« Particles in real | Home | 現実崩壊 »

Apr 192014

名付けサービス、命名サービス

わが子たちの名前を決める際に、お世話になったサイト。
ここで名前を考えたというわけでは無く、名前候補の字画を確認という感じでお世話になりました。

姓名判断というのは迷信を用いた「不安商法」とわかりつつも、それが自分でなく子どもの事となると、その不安を避けようという心理になってしまいます。これはそれまで守るべき者が「自分」だけの「独身男性」に「父性」が作動する最初の一歩なのかもしれません。(このサイトは無料なので「商法」という表現は適当では無いですが・・)

今は競合サービスも増えているのでしょうが、8年前には「響きから漢字検索」なんて機能はこのサイトにしかなかったかと思います。実用的な切り口だなぁと感心した記憶があります。

幼稚園、小学校、中学校・・・と子どもの成長フェーズでのビジネス接点を有するベネッセさんなどが、子どもの生年が暗黙的に把握可能な命名サービスを能動的にガッツリ展開することで営業名簿を効率的に獲得できるのではないかしら?と、8年前に思ったりしたことをふと思い出しました。

Leave a comment

Search and Archives