« 未来 | Home | labelが反応しない »

Jul 272012

情報に対してのファンクション

情報を発信と、情報処理は更に分化し、最終的には完全に独立する。
そうなったときに目に見えている情報は共通言語としての価値を失い、情報の意味だけが抽出される。
その時に初めて人はコミュニケーションに必要な要素を再認識して、取捨選択を行うことができるんじゃないかと思う。

音楽はコミュニケーションにおける共通言語治しての価値を失った。
新しい情報メディアの台頭も原因の一つだろうけれど、リリースのハードルが下がったことで全体の質が下がったこと、細分化したことによって汎用性が低くなったことが大きな原因なんじゃないかな?って思う。

空間や時間を飛び越えて多くの人とコミュニケーションを取ることができるWEBを使い込めば使い込むほど、みんなそれぞれ一人ひとり、深い深淵へと潜っていってる感じ。

鬱とか病的なカテゴライズのほうが当人も外野も共通言語を確保できていたりするのかもしれない・・。

Leave a comment

Search and Archives