« 物欲 | Home | ローリングシャッター »

Jul 252011

Toyota Window to the world


未来だ。
しかし自動車毎につけるのが良いのか、持ち運べるiPadみたいな形態がよいのか?と言われると後者のほうが良いような気がする。カーナビですらnav-u的な取り外し可能な形が好ましいと感じる。

ただし電車とかパブリックな場所での展開としては魅力的。要はパブリック、パーソナルどちらを対象にするかによって形態・機能が変わると思っているけど、どうなんだろうね。

個人的には自分の代替としてのコアなパーソナル端末がありつつ、パブリックデバイスとコネクトすることでその機能を拡張していく

・病院に行って病院のデバイスにコネクトすれば過去の病歴、処方歴など一気に同期
・電車の端末にコネクトすれば、その路線図やら乗り換え、時刻表が同期
・旅行先でコネクトすれば周辺の観光名所のマップデータが自動的に同期

とか・・の形が理想形だけれども。

先日のテレビ字幕のタグクラウド自動生成でも書いたけれど、人間のキャパシティや時間のコストをどれだけ下げれるか?が今後の課題だと思う。今の情報を取得するコストの高さは、情報取得自体が目的化してしまう危険が高く、情報飢餓のプレッシャーという変な弊害も発生している気がする。一般事項においてそれがハッピーなのかと言われるとまぁそうじゃないだろうと思う。

ネット経由でPull取得だけでなく、その場所やシチュエーションにで自動的に必要とされる基本データを抽出するサジェスト機能が進化してくれたらいいんじゃないかなあ?それだけでリテラシーの低い人に対しての有用性はは格段に増すんじゃないか?当然その情報の取捨選択は情報操作にもつながる危険もあり、暗黙的にリテラシーが高くないといけないというジレンマはあるけれど、サジェスト機能の構築の仕方でコストを下げつつ対応は可能なんではないかと思う。


現実的な話ではどこが仕様主導を取るんだ?みたいなところで利権バトルが発生して難しいことになるのだろうけれど・・・。(こういうのこそMozillaとかやってくれればいいんじゃないかしら?)


Leave a comment

Search and Archives