February 2011 Archives

Feb 282011

Johnny Mac Trick Shot Quarterback

アメフトの試合を見ているとパスとか結構普通にできそうな気がしてしまいますが、10kg近くの防具をつけ、ヘルメットを被った状態でピンポイント(ここが未経験者には分かりにくいところですが)でヒットさせるってことは、ネイキッドの状態でこれぐらいの能力が必要なわけです。(と言ってもこの映像はアメリカンカレッジのトッププレイヤーですが)

さらに全米カレッジから選りすぐりのプレイヤーが集うのがNFL。NFLプレイヤーはほぼ全員能力的に異常な能力を持っている。(最近は分からないけど、過去にはNFLとMBAの両方でプロ所属のプレイヤーも存在している)

日本ではなかなか根付かないアメフトですが、要因としては日本人がTacticsの分析が好きな国民性ではない。日本人の体格では迫力がない。などなんでしょうかね?実際本場のプレーを生で見ると迫力は半端ない。日本で大きい選手が揃っているであろう日体大の試合とかでも比較にならない。(10万人規模のスタジアムで観ていても、フィールドの迫力が伝わってくる)
ラインがみんな120kg級、レシーバー陣は100m10秒台。そんなアスリートが揃ってくれば迫力もでてくるのでしょうが、やはり他のメジャーなスポーツに流れてしまうようで。(アメリカではスカラシップで複数のクラブに属していることが有利になったりするのも原因でしょうけど、レスリング、陸上、野球等と並行で所属する選手も多いらしい)

最近はオードリー(日大二高でアメフトしてた)が頑張ってくれてかなり面白くアメフトを伝えてくれていますが、まぁそれでも深夜帯の番組ですからね。なかなか難しいところはあります。まぁもっとアメフト認知されて、アメフトの話を出来る人が増えたら楽しいなって思います。(結局キムタクの弟はあまり効果が無かった)

アレハンドロ・ホドロフスキー DVD-BOX

エル・トポもホーリー・マウンテンも持っているんだが、ファンド・アンド・リスは持ってないという・・・。ファンド・アンド・リスって単体で売ってないと思うんだが、これを見越して販売してなかったのだろうか?とか思うとちょっと切なくなる。

あ、ちなみに3月4日発売。

links for 2011-02-27

  • 外に出た人が使用するのではなく、町おこしに使われたり、人を外に導く力を持っているということは段々と認知されてきた。今年は結構たくさん企画されそう。そしてたくさん閑散としたイベントも発生しそう。恐ろしい。重要なのは伏線の貼り方と、現地に赴く必然性なんだろうけど、ここはまだ勉強しないとね。
    (tags: game arg)
  • SSDはシステムだけに割り当てて、データはこれでHDDつけて割り当ててもいいな。
    (tags: mac)

Feb 272011

Violence Has Arrived / Comedy

CDDBで"Comedy"にカテゴライズされていた・・・・笑

まぁ否定できない・・・汗

価値

良いものはその評価により、高い価格が設定されても需要が維持される。
しかし最近は、高い価格を設定することによって、高い評価、需要を得るやり方も多い。
それは消費者がコケにされているようなものだと思うが、しかし止まらない。
止まらないどころか、我々自身がそれを加速させているフシもある。

もっと長い目で見れば自浄効果が作用するのかもしれないが、どうも消費者の自主的なネズミ講の様に感じる時が多々ある。


links for 2011-02-26

Feb 262011

managerの違い

SceneLoaderで外部Progressionを子供Sceneに設定した場合、子Progressionの中でのmanagerの参照先が参照場所によって変化します。

簡単書くと
SceneObject@manager > 子Progressionを参照
DisplayObjectを継承したCast系@manager > 親Progressionを参照

シーンはProgressionセグメントのレベルで管理されますが、Cast系はその辺には関与せず、純粋に最上位のProgressionの管理下に置かれるってな感じなのだと思います。

詳しい中身の管理ロジックについてはよく分からないですけど・・。

これ具体的に何が困るかというと、子Progression内で遷移の際の行き先や、出発点によって何かを制御しようとした際に、
getSceneBySceneId(manager.destinedSceneId)
としたときに、SceneObject上では問題ないのだけど、Cast系だと親Progressionを参照してしまうため、SceneObjectを参照できずエラーが戻ってくるという部分です。

なんか便利機能とかあるのかもしれないけれど、判別式で参照managerを切り分けて処理するようにしますた。

links for 2011-02-25

Feb 252011

How much your domain?

有名なサービスなのか知らないけれど、たまたま見つけたのでメモ。

Site Trail / img8.com

サイトのログから金額算出してくれる。
このドメインは$4,440.63 USDなのだそうだ。
今の為替で換算すると日本円にして363,954.03円らしい。

高いのか安いのか分からないけど、需要が無いので対して意味はないが、感覚的に非常にわかりやすい。ややこしい物事を使い慣れている表現に置換するってのは一つのテクニック。

ちなみにTwitter.comは$249,846,949.79 USD。
20,477,456,384円。204億?
すごいね。ぜひ売りたい。


このサービスの仕組みきちんと把握してないけれど、誰かが以前に登録したってことなのかな?


links for 2011-02-24

Feb 242011

links for 2011-02-23

Feb 232011

links for 2011-02-22

Feb 222011

サッカー


サッカーはあまり興味が無いけれど、この映像はカッコイイね。
一般の人が作ったみたいだけど(一般てなんだ?)


links for 2011-02-21

Feb 212011

links for 2011-02-20

Feb 172011

links for 2011-02-16

Feb 162011

links for 2011-02-15

Feb 152011

TONIGHT


これはすごい歌。初めて聞いたとき涙が出た。

でも一番好きなのは大木美佐子さんがいた頃のファンファーレ。
空気公団とかLampとかに通じるNeo J-popというかその辺の空気が好きだった。
なので、もうその辺はLampにお願いする。

メローメロー


口ロロ(クチロロ)を知ったのは実は音楽からではなくて、「ワラッテイイトモ」のK.K.氏が彼らのデビュー曲のPVを担当したという流れだったのをふと思い出した。
そしてそれが7年も前だったということを知ってかなりゾッとした。

apeirophobia: 「□□□」のPVをK.K.が制作

この調子だとあっという間に寿命が尽きてしまいそう。
怖い。

□□□(クチロロ)/あたらしいたましい feat. 金田朋子


うわー。これはスゴイ。
ほんとうに凄い。突き抜けた瞬間っつー凄さ。
遠い昔supercarで感じたのと同じ感覚だわ。

links for 2011-02-14

Feb 142011

links for 2011-02-13

Feb 132011

アナウンサーの落ち着き


久米宏、古舘伊知郎とか苦手なのは同じような理由なのかも知れない。

震災発生後、子供だった私には、宮田アナウンサーが落ち着いて発­する言葉がずっと頼みの綱であり、心の拠り所でした。

故郷の崩壊を延々と伝えられても、友人の名前が読み上げられても­、まだ冷静にテレビ画面を見続けることができたのはこの方のお陰­です。

本当に素晴らしい仕事されたと心から思います。

歳を取ってくるとNHKの良さが分かってくる。
王道が王道たる所以ということなのか?



Gmailで返信メールを新規ウインドウで書く方法

これずっと不満に思っていたんだけど、山ちゃんにおしえてもらった。
Shiftキーを押しながら返信をクリック!

Twitter / @山本 耕平: @tozaki 「shift」を押しながら「返信」ボ ...

また仕事が快適になった。

links for 2011-02-12

Feb 122011

テクノ手芸

「テクノ手芸」
なんて萌える言葉なんだろうか・・・。

盗聴器入りマフラーとか
GPS内蔵チョコレートとか

違うけど。

これもキレイ。
だんだん色々融合している感じがするなりね。

links for 2011-02-11

Feb 112011

恥ずかしい気づき

Voice of Awarenessで連続一面をとってしまいました。しかし1日目が漢字を間違っています。恥ずかしい・・・。

Ref.Voice of Awareness

links for 2011-02-10

Feb 102011

PATHS OF FLIGHT


電気Grooveのfake itを思い出したけど、コチラは一応リアル。
人間の細胞などの拡大映像を見ているような錯覚に陥る。
The GE Show Episode 3: Flight!
GEって飛行機も作ってるのかよく分からないけれど・・・。

get something unexpected.

I have the luck of the devil

大きな声では言えないが、先週末とある失敗をやらかした。
大丈夫ですよと言われたけれど、かなり凹んだ。
世界中の過去の事例をみても、ほぼ取り返しがつかないという報告があがっており、希望はほとんどなかったものの、粘着的にアプローチしてみた。
光が見えた。
飛びついた。
取り返しがついた。
予想以上に呆気無く。

あまりの呆気無さに呆気に取られた。
何事も無かったかのように以前のサイクルに戻った。

悪運が強いなと感じた。
私を見守っている何か。
ありがとう。

links for 2011-02-09

Feb 092011

ワルノリ / 木嶋のりこ

仲村みうが監督なんですって。
今までグラビアの被写体だった人が監督になるとどうなるのか、興味深い。

戦争の終わり

ワンピース。マリンフォード決戦。ここで尾田栄一郎は少年漫画誌で稀に見る戦争の描き方をしたと思う。

目的を失い暴走する暴力。
勝者こそ正義。

赤髪が調停に入ることにで目的を失った戦いはやっと収束する。
守られたものは一体何か?

ルフィーを希望のアイコンにすることでかろうじて少年誌としての対面を保たせていたが、非常に際どい構造的な部分にまで踏み込んだ描写だったように感じる。


links for 2011-02-08

Feb 082011

Learning / Perfume Genius


これいい。
一瞬にして無くなってしまう一度だけの初恋のような儚さ。
2枚目からはもうこんな曲かけないんじゃないかなあ・・・。
こういう奇跡的な危うい曲に出会えるのが音楽って面白い。

AmazonのMP3販売で初めてこれを買うか?朝からずーっと悩んでいます。
来週ぐらいに決断できるかなーって思います。

links for 2011-02-07

Feb 072011

links for 2011-02-06

Feb 062011

Windows 7のユーザディレクトリを別のドライブに移動する

先日仕事用マシンにDellのマシンを買ったんです。
到着してからもう半月以上経過しているんですが、忙しさにかまけて何もしていませんでした。
そのうちメインマシンちゃんが不機嫌になってブルースクリーンになったり、無限再起動とか始めだしたので、もうそろそろ限界ラバーズかなと思いまして、いそいそと仕事の合間にデルちゃんのセッティングを始めました。

最近はHDDが容量アホみたいに大きくって、Dellから送られてきたマシンもCドライブに1TBも割り当ててあるんです。そんなに使うことも無いだろうということで、パーティション切り直したいなと思ったんですが、リカバリディスクがCドライブに隠しパーティションで入っていて、こりゃフォーマットできんがな!とうーむと悩んでいました。

そしたらなんか、既に割り当て済みの領域にも「ボリュームの縮小」というメニューがありまして、これ圧縮ドライブのことかな?とか思ったんですが、どうも違うみたい。調べてみたら、なんとアクティブドライブのパーティションをそのまま変更できるんですって!新しい機能なのか知らないけど、これでCドライブを分割してやれということで、システムドライブを500GBにして、残りをデータドライブに分割。

さて、データドライブには、通常フォント、テクスチャとか共通素材系を入れているんですが、ちと今回ユーザデータも移行してやろうかなと思いました。なんでか?っつーとですね、最近iTunesとかDropBoxとかユーザデータにアホみたいにデータを投入するアプリが多くって、まぁそれは別フォルダ割り当ててやればいいんですが、データがマイドキュメントから分散するのも気持ち悪いなぁっつーことで、それら一式データドライブにぶち込んでしまえばすっきりするんじゃないかと。

ということで、先人のチャレンジを調べてみました。

Continue reading Windows 7のユーザディレクトリを別のドライブに移動する.

links for 2011-02-05

Feb 052011

links for 2011-02-04

Feb 042011

UNIQLO CALENDAR完結編


2009年6月にリリースしたUNIQLO CALENDAR。
2年以上日本を撮り続けましたが、ついに完結です。
apeirophobia: UNIQLO CALENDAR

私は運用はほとんど何もしてないのですが、更新の度に更新される映像から日本の美しさを感じ、この国に産まれてよかったなぁと感じておりました。

私たち日本人が神の目線で自分たちを見ることで、改めて日本と自分を再認識させる。
海外の人にUNIQLOはこういう国からやってきたブランドだよ。ということを伝える。
そんな感じが無意識のうちにでも共有できたら嬉しいなと思います。

関係者の皆様、本当にお疲れさまでした。
特に全国を常に飛び回っていた撮影スタッフのみなさま。(大晦日前の長野で撮影スタッフに遭遇したり・・)そしてこのようなプロジェクトに誘っていただいたProjector田中さんに感謝です。高い意識の方々と一緒に仕事をできたことは人生の宝物です。ありがとうございました。

このProjectも様々な賞を頂きました。
あまり把握できてないので、spf designさんのところから引用させていただきます。

  • 2010 TIAA ウェブサイト部門 キャンペーンサイト【金】
  • 2010 TIAA アプリケーション部門 【金】
  • 2010 TIAA インテグレーテッドキャンペーン部門 インタラクティブ 【金】
  • 2010 One Show Interactive Microsite コンシューマーグッズ部門 【金】
  • 2010 One Show Interactive インターフェースデザイン部門 【金】
  • 2010 NewYork Festivals イノベーティブ・アドバタイジング部門 ミュージック 【金】
  • 2010 One Show Interactive 360インテグレーテッド・ブランディングキャンペーン 【shortlist】
  • 2010 NY ADC インタラクティブ部門 【銀】
  • 2010 CLIO Content&Contact部門 【shottlist】
  • 2010 CLIO インタラクティブ部門 【shottlist】
  • 2010 D&AD ブランディング部門 【In-Book】
  • 2010 D&AD デジタルアドバタイジング部門 【In-Book】
  • 2010 D&AD ウエブサイト部門 【In-Book】
  • 2010 NewYork Festivals ウエブサイト部門 【金】
  • 2010 NewYork Festivals イノベーティブ・アドバタイジング部門 アパレル 【金】
  • 2010 NewYork Festivals イノベーティブ・アドバタイジング部門 ミュージック 【金】

Ref.UNIQLO CALENDAR - spfdesign Inc. feed

あと
2010 カンヌ国際広告祭 Cyber Lion 【Gold Lion】
も頂いているとおもいます。

これ更新なくっても永遠に公開していてほしいなぁ・・・。
真夜中に終わらない仕事途方に暮れたとき、何度このサイトを見てやる気を出したことか・・・。
自分にとって、とても人を赦せてるようになれるサイトでした。

links for 2011-02-03

Feb 032011

links for 2011-02-02

Feb 022011

市川崑のタイポグラフィ 「犬神家の一族」の明朝体研究

これも面白そう。

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」、 ドラマ「古畑任三郎」、 CM資生堂「TUBAKI」など 現在の映像表現に多大な影響を与えた映画監督、市川崑。 彼の独特な明朝体表現は、テロップ表現の古典的スタイルとして定着しつつあるが、その研究・分析が行われることはほとんど無かった。 L字型極太明朝体の表現は何を指し示しているのか。 代表作「犬神家の一族」を中心とした数々の作品を材料に、映画評論、デザイン評論の二つの視点から切り込む。 明朝体の字形照合実験やレイアウトグリットを用いての比較、そして作品コンセプト・技術・歴史までを丹念に分析した 初の「市川崑の明朝体表現の研究書」である。

Retro Fonts 1830-1990 世界のレトロフォント大事典

19世紀から20世紀をめぐる、歴史的背景、美術運動、カルチャームーブメントごとに編纂された、驚異のスペシメンブック(書体見本帳)が完成!560 ページの大ボリュームで、1920年代のVOGUE誌、ナチスのプロパガンダ、ヤン・チヒョルトやネビル・ブロディの作品、マドンナのジャケットまでをモチーフとしながら、時代を象徴したレトロフォントを掲載。付属CD-ROMには、本書と連動した222書体のフリーフォントを収録。“あらゆる出来事”と欧文書体の関係がビジュアルで理解できる一冊です。

チョヒルト!

links for 2011-02-01

Feb 012011

マイソンのおすすめ商品

「スイブルスイーパ-G2」
現在ショップジャパンで紹介されている商品。充電式電池で稼働する、軽量のハンディ掃除機である。
そしてマイソンイチオシの商品である。

数週間ほど前、マイソンはこのCMに出会った。
何かのスイッチが作動し、食い入るように画面をみつめ続け、30分の商品紹介を完聴した。
以後この商品に魂を売り飛ばし、セールスマンと化した。


「スイブルスイパーダブルジーツーは軽いから階段も掃除できるんだよ」
「スイブルスイパーダブルジーツーはスイスイ曲がるんだよ」
「これパパに買ってもらおうよ!」
「みて!ほら、みて!ほら!」


CMの中でたくさんの手が商品の箱を取り去っていくシーンがあるのだが、そのシーンになると

「早く買わないとなくなっちゃうよ。」
「もうないんじゃない?」
「あ~あ、早く買わないからぁ・・・」

と小癪なセールステクニックを展開する。(どこで覚えたんだ?)


さて、今日も「スイブルスイパーダブルジーツー」の紹介を家族で見ていた。
番組の最後に衝撃の告白があった


1台のお値段で2台!


1台のお値段で2台!


「お隣さんと一緒に買おうかしら・・・」
嫁がつぶやいた。


テレビに向いたマイソンが、ニヤリとした
・・・気がした。


子供をだしにして商品を販売するのは、商売の鉄則。
こんな商品でも子供から取り込むとは、侮りがたしショップジャパン!

METAGONZ


自主制作したコマ撮りアニメ。

パブリッシュ費用無く、自主制作作品を全世界に向けて発信できるのはインターネットの利点。一方、その弊害として有料へのシフトはバッシングされ易いという暗黙的な道徳感もある。(アートと商業主義っていう安易な対立構造とコンテクスト、そして羨望と嫉妬?)受け手と作り手のの労力の差を無視しているというか、料理とか、すべての物事は同じだと思う。(自然淘汰的視点にたって消費に生産よりも労力がかかる事項は存在、もしくは継続しないだろうと考えているがどうなんだろうか?)

なんにしても、キチンと才能が認められて、それを糧として生きて行け、その才能により多くのものが形作られることは人類全体、将来にとっても有益なことであるはずだ。もっともっとこういう才能が世の中に出てくれば良いなと思う。

2話以降はこちら。

Continue reading METAGONZ.

links for 2011-01-31

Search and Archives