« iPadが示すひとつの可能性 | Home | Google Maps API を使って、地図のカラーバリエーションを楽しもう。 »

May 312010

自転車に乗れるようになったずら


自転車を先週購入してから、マイソンの体調不良やら、オデの多忙やら、天候不順やらでまったく乗れてませんでしたが、今日は早起きして多摩川河原で2回目の補助輪無しの練習。

1回目は小雨の中10分ぐらいで転倒し、防具もつけてなかったため膝をすりむいて大泣きしたので、今日は完全防備で挑戦。

最初のうちは前回の恐怖が残っていたのか、かなりテンション低かったのですが、とりあえず草地で防具をつけて転ばせて痛くないことを教え込んだところ、その後はあっさりとマスター。

調子乗ってどんどん走っていき、追いかける俺の体力の方がヤバイ感じに・・・。

自転車が18インチでちょっと大きく重たいため、うまく取回しの制御が出来なかったり、停止時にふらついたりしますが、まぁ結構普通に乗れている。

ストライダー効果バッチリ!

しかしまぁ早速乗れるようになったら、どこに行くのも自転車で行きたいと言いはじめてそれはそれでちょっと困った。まだ公道は自動車とか怖いなあ・・・。

5 Comments

しかし映像で見るとエライ肩に力入っとんな・・。

すごい!一気にどどーっと走る走る。
ストライダーの効果ってほんとすごいねぇ。

一点ストライダーの弊害としては「ブレーキ」が無いっつーことですね。ストライダーの癖でブレーキを使わず足で止まろうとして木の中に突っ込んでおります。

おぉぉ!もう自転車補助輪なしでいけるんだ!!すごい!
たしかうちの娘と同じ歳だったような気がしたけど・・・。
これは参考になりますねー。今度うちの子にもやらせてみます(笑)。

手で補助するときは自転車を抑えるのではなく、首根っこをつかんでバランスを取ると簡単にバランスを取るコツをマスターできました。
で本人に「手を離していい」コールを出してもらうと結構子供なりに試行錯誤してくれるかと・・。

Leave a comment

Search and Archives