« 生活リズム | Home | 鴨川探訪 #2 »

Aug 052009

鴨川探訪 #1

住宅情報誌で異常な激安物件が排出される外房エリア。

東京を基点にして、西の神奈川、東の千葉。距離的、地形的にさほど差が無いように思うが、西の神奈川エリアが好印象である。そして不動産価格も段違いである。地形的に交通インフラの差があるのはやむなしとして、一体どれほどの違いが、これほどの価格差を生むのか?を一度みて見たいと思っていたので、今回の家族サービスは鴨川(ウソ

今回の車はインプレッサ。乗り心地は、ちょっとハンドル硬くて老人には辛かったw 20代なら逆にこういうのノリノリだったと思うけど、疲れたアラフォーは、も少しコンフォータブルが欲しい。

小雨ぱらつくなか、朝9時半ごろに犬たちも一緒に出発。しかし車での旅行に不慣れなため、忘れ物やらなんだかんだで、2時間ほど家の周りを行ったりきたり(汗 距離は全然走ってないけど、家の近所で精神的にすでに疲労困憊。

12時ごろやっと、川崎を離脱し、首都高、湾岸、アクアラインへ。
実はETC割引を見込んでいたのですが、誰もETCカードを持っておらず、ETCが使えないことが判明。普通に現金払い・・。 料金所が近づく度にETC装置が「カードがささっていません、エラーです」みたいな通知をするのが切ない。アクアラインも通常価格(汗

海ほたるにもよらず、姉ヶ崎方面の橋上も小雨でまったく景色が見えず、アクアラインを使ったメリットを感じないまま、一気に木更津まで。コンビニばかりで食事処が見当たらず、へんな味噌ラーメンショップみたいなお店で昼食。全国の味噌ラーメンの好きなものがセレクトできる、味噌ラーメンの王国みたいな店だった。味はよー分からんかったけど、まずくは無かった。ワイフは美味いと言っていたのでよかった。

15時前に鴨川あたりに到着。晴れとまでは行かないものの、小雨も上がりなんとか出来そうな天気に。宿泊場所は「ねじ式」の舞台といわれる太海。岬にありがちな、背面を山に控え、若干の平地に居住している感じの街。広島の島とか尾道の辺に少し似た雰囲気なのか、少し懐かしい感じ。

090802a.jpg
チェックインまでの間「仁右衛門島」というところを見学へ。ワイフは最初世界遺産だと言っていたが、千葉県指定名勝ってなぐらいだった。手漕ぎの渡しで島に渡るわけだけど、個人所有の島なので、犬は禁止。ということで、ワイフとマイソンの二人で船に乗って島へ行き、犬と波止場で留守番。海を上からみた感じレベルだけど、海水の温度が高めなのか少し魚の生態系が南よりっぽい感じだった。(と言っても伊豆の南ぐらいだろうけど)

島の見学を終え、宿泊先へ。海の目の前(というか河口?)のペンション。犬もなんとかOK。(パグはまぁ往々にして許可されるw) 犬様を部屋に叩き込んで、人間さま一同は鴨川シーワールドへ。ちなみに閉園まで後1時間ぐらいのハードスケジュール。ペンションの人にも、鴨川シーワールドの駐車場の人にも「今からだともったいないですよ」と言われるが、無視して5000円払って入園。

090802b.jpg
イベント系はほとんど終了していたからか、各ブースは人もまばらで、ほぼ貸切状態でのんびり観覧できた。(混んでいるときを知らんから分からないけど) イルカを手なずけびしょ濡れになったり、セイウチを心ゆくまで眺めたりして閉園時間。

(イルカの前で手を上げたら目の前でイルカがドンドンジャンプし始めた。)

その後ペンションに戻るまでの道で、謎めいたギャラリーを発見して立ち寄るも、どうも空気が馴染めずすぐに立ち去るw でも建物は面白かった。

090802c.jpg
犬たちと一緒に海岸を散歩し、夕食を食べて、お風呂に入って、疲れてバタンQ。
夜遊びに出たりする体力はもう無い。アラフォ-だもの。

2 Comments

シーワールドのイルカ、手を挙げたらジャンプするんですか…次行ったら試しますw

お父さん口閉じれないですねwww

是非やってみてください。
手を下から上に上げる=ジャンプってのが、イルカに多く見られるサインだと思うのですが、それを試しにやったら反応されたっつー感じです。
周りにたくさん人が居ると判別できないかもしれないので、閉園間近を狙ってください。あんまりやってると飼育員に怒られるかも知れないですが・・・。
シャチでやるともっと濡れると思いますw

Leave a comment

Search and Archives