March 2014 Archives

Mar 312014

「金魚のススメ」に行ってきた

日本てならい堂の金魚講義。 色々勉強になりました。

文京区本郷にある350年の歴史を誇る都内唯一の金魚問屋「金魚坂」にて開催された、金魚はどこから来た?!歴史を紐解く「金魚のススメ」に家族で参加。

金魚は10年ほど前に夫婦で飼っていたが、産卵・孵化直後に全滅させてしまった苦い記憶があり、それ以来縁遠くなっている。その頃は犬、猫、金魚、亀とプチムツゴロウになりかけており、その時の猫の好物が「金魚水」だったのは懐かしい思い出である。あれから月日は流れプリン、金魚と亀は天国、もみぢは広島へと旅立ち、入れ替わりで人間の子ども2人とくま太がやって来て、数は減ったが以前より混沌とした日々を過ごしている。

「これ以上動物を家に増やしてはいけない」というワイフからの警告を受け、ビーシュリンプや爬虫類なんかのサイトをため息とともに眺める日々を過ごしている。今回の講義も普段のワイフなら私の下心を読み取り参加NGだったろうが、知人が企画をされたことに託けて参加OKとなった次第。

Continue reading 「金魚のススメ」に行ってきた.

Mar 292014

引きこもりはヤンキーの夢を見るか?

去年から「ヤンキー」が注目キーワードで、それに関連して次のような記事が話題とのこと・・・

元々ヤンキーは日本の本流であり、何を今更という感じもある。同時に「下流」「反知性」みたいな話の振り方に疑問を感じたりするが、今回のテーマでは無いので割愛。

さて、これらの「ヤンキー」について意見する人たちは、思春期にどの社会セグメントに属していたのか?

Continue reading 引きこもりはヤンキーの夢を見るか?.

Mar 282014

電子書籍プラットフォームの憂鬱

Amazon Kindle、Google Books、Rakuten Kobo、その他・・・

電子書籍は音楽に比べ、データフォーマットがビューワー依存のために小売(EC)の影響力が強く、MP3データのように異なる購入元のデータを混在して一元管理することができない(できるのかしら?)。購入サービスに縛られる制約とリスクに対して、電子版の値引き額にお得感がない・・・。

出版社(作者)から書籍のライセンスを購入し、利用サービスはただデータ取得元という関係がシンプルだった気がするが、既得権益、企業の駆け引きなどが収束せずサービス側に主導を奪われて酷い状態。結果、ユーザは電子書籍を選ぶ前にECサービスを選択しなくてはならないのが現状である。Amazonでの購入は日本の将来に負である認識もあり、日本企業から購入したいと願っているが、楽天KoboのUIが馴染めない・・・

「予期的UX」「一時的UX」で大きな割合を占めるUIデザインは「導入選択」に大きな影響を与える。更にサービスが複合的、長期的視点で「乗り換えが容易でない」思考で設計されている現状、実はサイクル的でなく「導入選択」がすべてを確定し、その後のUXを打ち消す(打ち消すというか行動基点として作動させる敷居を上げる)サービスの形態も存在する。
楽天さんにはAmazonの日本進行に対しての最後の砦である自覚を持って頂いた上で、UIやUXに対して真摯に取り組んで頂きたい。

たかがボタン、されどボタン

Continue reading 電子書籍プラットフォームの憂鬱.

Mar 272014

音響浮揚装置

2月にデベロッパーサミット2013の前夜祭に行った。
目的の1つは名古屋工業大学:星貴之さんの作られた音響浮揚装置を生で見ること。

Continue reading 音響浮揚装置.

Mar 262014

ガンダム35周年

Mar 252014

Adobe Creative Cloud のアップデートエラー(Win) アゲイン

2014-03-25_040908
またやって来た憎いコンチクショウ。
以前の方法で解決できるのかしら?
今28時なので、ちと日中にでも試すメモ

Adobe Creative Cloud のアップデートエラー(Win) - APEIROPHOBIA

追記:3/25 14:40

えー、後で対応と思っていたのですが、ふと見るとCreative Cloudが起動しておりません。
プログラムメニューを見ても存在しません。消えている??
ということで、再度DLしてインストール実行

2014-03-25_143457

・・・

Continue reading Adobe Creative Cloud のアップデートエラー(Win) アゲイン.

Mar 242014

平成25年秋の褒章 佐藤雅彦さんインタビューメモ

Mar 232014

予想外にiPad mini良かった

長らく初代iPadを使っておりましたが、OSアップデート対象外、未対応Appsだらけとガラパゴス化し始めたので、社長のiPad Miniをゲット。タブレットはAndroid:Nexusを普段利用しており、iPad miniは検証・リサーチ用のサブ端末かしら?と考えていたが、iPad miniがNexusよりも軽く、サイズが大きいという事実が発覚!

サイズはNexusが丁度良いが、重量はiPad Miniが良い。
つまりOSはAndroidで、NexusサイズでiPad miniの重さ。
多分これそんな難しくないよね?>誰?
楽しみ、楽しみ・・・

Mar 222014

それが「人生」ってことじゃんよ!

子供祭り。戦後のバラック街のようだ 子供だけで店が運営されていて、売り物、客引きとても興味深い。(タイトルコールはスペース☆ダンディ的な感じで・・・)
先週の日曜日に羽根木公園のプレーパークにて行われた「子ども商店街」
子どもたちが自分たちの力で店を作り、商品を考え、販売するという企画。

廃材をトンカンして作ったであろう歪な店舗が並び、うどん、ラーメン、おにぎりなどの一般的なモノから、音楽演奏、包帯巻き、露天風呂、手品、ベーゴマ、御札販売なんて独創的なものまで販売されているさまは、戦後のバラックや、サイバーパンクの街を思い起こさせる不思議な空間で、文化祭、学園祭などの「学校」という日常空間を母体とした模擬店とは「逞しさ」という点で空気感の異なるものでした。(この件については他事象でも同様の感覚があり、興味深く思っていますが、長くなりそうなので今回は割愛)

現代社会において「モノを売る」ことは「生きる」ことに強くつながる行為です。
インターネットの普及により「購買」に新しい形態として、「オンラインショッピング」という「時間・場所からの開放」「販売時の対面機会の消失」を特徴とする形態が加わって約20年。今後「購買活動」に占める割合はますます増えていくことでしょう。

Continue reading それが「人生」ってことじゃんよ!.

Mar 212014

ホワイトデー:肉という選択

ホワイトデーとしての肉 徹夜明け、32時間目ぐらい だけど肉3月14日がホワイトデーと認知されるようになったのは何時頃からなのか?
子供の頃になかったような気もするが、お返しをする機会に恵まれていなかっただけかもしれない。

プレゼン資料作成のためホワイトデーが徹夜明けという状態でしたが、高級ミートをクッキーの代わりにリクエストするワイフ、ソンズ、そして起床後36時間経過している己の体を引き連れて焼肉屋にイザ、カマクラー!
美味しかったです。タンシチューも食べちゃった。ドカーン!

Mar 202014

続・ゾウムシ

ずっと欲しかったマイクロフォトコラージュのゾウムシの写真集をやっとゲット(≧∇≦)先日エントリーに書いたマイクロフォトコラージュのゾウムシ写真集をゲット。
8歳、2歳の子供も大興奮の写真集でございます。(ま、一番興奮しているのは私ですが)
しかし著者の方の経歴がすごかったであります・・・。

小檜山/賢二 慶應義塾大学名誉教授。1942年東京生まれ。67年慶應義塾大学工学部電気工学科修士課程修了。同年日本電信電話公社入社。電気通信研究所において、デジタル無線通信方式の研究に従事。76年工学博士(慶應義塾大学)。92年NTT無線システム研究所所長。97年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。08年慶應義塾大学名誉教授。受賞:電子情報通信学会業績賞、逓信協会前島賞、第21回東川賞新人作家賞、慶應義塾大学義塾賞、Laval Virtual 8th International Conference on Virtual Realityグランプリなど

すごい人は何をやってもすごいのか・・?ま、冗談。
実はこのシリーズ、あと2冊ほどありまして、それがまたちょっと対象でございます。
こちらもお金を貯めて買いたいと思います!

Continue reading 続・ゾウムシ.

Mar 192014

文一総合出版

文一バンザイ(≧∇≦)個人的にツボな本の多い文一総合出版。先日カッとなりまして数冊購入いたしました。
この辺本当はタブレット版とか欲しいのです。
文一さんからも幾つか電子書籍出ているのですが、私の欲しいものは電子化されておりません。
電子化されたらいつでも読めるのに・・・(*´∀`*)

Continue reading 文一総合出版.

Mar 182014

2014年春のテレビの事情

デザインあ」が毎日放送という話を小耳にはさみつつも、そんな情報をNHKで確認できずもやーっとしております。しかしLIFE!は4月から毎週放送でございます!ヤター!(先日星野源も復活したっす(^^))
こちらは家族全員で楽しんでおります。(ついでにマイソンの友達も楽しんでいるらしい)

さてNHKはもう一本、昨年10月よりレギュラー化した「妄想ニホン料理」。
こちらもワイフとハマっております。

ついでに最近、夫婦2人でよく見ている番組をメモ・・・

Continue reading 2014年春のテレビの事情.

Mar 172014

死の瞬間

なんだか死に関係するエントリが―続いて、ちょっと厨二病的な感じですいません。

フワッ!と電気が消えるように脳の色が黒に消灯しています。
この白い光が何を表しているのかちょっとわからないですが、死ぬ直前まで思っていたより活動しているのですねえ・・

Continue reading 死の瞬間.

社会と個人の死

Mar 152014

熟れた柘榴、抉れた傷口、石床の冷たい影と贖罪、厨二的ななにか

愚妹の関係しているイベント、珍しくワイフが興味を持ったので家族でお邪魔。

ブラジルは行ったことないですが、ペルーの片田舎の小さな村のカトリック教会に似た雰囲気。
傷口に指を差し込んみ、死・苦痛を常に傍らに置くことで何かを確認するような・・・
言葉でうまく説明できないけど・・・

少し違うのは、空間に活気があること・・・なんせ渋谷、Dieselだもの・・・致し方なし。

欲しい作品ありましたけど50万以上したので断念。おとなしく木版のブックレットを購入。しかしそれも値段関係なく木版もかなり良かった。ペルーの大統領選(フジモリ亡命のキッカケになったやつ)時の郊外の家屋にベタベタ貼り付けられていた飛沫候補のビラを思い出した。あれかなりエッジが効いていて良かった。持って帰ってくれば良かった・・(って反日の緊張が高まりつつあった状況なので、そんなことはしないけれど・・・)
額装をどうするか考えなくては・・。

Continue reading 熟れた柘榴、抉れた傷口、石床の冷たい影と贖罪、厨二的ななにか.

Mar 112014

旅をテーマにしたインフォグラフィックス

「世界最大の旅行口コミサイトトリップアドバイザー®がプロデュースする旅をテーマにしたインフォグラフィックス専用サイト」だそうです。

見てるだけで楽しいですが、情報処理の負荷が下がる分、内容に対しての考察に労力を割くことができる。
デザインの効能を非常にわかりやすく体感できる、素敵コンテンツ。

例えば上記の「世界主要都市のタクシー料金比較」を見た時、まずタクシー料金が国によって異なることを理解し、その次にエリア、都市による料金傾向を視覚的に理解する。
ここまでがインフォグラフィックとして一気にコストをかけずに把握可能。

そこで節約されたコストを、料金差が異なる理由の考察に費やすことができる。
料金の異なる理由が貨幣価値の差なのか、都市密度による平均移動距離なのか?色々考えていくと、世界の様々な事象のつながりが見えてきて、そこから何か気づくことができるかもしれない。

インフォグラフィックの働きはそういう、情報の考察・分析の導入へのコスト削減部分にあると個人的には理解している。

Continue reading 旅をテーマにしたインフォグラフィックス.

Mar 102014

Skybox

衛星系情報は、画像からまっとうに進化し衛生動画の時代に入った。
我々が情報をGPSから得ていると同様に、情報を与えている訳である。
飛行機レベルが対象であればプライバシーが問題になることは無いだろうが、これが一歩進んで車が対象になった途端、一気に色々問題が噴出しそうである。(どっちの方向に噴出するかは知らんけど)

インターネットは言葉、画像、動画・・・情報密度を増しながら、時間、空間を越える進化を遂げているが、受け取る人間の能力はさほど変化していない。そろそろボトルネックとしての受け手の問題を解決するフィルタが注目されることだろう・・・
知らんけど・・・

Ref.地上の動きが即座にわかる「衛星動画地図」 « WIRED.jp

愛のゾウムシ

唐突であるが、昆虫でゾウムシが一番好きである。
元々種類が多いので、重宝もされず、ピックアップされることもあまりないけれど・・・

去年の7月頃に不意に視点・論点で養老孟司がゾウムシの話をしたわけだが、残念なことに見ることができなかった。
これを見るためにNHKアーカイブスに加入しようかと思うほどであるが、アーカイブスで見れるのか不明のため加入保留のままである。

東農大の昆虫学研究室は来年の学祭でお邪魔しようと思う。(今年はバタバタしていていけなかった)
www.gbif.jp/v2/pdf/activities/2011/workshop2011_4.pdf

Mar 092014

弊社の協賛

Mar 072014

行為から滲む、おぼろな像

少し前の話であるが、こんなニュースがあった。

確かに「見ればわかるだろ?」という部分も理解できるが、そもそもこのチェックが「未成年に酒を売ったことが店側の責任として問われる」社会において、「成人なのか判別付かない」「老け顔の19歳」「童顔の30歳」などに対して年齢判断の責任を担ってもらうということを踏まえると、観察者の属人スキルに委ねられる「成人か、否か」の判断よりは確実であり、必須手順として組み込むことにさほど違和感は無い。

つまり「未成年者の健康を守るために、大人に少し協力してもらう」という社会的な責任としてである。

これに対して、この一連の騒動のきっかけとなる以下の様な事件が発生している。

  • 腹を立てた客が店内で乱暴を働く
  • 「オレが19に見えるわけねぇだろ!60過ぎているジジィを捉まえて、押せとはなんだコラ!!!」
  • 「年は見れば分かるだろ」などと腹を立て、レジの液晶画面を素手で殴り破損させ現行犯逮捕
  • 同じ理由で液晶画面を殴って壊し現行犯逮捕
  • 年齢確認され腹を立て、出入り口のドアガラスを足で蹴り割ったとして逮捕

これらを踏まえて

「我々の行う接客はこれでいいのか、ということは常に社内で検討しておりますが、このタッチパネルに関してはお客様のご意見はもっともなことであり、合理性という点でも問題があるのではないか、ということになりました」

ということで、廃止に踏み切ったということらしい。

Continue reading 行為から滲む、おぼろな像.

Mar 052014

Kinetic Sand

色々なサイトで話題になっていたKinetic Sand
リサーチするため、品薄の激戦をくぐり抜け購入。

触感は全体としてはサラサラの砂糖のようで、その中に少しオクラのような粘り気がある感じ。作った団子が崩壊していく際には、透明の粘液の糸が見えた気がして、エイリアンの孵化を思い出したりした。

子どもたちは喜んで遊んでいたが、長男は既存の粘土との違いを楽しみ、次男(3歳)は粘土を触っていることが楽しいといった感じで、重力で崩壊するなどのKinetic Sandの特性に対して、微塵も違和感を感じていない(理解していない)雰囲気だった。

Continue reading Kinetic Sand.

Google Dashboard

Account Activity - Account Settings

Account Activity merged with the Dashboard
Account Activity information merged with the Google Dashboard to provide you with a single point for account activity information and to provide more up-to-date information.
Your existing Account Activity reports will continue to be available here until 5/31/2014.
The monthly emails you received to notify you of new reports will now link to the Google Dashboard, which will continue to improve over time to provide a similar experience to the Account Activity reports.

Dashboard - Account Settings

これでAnalyticsやらg+とか一括で管理される方向で進化していくのでしょう・・
しかし項目の中にOrkutがあるんですが・・・
以前知っていたそれとは全く姿形が変わっていて、なにがどうなっているのかさっぱりわかりませんけど・・・

Mar 032014

拱手日記

土曜

キンダー・フィルム・フェスティバルを次男、長男それぞれ分かれて鑑賞。
海外作品は舞台袖で声優さんが生アフレコして上演。(声優さんのライブシネマというそうです)
英語の音声も同時に流れているにも関わらず、同じタイミングで日本語を被せて全く違和感なし。
プロの技術のハイクオリティさに驚いた。
大盛況!せたがや子ども映画祭レポート 

ピングー撤収

Continue reading 拱手日記.

Search and Archives