL
  11. shBrushVb.js : Visual Basic
  12. shBrushXml.js : XML
  13. shCore.js : COREこれは必須っぽい

といったところ。自分が使用するであろう言語だけ追記。XMLだけ使う場合はこんな感じ。

<script type="text/javascript" src="<$MTBlogURL$>dp.SyntaxHighlighter/Scripts/shCore.js"></script>  
<script type="text/javascript" src="<$MTBlogURL$>dp.SyntaxHighlighter/Scripts/shBrushXml.js"></script>  

7.クリップボードコピーの定義。Flashを介在してクリップボードにコードをコピーしているらしい。そのファイルは"/Scripts/clipboard.swf"。組み込みは

<script language="javascript">
dp.SyntaxHighlighter.ClipboardSwf = '<$MTBlogURL$>/flash/dp.SyntaxHighlighter/Scripts/clipboard.swf';
dp.SyntaxHighlighter.HighlightAll('code');
</script>
Continue reading syntaxhighlighterを入れてみるの巻.

フルスクリーンモードとswfAddressとIE6

フルスクリーンモードのFlashから別ウインドウや別タブを立ち上げるとフルスクリーンモードは自動的に解除されます。ただWindows IE6でswfAddressを組み合わせた場合、ハッシュレベルでのURL変化が起こっただけでフルスクリーンモードが解除されてしまいます。

なんとはた迷惑な・・・・。
とりあえずメモ。

大胸筋矯正サポーター

このタイトルで分かる人がどれくらいいるか分からないですが、楽天で1位なのだそうです。
【楽天市場】メンズインナー・その他部門にて11/12、11/19週間ランキング1位!!Men,s premium brassiere メンズプレミアムブラ男性用ブラ:ウィッシュルーム

着用すると「やさしくなれるんです」だそうです。
これをつけると無理なオーダーを受けても
笑顔で快諾できるのかもしれません。

誰かプレゼントしてくださいw

一応「大胸筋矯正サポーター」のフォローは続きで。

Continue reading 大胸筋矯正サポーター.

夢の世界

ASとJSの連携ライブラリを書いていて小一時間はまった。

原因は
alert(aaa,bbb,ccc);
これ・・・汗

なぁーーーーーー剛泣

ASとJSで同じエディタを使うと
区別がつかなくなってきて、
もう夢心地。

久しぶりに4人(ワタル先生除く)

今日からワタル先生が遠征で不在のため、事務所で一人で仕事していたのだけど、
ニッシー、まみちゃんがデバッグ作業でやって来て、
坂○さんが打ち合わせ帰りに立ち寄って、
なんだかんだでいつの間にやら4人でワイワイ。

やっぱたくさん人が居ると楽しいw
話を聞いてるだけでも面白い。

エアコン相変わらず壊れていて
とても寒かったけど・・・・w

みんなでご飯とか食べたかったのだけど、
家でご飯用意してあるって連絡があったので
後ろ髪引かれながら家に帰ったら
晩御飯はインスタントラーメンだった。
3分ゆでて出来上がり。

みんなとご飯食べればよかったなぁ・・と後悔。

というか忘年会の手配をしないとですね。

毎年20人ぐらいの方をご招待してますけど、落ち着いてみんなとあんまり話できないので、今年はちょっとこじんまりと身内だけでやろうかなぁ?って思っています。

流星の絆

TBS 金曜ドラマ 『流星の絆』

今クールの当たりドラマは流星の絆なわけですが、毎度毎度の森下愛子ですが、それ以上に素敵なのはバナナマンの設楽統。彼の演技はものすごく泣ける。レッド吉田と同じぐらい今後に期待w

というか脚本も、出演者もすべて素敵。
もうなんか泣けて泣けて仕方がない。

個人的には三浦友和が一番GOOD。

Nov 192008

お願いサンタさん

081119.jpg
マイソンにサンタさんに何を貰いたい?とたずねた。

「えーっとねぇ・・豆腐とチョコレートと、チュルチュル(麺類)」

本当にそれで良いのか悩む。

親ばか万歳。

そういや一時「マンセー」とか流行ってたけど、
もう誰も最近言わないね。

誰が食べたの?

オデのMac Bookのリンゴマークを見て
「このリンゴ誰が食べたの?」
「パパが食べたの?」
「ママが食べたの?」
「アッキーが食べたの?」
と可愛い質問をするマイソン。

親ばか万歳。

ん?

今コンビニに行ったらヤンジャン出てたんだけど、祝日かなんかあんのかしら?

Nov 182008

タスクメモ

・RのTシャツのカラバリ+インク選定
・Vの最終調整
・Bのデザイン+インターフェイスクラスの検証+ダミーデータ作成
・Sのアイコン+デザイン
・Jのディレクション
・Mのディレクション

今週中に!

Nov 172008

桜の森の満開の下::夜叉ヶ池


坂口安吾ではありません・・。

桜の森の満開の下: 人間椅子
これは日本HMの名盤の一つだと思う。特に夜叉ヶ池の3:30からの展開は涙モノ。映像も松井良彦っぽくてステキング。

progression検証 #19 progression.jsを使用した際のSWFForceSizeの挙動不審

ちとはまったのでメモ。

swfの最小表示領域を確保したい場合にSWFForceSizeを使用するのですが、それがIEで上手く動作しなくてフガフガしてた。現象としては
・設定ウインドウサイズになってもスクロールバーが表示されない
・最初に小さいウインドウで表示させた後に、ウインドウを拡大してもFlashサイズが変わらない。
・縦サイズのみスクロールバーが表示され、横方向は表示されない。
等、上手く動作するときもあれば、上記のようなバラバラの挙動を示していた。

SWFObject2.0でSWFForceSizeを使う | FlashやWebにまつわるいろいろなことが原因かな?とも思ったのだけど、ちと違う。そもそもSWFForceSize.onResizeDivが発動していない。

Progression.jsの中を確認してみると"/contents/objects/version.swf"を用いてバージョンチェックを行って、progression.onLoadを実行。その中でswfObject,SWFForceSizeを定義するってのがデフォルトの流れ。

SWFForceSize内部では定義時に

this.addWindowEvent( 'onload', this, this.onLoadDiv );

をセットして初期化を行うようにしている。

んがprogression.onLoadの発動タイミングによって、document.onload後にSWFForceSizeが定義される可能性があり、そこが多分不具合の原因なのではないだろうか?と思う。(違ったらごめん)

単純に考えて"prog.onLoad"の一番最後にdocument.onLoad()を強制的にCALLしてやれば上手く動くかな?と思ったのだけど、横方向のスクロール制御が不能になったりしたので断念。

外部JSの読み込みのタイミング等に依存しているのか上手く動いたり動かなかったりという不安定な挙動をしめすので一度Progression.jsをはずした形で実装を進めてみることにする。

落ち着いたらも少し調べてみる。

Nov 162008

progression検証 #18 CastImageLoaderの読み込み強制終了 CastImageLoader.close編

apeirophobia: Loaderの読み込み強制終了 Loader.close編apeirophobia: Loaderの読み込み強制終了 Loader.unload編の続き。Progression3でやるとどうなるか?の検証。

主要なコードは以下の通り。本当はもっとスマートな書き方がCastImageLoaderにはありますが、敢えてここはcontentsLoaderInfoと比較するためにこの記述の仕方で・・。
CODE:1

_loader = new CastImageLoader();
//CastImageLoaderイベント
_loader.addEventListener(CastEvent.CAST_LOAD_COMPLETE, _loaded_Loader);
_loader.addEventListener(CastEvent.CAST_LOAD_START, function() { trace("CastImageLoader::ロード開始");_output.text = "CAST_LOAD_START"} );
_loader.addEventListener(Event.UNLOAD, function() { trace("CastImageLoader::アンロードされました"); _output.text = "CAST_REMOVED" } );
//contentLoaderInfoイベント
_loader.contentLoaderInfo.addEventListener(Event.COMPLETE, function() { trace("contentLoaderInfo::ロード完了"); } );
_loader.contentLoaderInfo.addEventListener(Event.OPEN, function() { trace("contentLoaderInfo::ロード開始"); );
_loader.contentLoaderInfo.addEventListener(Event.UNLOAD, function() { trace("contentLoaderInfo::アンロードされました"); } );
・・・
_bt_cancel.onCastMouseDown = function()
{
	trace("CLOSE実行");
	if (_loader.contentLoaderInfo && _loader.contentLoaderInfo.bytesLoaded < _loader.contentLoaderInfo.bytesTotal)
	{
		_loader.close();
	}
	_loader.unload();
}
・・・
private function _loaded_Loader(e:Event):void
{
	trace("CastImageLoader::ロード完了");
	addChildAt(_loader,0);
}
で、一点注意点としてはCastEventは"UNLOAD"イベントを持たないので、その部分だけはEvent.UNLOADを使用します。あ、あとcontentLoaderInfoではなく直接CastImageLoaderを監視します。

プレビュー/ダウンロードシミュレートでの実行結果は

1:読み込み中にclose実行>読み込みは中断されず、COMPLETEイベント発生。ただし_loaderは表示されない。
2:読み込み前にclose実行>特に問題なし
3:読み込み後にclose実行>_loader消去
4:読み込み中にclose実行後、再度読み込み>2回目の読み込みCOMPLETEイベントが発生するが、_loaderが表示されない。
5:読み込み完了後にclose実行後、再度読み込み>問題なく表示
6:読み込み後、再度読み込み中にclose実行>unloadが無視され、COMPLETE発生後表示されてしまう。

という感じに。読み込みは中断されずCOMPLETEイベントは発生してしまいますが、表示されることはありません。

ただし4、5、6あたりが挙動が不審なところで、読み込み中にunloadを実行する、もしくは一度unlaod無しでCOMPLETEしてしまうとcontents(DisplayObject)の制御が利かなくなるようです。(ExLoader、ExImageLoader、CastImageLoaderの中を見てみましたが、ちょっと原因良く分からなかった)

HTTP経由での実行結果は

1:読み込み中にclose実行>読み込み中断。
2:読み込み前にclose実行>特に問題なし
3:読み込み後にclose実行>_loader消去
4:読み込み中にclose実行後、再度読み込み>問題なし
5:読み込み完了後にclose実行後、再度読み込み>問題なく表示
6:読み込み後、再度読み込み中にclose実行>問題なし

という結果になりました。プレビュー環境でおかしかった4、5、6辺りはHTTP経由では問題ないようです。

で、話はちょっと横にそれますが、contentsLoaderInfoのイベントとのタイミングですが、普通にLoadingした場合

CastImageLoader::ロード開始
contentLoaderInfo::ロード開始
CastImageLoader::ロード完了
contentLoaderInfo::ロード完了

というようにCastImageLoaderのイベントのほうが先に実行されています。ステキです。

では続いて、CastImageLoaderに最適と思われる記述の仕方をしてみます。

Continue reading progression検証 #18 CastImageLoaderの読み込み強制終了 CastImageLoader.close編.

Loaderの読み込み強制終了 Loader.unload編

前回(apeirophobia: Loaderの読み込み強制終了 Loader.close編)の続き。

とりあえず主要なコードは以下のような感じ。
CODE:1

_loader = new Loader();
_loader.contentLoaderInfo.addEventListener(Event.COMPLETE, _loaded_Loader);
_loader.contentLoaderInfo.addEventListener(Event.OPEN, function() { trace("ロード開始");_output.text = "START"} );
_loader.contentLoaderInfo.addEventListener(Event.UNLOAD, function() { trace("アンロードされました");_output.text = "UNLOADED" } );
・・・
_bt_cancel.onCastMouseDown = function()
{
	_loader.unload();
}
これをプレビュー/ダウンロードシミュレートで実行すると
1:読み込み中にunload実行>読み込み止らず、読み込み完了して表示
2:読み込み終了後にunload実行>表示されていた_loaderが消去
3:読み込み前にunload実行>何も起きない。
といった感じ。closeの時のように例外throwは無い。ということでhttp経由で検証。
1:読み込み中にunload実行>読み込み止らず、読み込み完了して表示
2:読み込み終了後にunload実行>表示されていた_loaderが消去
3:読み込み前にunload実行>何もおきない
という感じで、どうしようもない感じに終わりましたw

つまりunloadは読み込みが完了したcontentLoaderInfoに対してのみ有効なようです。
ということでcloseと組み合わせて使うのが正解のようですが、なんにしてもプレビュー環境で動作が確認できないのでその辺が面倒です。はぃ。

じゃ次はprogression3のCastImageLoader等で同様の処理を行う場合にどするか?(多分ほとんど一緒だとは思いますが)検証することにします。

Loaderの読み込み強制終了 Loader.close編

外部イメージのローディング途中で他の処理やシーンに遷移したい場合等、ローディングを任意に中止する部分で現在はまり中ということで検証を時系列的にメモ。

"Loader"クラスには"close"と"unload"という似たようなメソッドが2つほどある。

closeは

Loader インスタンスに対して現在進行中の load() メソッドの処理をキャンセルします。

一方unloadは

load() メソッドを使用してロードされた、この Loader オブジェクトの子を削除します。関連したLoaderInfo オブジェクトの property は null にリセットされます。他のオブジェクトが参照している可能性があるため、子は必ずしも破棄されるとは限りません。ただし、Loader オブジェクトの子ではなくなります。

と定義されている。

とりあえず"close"から検証してみる。
CODE:1

_loader = new Loader();
_loader.contentLoaderInfo.addEventListener(Event.OPEN, function() { trace("ロード開始");} );
_loader.contentLoaderInfo.addEventListener(Event.UNLOAD, function(){trace("アンロードされました")});
_loader.contentLoaderInfo.addEventListener(Event.COMPLETE, _loaded_Loader);
・・・
//キャンセルボタン(※CastButtonを使用)
_bt_cancel.onCastMouseDown = function(){ _loader.close(); }
・・・
private function _loaded_Loader(e:Event):void
{
	trace("ロード完了");
	addChildAt(_loader,0);
}

既にこの時点でCLOSEイベントを取得する口が見つからない(汗 EVENT.CLOSEは"Socket","XMLSocket"だけにしか用意されていないイベント。つまり発動したとしても結果を拾えないという謎な感じになっている。

Continue reading Loaderの読み込み強制終了 Loader.close編.

Nov 152008

交流会

081115.jpg
今日は保育園の交流会でした。
なかなか仕事が終わらず結局家に帰ったのは朝6時。少し仮眠して会場の森林公園へ。

公園で運動会ごっこをしました。
グルグルドカンを踊って息切れしました。
最後にみんなでお弁当を食べて解散。

男の子3人で徒党を組んで、大騒ぎしていました。
意味不明な言葉をマイソンが絶叫すると、みんなが真似してトランス状態になっていたのがとても心配です。

この公園に来ると毎回川に落下するマイソンですが、今回は無事でした。

お父さんはまた仕事をしています。

Nov 142008

ケートラ

081114.jpg
ケートラ

HONDAさんの携帯コンテンツ。

自分の携帯に住んでいる携帯の精(モバター)が、携帯を飛び出し、他のユーザの携帯を渡り歩き日本中を旅していきます。(同時に他ユーザのモバターが自分の携帯に乗りこんできます。)

位置情報などから実際に近くにいるユーザの携帯を特定し乗り込み、下車した場所に居る他のユーザの携帯に乗り込んで・・・という感じで携帯をヒッチハイクしていくゲームです。

モバターは旅先でお土産を買って、日記を送ってきます。
通勤で家と職場を移動する間などに遊んでもらえれば・・・。

企画、仕様策定をお手伝いさせていただきました。
携帯の位置情報をベースにしてリアル空間とバーチャルを融合させたゲームとしては初めてなんじゃないかしら(知らんけど)?スケジュールの都合で制作には関与できなかったのですが、本日無事公開されたようです。
みなさま本当にお疲れ様でした。そしてゴメンナサイ。

クレジットなどはまた追って・・・。

Nov 132008

なんちゃってオレンジ

081112.jpg
チェリオ なんちゃってオレンジ

あまりの異様さに思わず買ってしまった。
味は薄めたバヤリースオレンジ。

飲んでいる間中、体が「醤油!」という反応をして落ち着かなかった。

Nov 122008

progression検証 #17 ページタイトルの設定

ProgressionはSWFAddressを内包しており、URLハッシュの制御が可能です。
また同様にSWFAddressの持っているページタイトルの制御もSceneObjectレベルで可能です。
(ただしブラウザ同期機能を有効にしておく必要があります)

やり方は簡単でSceneObjectの中で"title"を設定してやるだけで、そのシーンに移動した際にページタイトルが変更されます。
何も設定しない場合には各シーンのsceneIdが"|"区切りで表示されます。
インデックスシーンにのみ設定を行った場合には、そのタイトルの後ろにsceneIdが"|"区切りで表示されます。

注目すべき部分としてはシーンイベントの発生のタイミングではなく、"title"の変更を監視していて、titleの変更に対して随時ページタイトルを更新するという点です。

つまり"SceneObject"の中で複数のページタイトルを持たせることも可能と言うことになります。
(ただURLは別の話になるので、その行為にどれほどの意味があるのか微妙ですけど)
こんな感じ(※CastSprite等の中から)

getSceneById("hogehoge").title="ほげほげ";
titleのベース部分と、シーンタイトルを別で制御できたりするのか?はちょっとまだ良く分からないですが、まぁシーン設計の際にキチンとsceneIdが定義できていればtitleを設定しなくても問題ないかも知れません。(ただし日本語のタイトルはsceneIdに日本語を使ったことが無いので分からないですが・・・)

なんにしてもやりたいことの細かい部分まで行き届いていて、感心しきりです。

Progression 3.0.7リリース

一日遅れですが
blog.progression.jp» ブログアーカイブ » [お知らせ] 緊急アップデートのお願い
だそうです。なにやらセキュリティに関する部分のアップデートということです。

このアップデートで修正される問題は、3.0.0 Beta 1 から 3.0.6 までの全てのバージョンが対象となっております。
過去、該当バージョンにて制作されたコンテンツに関しても、お手数ですがプロジェクトパネルの自動アップデート機能をご利用いただき、最新の状態となるように修正作業をお願い致します。

これはちょっと具体的な修正箇所を公開は難しそうです。
詳細は個別にメールでと言うことですが、これは大変だ・・・・汗

GNU系プロジェクトこういうときに本来の持ち味である公開性が使えなくって個人に負荷が集中してしまうのが辛いところ。やっぱなんかビジネスとして展開しないと作者さんが疲労してしまいそうで心配です。

AdobeCS4のアップデートで20万近くかかりますが、心情的にはProgressionにも20万ぐらい払いたい気持ちです。

ということでアップデートしてみます。

朝6時

そう言えば月曜日にコンペを一つ取らせて頂きました。
担当の方から
「スイマセン、トザキさんに決まってしまいました」
と電話がありました。

そんな状況です。
ギザな感じです。
30分間違えて
遅刻してすいませんでした。

がんばりましょう。
がんばります。
よろしくおねがいします。

あと4時間後にプレビュー。
あと3時間後にエアコンの修理。

Tシャツのデザイン
今月中にキチンとやります。

がんばります。
ほどほどに。

お腹がすきました。
朝の6時です。

グットモーニング、川崎。

Nov 112008

Google Chromeで複数タブをもったアプリケーションをつくれないいのか?

ドキュメント系を見るのにGoogle Chromeを使ってアプリケーション化しているのですが、アプリケーションって複数タブのセットで登録できないのだろか?
バラバラでも別に見る分には問題ないのだけど、タスクバーが一杯になるのが嫌だ。

Nov 102008

NAS+DLNA

1TBぐらいのNAS+DLNAを物色中ということでメモ。USBハブにもなると嬉しい。白箱はアマゾンじゃ売ってないのね?

しかし最近良くわからない形にNASも進化しているなぁ・・。
NASなんだから見栄えよりも上にモノを重ねたりとかできるようなデザインがいいのだけれども・・・。

後で諸々調べて追記。

しかしこの不恰好なイメージのレイアウトは何とかできないものか・・・。
せめて幅を統一するとか・・・・・。
オデのCSSの限界w

っつーかもういい加減一度寝ないとヤバイ。

最近のロゴデザイン

中西元男公式ブログ | 中西元男 実験人生: DoCoMoどうした?

デザイン、ブランディング等多岐に渡って非常に興味深い話です。
ここ数年長年使用してきたブランドロゴを変える企業(佐川、JAL、docomo、Fuji fuim等)が多いように感じますが、果たして以前のロゴと比較してみるとどうかしら?と思うこともしばしばです。

リンク先のブログの話がすべてだとは思いませんが、でも納得できることも多々あり。

「マックが出てきてデザインがマックになってしまった」とは、有名なイギリスのデザイナーから聞かされた言葉です。 これは、パソコンのマッキントッシュの出現で、デザインがマクドナルドになってしまった、つまり、そこそこ食べられるが特別上等ではないデザインが氾濫する時代になってしまった、ということを意味するユーモラスなたとえです。確かに最近のロゴタイプデザインの美的品質の低さや造詣的にダル(鈍い、切れのない)なデザインの多出には、専門家として困惑してしまうようなものが沢山あると言えます。プロジェクトの関係者の中に「目の人」と呼べる人が存在していないのだなぁとも思います。これはまさに文化度の問題でしょう。

これに関してはMACというかPC環境の出現に伴う弊害だと思いますが、この辺は自分でも如実に実感します。やっぱソフトの中で作業しちゃうとその枠の中で収まってしまう危険が高いなぁ・・と感じます。(できる人は軽々と枠を超越するのでしょうが) まぁ特にMACは持っているだけで「デザイナ」気分になったりするので非常に危険な気もします。

ソフトウエアが脳の中のイメージをダイレクトにアウトプットしているのか?
それともソフトウエアに制約を受けてしまっているのか?

flip vertical -> L-shape

 003

by Filip Dujardin

Nov 092008

progression検証 #16 CastDocumentでの先読み処理におけるProgression.sync=trueの設定

Progressionの便利機能の一つに

sync : Boolean
ブラウザ上でコンテンツを実行している場合に、URL と Progression インスタンスのシーンを同期させるかどうかを取得または設定します。 同一コンテンツ上で有効化できる Progression インスタンスは 1 つのみであり、複数に対して有効化を試みた場合、最後に有効化された Progression インスタンス以外の sync プロパティは自動的に false に設定されます。

があるわけですが、"Index(CastDocument)"クラス内でコマンドを使って外部ファイルのローディング処理等をしつつ、"sync=true"にしていると、コマンド処理待ちをすっ飛ばして自動的にfirstSceneIdシーンに遷移してしまいます。(prog.goto( prog.firstSceneId );"を記述していない場合、プレビュー環境では遷移しないのですがブラウザ上でみると遷移しちゃう)

各シーン毎に必要なものを読み込む様な形であれば問題ないのですが、先読みデータ前提で各シーンの設定していると(例えば外部イメージをbitmapdataとして保持して、そこから呼び出したり)、読み込み前のためにnullになってしまってエラーが出てきます。

でわどするか?っつーと"prog.sync = false;"の設定をコマンドの中にいれて設定を同期させてしまいます。つまり先読み処理が終わった後、且つ最初のシーンへの移動の間で設定する。こんな感じ
CODE-1

_list = new SerialList();
_list.addCommand(
・・・
  //先読み処理終了
  ,function() { prog.sync = true; }
  ,new Goto(prog.firstSceneId)
);
_list.execute();
これで多分大丈夫。 多分・・。

観ているだけでドキドキする

ペルーのワイナピチュ(マチュピチュのすぐ隣の山)に登ったとき、落下して帰ってこない人が居るということで入山の際にパスポートとサインが必要だったんだけど、それなんか比べ物にならないぐらい怖い。

ワイナピチュも建設中はたくさん死んだだろうなぁって思ったけど、こっちも建設工程想像すると胃が痛くなる。

via.twitter

初クッキー

081108.jpg
火達磨な状態で今週末は事務所にこもって作業しています。
夕食時に一時帰宅したら、マイソンがクッキーを作ったといって"一つだけ"食べさせてくれました。
2歳以降の進化スピードは尋常じゃ無いです。
日々色々なことを経験して覚えていっています。

小生意気なこともたくさん言うようになって来ました。

怒ったときとか「コノヤロー」とか叫びます。
オデは使わない言葉ですが、嫁がたまに言っているから?
それともオデが家に居ないときに嫁が連呼しているのか?
不安です。(どっちの意味でも)

悲しいときに「カナシー!」と叫びながら泣くのはとても可愛いです。

Nov 082008

Progressionのテンプレートファイル for FlashDevelop

明日のキバ

仮面ライダーキバ

仮面ライダーシリーズ、石ノ森章太郎生誕70周年の記念作。(ちなみにカブトは仮面ライダーシリーズ生誕35周年記念作品) 平成ライダーに見られる善悪の境界の曖昧さ(特に龍騎、ファイズあたり)から一歩踏み込んだ状況になっております。明日の放送は仮面ライダーの歴史上記念すべき回になるのではないか?と思ったり思わなかったり。

最近時間の移動(2008年と1986年)の際に、時代が分かりやすく表示されるようになった。あれは子供にわかんなかったんだろうな・・・。両時代を生きた人間ならファッションとかBGMとかで時代判別ができるけど、知らない人とっては何が何だか・・・。

その前に仕事がんばる。

Nov 072008

はぅ・・・

打ち合わせ2個連続で、合計7時間。
帰りのラッシュの電車でぐったり。

明日も打ち合わせ・・・・アフン。

作業時間が欲しいぃぃぃぃ(汗

Azbuka Pro

081106.jpg
Azbuka Pro Complete Family Pack Font - Fonts.com

142,250yen。円高還元~!!Fuck!
I wanna get a least Condense Series.

Progression日記:CastSpriteをネストさせすぎてダバダバ

このエントリーは日記です。

いやー調子にのってCastSpriteを激しく入れ子にしたものを作って、SceneObjectの"_onUnload"から"RemoveChild"で引っ掛けて、その子、孫、ひ孫へと"_onCastRemoved"で連鎖させていったらコマンドの発動順番が訳分からなくなった。これはあんまネストさせないで、深度を同じとかにして管理しないと把握できないなぁ・・・。

なんかよく分からないのは、

ICastObject オブジェクトが RemoveChild コマンド、または RemoveAllChild コマンド経由でディスプレイリストから削除された場合に送出されます。 このイベント処理の実行中には、addCommand() メソッド、及び insertCommand() メソッドによるコマンドの同期処理が行えます。

してないCastSpriteも"_onCastRemoved"を呼び出されていること・・・。
親のCastSpriteがremoveChildされたら自動的にRemoveAllChildrenが実行されたりするのだろうか?

まぁちょっと今の構造はややこしすぎて自分でも分からないのでもう一度組みなおして整理する。

Recently Listened Tracks

昔自分で作ろうしてそのまま忘れていた(当然自分のアマゾンアフェリエイトでw)。しかしいまや時代はiPhoneや2ndLife(汗)で制作物を売る時代。WEB2.0ももう終わり。もうそのまま忘れてよし。ということで、試しにペタリ。


しかしこのwidgetのコード長すぎる。Flash単体じゃなく、HTMLとの複合技で作られていて、CSSとかも含まれている・・。逆にある意味すごい。ただし自分では絶対作りたくないタイプだ・・・。

Nov 062008

villain

痛いニュース(ノ∀`):【3kmひきずり事件】 鳥越俊太郎「(犯人は)根っからの悪人ではないと思う」

被害者の存在は「悪人」の存在する十分条件では無い。

差別される側の人間が清らかな善人ばかりだという話がフィクションだということは、誰でも気付いている筈だ。真実を書けないという作家にとって致命的ともいえる事実を、「善意」などというわけのわからない言葉を使って隠蔽し、自分で勝手に納得しているような作家のなんと多いことか! ~Faulkner

話それるけど、今年の夏ぐらいからリリースされている世界文学全集良いよね。日々の忙しさにかまけてこういう本を読まなくなってしまったけど・・・・。雑誌と漫画とライトノベルと技術書ばっか読んでいる気がする。(一応打ち合わせとかで電車に乗るときは読むようにしているけど)

Hot Teen Busted By Dad

怒ります。

Progression 3.0.6 をリリース

progression.jp | 開発 | リリースノート | 3.0.6

新しいバージョンがリリースされました。

で、アップデートしてみました。
自分の環境は
・Flash 用標準パッケージ(日本語版)
・FlashDevelop
という感じなので、mxpを更新インストールして、Flashを起動。
Progressionプロジェクトパネルの「アップデート」ボタンをクリックして、更新したいプロジェクトフォルダを選択してアップデート。

自動的にプロジェクトフォルダの中に含まれる(src以下なのか?はちょっと分からなかったですが)FLAファイルが自動的に開かれてアップデートされていきます。で、更新完了。

で、コンパイルしてみると、エラーが出てしまった。

ちとこれまだどこに原因があるのか分かっていませんけど、分かったら追記しておきます。

Continue reading Progression 3.0.6 をリリース.

firefoxのexztensionの設定が保存できなくなるの巻

FireFoxのexztensionの設定が保存できなくなった。
といってもすべてではなく、Gmail manager、weaveといったところ。
Gmail Managerなんか一度削除して設定ファイル(profile以下)を削除してリセットして再インストールしたら、アカウントの追加すら保存できなくなってしまった。
これは非常に困るなり。

ということでFireFoxの再インストールをしてみることにする。
で、ちと忘れないようにノートに設定しているexztensionをメモしておく。

Continue reading firefoxのexztensionの設定が保存できなくなるの巻.

moment A rhythm/凛として時雨

moment A rhythm: 凛として時雨
クリスマスに限定シングル発売。
1曲、17分近くの大曲。ドキドキする。

凛として時雨

Nov 052008

京友禅の老舗 千總

創業450年 京友禅の老舗 千總 / Founded in 1555. CHISO OF KYO YUZEN

多田屋系。
若冲とか有名な絵をふんだんに使っている。(ちょっと要素過多な気もしますが・・)
各コンテンツページで紅葉が降ってきたり、蝶が飛んだりします。

ただ個人的には「着物」という具体的にグラフィック的なモノとしての素材があるので、そういうテクスチャ(?)とかが全面にでていたらドキドキするなぁ・・って感じました。

PURPLE / Spangle call Lilli line

PURPLE: Spangle call Lilli line
8月に続いて今年2枚目のアルバム。今年はハイペース也。
最近激しいアルバムばっかり買っていたので、少し安らぎたい。

progression検証 #15 CastImageLoaderをコマンドで監視編

なんだかまさに付箋状態になりつつある"Progression3"カテゴリ・・・。
ということでもう一つ追加。

外部からイメージを読み込むのに使うクラス"CastImageLoader"。これは"flash.display.Loader"のサブクラスなので"LoadChild(←flash.events.EventDispatcher)"と違ってコマンドで処理待ちしてくれない。
これをコマンドで監視できるようにするのはどーすればよいか?というお話。
"Command"クラスを継承して"CastEvent.CAST_LOAD_COMPLETE"でイベントを排出したり、"executeComplete();"したりすればなんかいけそうな気もするが、ちょっとそれは冗長な気がする。

"Func"クラスを用いて、ごにょごにょしたりしてコマンド監視下に置けないかしら?
"after"メソッドの中でゴニャゴニャしてもいけそうな気もするが、今頭がまわらないので忘れないようにメモ。

Continue reading progression検証 #15 CastImageLoaderをコマンドで監視編.

お前らの作品は所詮コピーだ

「お前らの作品は所詮コピーだ」――富野由悠季さん、プロ論を語る (1/5) - ITmedia News

ガツンと来た。好き嫌いは分かれると思うけど、このパワーというか傍若無人さはすごい。

Nov 042008

progression検証 #14 CastButton編

例えば"/index/food"というシーンがあって、その子供に"/index/food/curry"、"/index/aho/rice"というシーンがあるとする。

で、"/index/food"のシーンではデフォルトで自動的に"/index/food/curry"を表示するようなつくりにする場合。つまりfoodシーン自体は要素を持たない形而上的な存在で、任意(もしくはランダム)で子供シーンを表示する。という場合にSceneID="/index/food"が設定されたCastButtonを動作させないようにすることはできるか?

ということを、元々そういうプロパティがあるのか?も含めて検証してみる。
ちなみにCastButtonやSceneObject等が持っている"group"はそういう用途に使ってもよいのか?まだ良く分かっていない。(実際何に使うべきプロパティなのかイマイチ理解できてない、多分一括消去とかだとは思うんだけど・・違うかな?)

まぁ"progression.current"とかを使えば力業でできなくも無い。

ass off

081104.jpg

アーネストアーキテクツ

アーネストアーキテクツ

イラスト+3D。綺麗。

物件情報の更新とかがどのように制御されているのか?が気になる。

progression検証 #13Background編

ProgressionのBackgroundクラスにどう取り扱ってよいのか迷い中。
Progressionクラスを初期化すると自動的に追加されるインスタンスなのだけど、"container"と違って、progressionに参照プロパティが無い。で、

Progression インスタンスに関連付けられた汎用的に使用可能な表示オブジェクトを提供します。

と言うことで、ライブラリに実際に"jp.progression.core.casts.Background"クラスでMovieClipオブジェクトを関連付けるような使い方になる。

一応Background - Progression 3.0 - API Referenceな感じで色々メソッドとかあるんだけど、実際これどこからアクセスしてよいのか見当がつかない。(progression.stageにもprogression.rootにもなさそうだけど、そもそもnameもidも定義されているのか?がよく分からない・・)

何か根本的なことを見落としているような気もするのだが・・・。なんだろう??

Continue reading progression検証 #13Background編.

Nov 032008

progression検証 #12複数外部データの読み込み管理編 [

複数の外部ファイルを先読みしてからコンテンツをスタートさせたい場合、Progression3でどうするか?の検証。複数外部ファイルの読み込みのクラスは幾つかあるのですが、(muraken/GroupLoader - Spark projectbulk-loader - Google Codemasapi - Google Codequeueloader-as3 - Google Code)、今回はProgressionのCommandと連動して処理するような形のものを作ってみようかと・・・。

で、まずCommandクラス部分から解析のところで悪戦苦闘中・・・。
はぅ・・・涙
今日中に何とかしたいと思います。
上手くいったら追記します(汗

Nov 022008

幼稚園の面接

081101.jpg
土曜の朝に幼稚園の面接がありました。
通っている保育園の母体の幼稚園なので、これまで何度か行事で遊びに行ったことがありますが、今日は面接。一応キチンとした格好をしようということで、革ジャンを着ていきましたが、他のお父さんは軒並みスーツ。少し冷や汗。

名前を呼ばれて、まず最初にマイソンのみ別室に一人で連れて行かれます。
何をしているのかまったく分かりませんが、とりあえず良い子にしてくれと祈ります。
5分ぐらいしてマイソンが戻ってきて、その後父兄も一緒に面接。
とりあえずその場で合格ですw

そのあと入学金(18万!)を支払って、昼ごはんを食べに、再びフィオーレの森へ。また今日も結婚式で貸切でしたが、営業していたフレンチレストランで食事。マイソンがいきなりオレンジジュースをこぼして、服をびしょぬれにしたりしましたが、結婚式を傍目に見ながら無事食事終了。

その後丸井で奥さんの冬服を色々買い物をして帰宅。
前の晩徹夜状態だったのでとりあえずバタンQ。
明日から仕事をがんばる所存。

Nov 012008

日本ゲーム業界のガラパゴス化

最近流行の言葉「ガラパゴス」。
日本のゲームは世界一ではない 「和田宣言」の重みを考える 
デジタル家電&エンタメ-最新ニュース:IT-PLUS

ガラパゴス化が良いか悪いかの話はどうでも良いとして、その原因が気になったのでメモ。

現状のゲーム開発のノウハウが「英語圏を中心に急成長したゲーム業界のコミュニティー」を中心に展開していて、日本人がそのコミュニティに入っていけていないのが日本ゲーム業界のガラパゴス化の原因だと。なるほど、そんな感じです。で、その理由が

そそのコミュニティーの中で「日本のプレゼンスは極端に低い」という。これは、日本の開発者が情報を交流する習慣を持っておらず、自ら閉じている面があるからだ。

とし、解決するには、「多くのハブを作りネットワークを整える」必要があり、その際に「今までのルールに依存した「人間の心理的抵抗」を壊していく」必要があるのだそうだ。
また、社会構造的に

もっとも、コミュニティーを形成するにはまだ、社会にも企業にも制度的な不整合があるという。それを解消するにはまず、ゲーム産業を階層として理解する必要があり、「知識基盤」「ゲーム開発」「ビジネス展開」に切り分けて検討すべきというのが、和田氏の考えだ。

・・・・・。

えらい壮大な話になっているが、ただただ英語の読み書きができないだけではないのだろうか??

progression検証 #11外部データの読み込み、その他の処理編

これまでで、外部XML、画像の読み込みができるようになりました。今回は一旦立ち止り、"LoadURL","CastImageLoader"等のエラー処理について検証。

まずxmlから。以前に書いたものを整理すると
#CODE-1

var config:LoadURL = new LoadURL(new URLRequest("../contents/data/config.xml"));
config.after(function():void
	{
		trace("設定読み込み完了");
		new Conf(config.data);
	}
)
var list:SerialList = new SerialList();
list.addCommand(
	,config
	,new Goto(prog.firstSceneId)
);
list.execute();
これに、基本的な各種イベント監視の追加と、"LoadURL.error"を追加。 #CODE-2
config.addEventListener(Event.COMPLETE, function():void { trace("Event.COMPLETE!!") } );
config.addEventListener(IOErrorEvent.IO_ERROR, function():void { trace("IOErrorEvent.IO_ERROR!!") } );
config.addEventListener(SecurityErrorEvent.SECURITY_ERROR, function():void { trace("SecurityErrorEvent.SECURITY_ERROR!!") } );
config.error(function():void
	{
		trace("config.error");
	}
)
この状態で"URLRequest"のURL値を存在しないファイルにすると、以下のエラーが出ます。
Continue reading progression検証 #11外部データの読み込み、その他の処理編.

Search and Archives