« アレハンドロ・ホドロフスキー DVD-BOX | Home | links for 2011-02-28 »

Feb 282011

Johnny Mac Trick Shot Quarterback

アメフトの試合を見ているとパスとか結構普通にできそうな気がしてしまいますが、10kg近くの防具をつけ、ヘルメットを被った状態でピンポイント(ここが未経験者には分かりにくいところですが)でヒットさせるってことは、ネイキッドの状態でこれぐらいの能力が必要なわけです。(と言ってもこの映像はアメリカンカレッジのトッププレイヤーですが)

さらに全米カレッジから選りすぐりのプレイヤーが集うのがNFL。NFLプレイヤーはほぼ全員能力的に異常な能力を持っている。(最近は分からないけど、過去にはNFLとMBAの両方でプロ所属のプレイヤーも存在している)

日本ではなかなか根付かないアメフトですが、要因としては日本人がTacticsの分析が好きな国民性ではない。日本人の体格では迫力がない。などなんでしょうかね?実際本場のプレーを生で見ると迫力は半端ない。日本で大きい選手が揃っているであろう日体大の試合とかでも比較にならない。(10万人規模のスタジアムで観ていても、フィールドの迫力が伝わってくる)
ラインがみんな120kg級、レシーバー陣は100m10秒台。そんなアスリートが揃ってくれば迫力もでてくるのでしょうが、やはり他のメジャーなスポーツに流れてしまうようで。(アメリカではスカラシップで複数のクラブに属していることが有利になったりするのも原因でしょうけど、レスリング、陸上、野球等と並行で所属する選手も多いらしい)

最近はオードリー(日大二高でアメフトしてた)が頑張ってくれてかなり面白くアメフトを伝えてくれていますが、まぁそれでも深夜帯の番組ですからね。なかなか難しいところはあります。まぁもっとアメフト認知されて、アメフトの話を出来る人が増えたら楽しいなって思います。(結局キムタクの弟はあまり効果が無かった)

Leave a comment

Search and Archives