« 嵐とともにやって来て、嵐とともに去っていく | Home | インターネットと井戸端会議 »

May 142014

スマホで3Dモデル撮影

3Dプリンタの出現で3Dオペレーターの需要が上がるのではなく、誰でも簡単にモデルを作れる方向に技術が進化し、一定レベル以上の人じゃないと生き残れないというこのご時世。

「3Dプリンタキタ━(゚∀゚)━!」と3Dソフトを買ったりする人は、すごく覚悟のある人か、時代の流れを読めない人のどちらかなのだろうなと思った。

一昔前の感覚なら作成技術の習得という思考がメインだったし、その世代として理解もできるんだけど、時代が求める価値は一歩先のWhatのに進んでいる感じ。
うまく流れを見極めないと一気に澱みにハマる怖さがある。

関連

Leave a comment

Search and Archives