« 引越しました | Home | ユーザニーズ »

Oct 202012

ザワザワザワ・・・

ツイテレ

こういう状態のサービスをチラホラ見かける。

サービス群雄割拠の時代だから、死んでいくサービスも多くある。
終了のお知らせと謝辞をしばらく掲載し、活動終了するというのが従来の印象だが、前述のように最近は廃墟状態になっているサービスをよく見かける。そういう通知をする余裕が無いのか、不要との判断なのか、API改変に未対応なのか、そもそも見てないのか、理由は色々あるだろう。

このような荒涼感のネット上への点在は、リアルに比べて周囲に与える悪影響が少ない割に、その侘しさが強く感じられ非常に好ましい。特に過去のユーザ痕跡が生々しく残ってたりすると、なお好ましい。

ドメイン終了、サーバ契約期間終了で自動的にネット上から消滅する。
そう遠くない将来に訪れるその瞬間を想像すると、胸の奥がザワザワする。

Leave a comment

Search and Archives