« Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち | Home | 子どもが体験するべき50の危険なこと »

Mar 032012

子供が迷子になりまして・・・

土曜日。
私は仕事、子供たちはワイフと一緒にドラえもんの映画の予定。

ただ長男が協力的でない。あまつさえ「僕は一人で映画に行ける!」と嘯き、ワイフの言うことを聞かない。そこで「一人で行けるのなら行ってみろぃ!」ということで三茶まで移動。脳内シナリオでは、そこで「やっぱ映画館には一人じゃ行けない。ウワーン」「よしよし、それじゃあ今度からママの言うことを聞こうね」的なものをイメージしていたのだけど、パスモをチャージして、振り返るとマイソンの姿が見えない。

!!!

取り急ぎ、田園都市線構内に入り上下線のホームを疾走。い・・いない!
ナイスタイミングで電車が入ってきて、乗ったかも乗ってないか微妙な状態。むむむ(汗) 

10:09

三軒茶屋駅にお願いし、東急沿線各駅の改札で検問して頂けることに。
電車に乗っての帰宅の可能性を考え、世田谷線改札に移動し聞き込みも確認できず。
続いて交番に向かい、迷子申請。

三軒茶屋近所で行きそうなところを捜索。工事の人とかティッシュ配りの人とかにスマホの写真を見せ聞き込み。日頃の運動不足が祟り、足がパンパンになって攣りそうになる。
並行で嫁は家と三茶の間の道を捜索し、家にメッセージを残して鍵を開放。そして渋谷の映画館に移動し聞き込み。

12:00
未だ見つからず・・・。
駅構内の防犯カメラの映像を見せてもらえれば、上下線どちらの電車に乗ったか絞込見えるのではないか?と交渉するも、防犯カメラ映像の公開は警察の申請が無いと行わないとのこと。警察に掛けあうも、凶悪犯罪じゃないと申請できないとのこと・・・。うぐぐ。まぁ理由はわかるけれども・・うぐぐぐ。

12:30
家の近所の公園などで遊んでいる可能性も考えて、世田谷線で再度自宅周辺に移動。
区役所、公園を捜索中に着電。若林交番で確保とのこと。

交番に到着すると、交番の机で自分の名前を漢字で紙に書いているマイソン。
顔をよく見ると鼻水の跡がベッタリだが、結構元気で落ち着いた様子。

若林公園近くの歯医者さんの方が保護して、交番まで連れてきてくれたとのこと。
交番で引き取りの処理をして、歯医者さんを探して、お礼をして帰宅。
家に帰る途中で、ワイフが自転車で合流。

13:00
3時間ぶりに家族一堂。


後でマイソンに話を聞いたところでは、三軒茶屋で私がパスモをチャージしている間に、気が変わり駅を出て家まで歩いて帰ることにした。若林駅までは歩いたのだが、そこで道がわからなくなって若林駅のベンチに座って泣いていたら、お姉さんが助けてくれて交番まで連れていってくれた。という感じらしい。

若林手前から、「もうパパとママに会えないかもしれない」、「奇跡よおこれ!」と念じつつ泣きながら歩いていたらしい・・・。


いろいろな人のご協力により、無事戻ってくることが出来ました。感謝です。
助けられて生きているばかりでなく、誰かの力になれるように精進します。


なんというか無事に帰ってきたのでここにもこのように書いたりすることができますが、実際行方が知らない間は生きた心地がしなかったです。東京だから大丈夫だろうと思う反面、東京だからこそ危ないとおもう自分もいたりして・・・。我が家は男の子なので、この程度ですが、女の子でこんな迷子になったらと思うとゾッとする。

自分の無力感だけをヒシヒシと味わい続ける時間は、精神的にも肉体的にも半端ない疲労。
このような自体はもうご遠慮願いたい。

Leave a comment

Search and Archives