« 観ているだけでドキドキする | Home | flip vertical -> L-shape »

Nov 092008

progression検証 #16 CastDocumentでの先読み処理におけるProgression.sync=trueの設定

Progressionの便利機能の一つに

sync : Boolean
ブラウザ上でコンテンツを実行している場合に、URL と Progression インスタンスのシーンを同期させるかどうかを取得または設定します。 同一コンテンツ上で有効化できる Progression インスタンスは 1 つのみであり、複数に対して有効化を試みた場合、最後に有効化された Progression インスタンス以外の sync プロパティは自動的に false に設定されます。

があるわけですが、"Index(CastDocument)"クラス内でコマンドを使って外部ファイルのローディング処理等をしつつ、"sync=true"にしていると、コマンド処理待ちをすっ飛ばして自動的にfirstSceneIdシーンに遷移してしまいます。(prog.goto( prog.firstSceneId );"を記述していない場合、プレビュー環境では遷移しないのですがブラウザ上でみると遷移しちゃう)

各シーン毎に必要なものを読み込む様な形であれば問題ないのですが、先読みデータ前提で各シーンの設定していると(例えば外部イメージをbitmapdataとして保持して、そこから呼び出したり)、読み込み前のためにnullになってしまってエラーが出てきます。

でわどするか?っつーと"prog.sync = false;"の設定をコマンドの中にいれて設定を同期させてしまいます。つまり先読み処理が終わった後、且つ最初のシーンへの移動の間で設定する。こんな感じ
CODE-1

_list = new SerialList();
_list.addCommand(
・・・
  //先読み処理終了
  ,function() { prog.sync = true; }
  ,new Goto(prog.firstSceneId)
);
_list.execute();
これで多分大丈夫。 多分・・。

Leave a comment

Search and Archives