« 悪意 | Home | 音曲歳暮周り »

Dec 162008

雨におちるモノトーン

男が髪に手をかけ、それが滑り落ちていくところの動きが絶妙。
あれは歴史に残る名場面なんじゃないか?ストーリーも良かった。

運命だとか、価値だとか意味ありげに結わえようとする
浅ましい僕達が何をしようが、しまいが関係なく流れてて、
その奔流をあぁもあっさり、クールに受け入れ、
さりげなく自分にできることを実行する。
そんな大人になりタイワン。

関係ないけどこんなの見つけた。
UEDA GEN SPECIAL SITE
トリビュートも出てたんだぁ・・・。

さてそろそろ明日のプレゼンに備えて寝る。

Leave a comment

Search and Archives