« FUJIFILM X-T1 | Home | 人を資産とみなさずコストとみなす »

Apr 242014

電子書籍プラットフォームの憂鬱2

電子書籍プラットフォームの憂鬱のエントリーを書いて以来、ちまちまと検証しておりましたが、検証すればするほど、Amazonかなぁ・・という結論に傾きつつあります。ただ「Amazonが良い」というよりも、「楽天は無い」という理由の方が正しいかな・・・

古い記事ですが、上記の姿勢の違いがAmazonと楽天のサービスの間に存在しており、そこから想像される未来は恐らくAmazonの方が快適そうである(国内の既存勢力との調整とか色々理由はあるかと思いますが)

『Amazonで検索して楽天で購入する「日本への納税を心がけた楽天ユーザ」』であることを心がけている身としては非常に歯がゆく残念に思う結論(日本語書籍という文化的資産の命運を外資のAmazonに委ねてしまうことへの懸念もある)

将来の楽天Books、およびKoboに関して大きな改善を期待しつつ、もう少しリサーチしてみる

Leave a comment

Search and Archives