August 2014 Archives

Aug 312014

東方力丸

ワンピース始まりました

松陰神社で見ることができるなんて!
(子どもたちにはただで読んでくれていたけれど、良かったのかしら??)

Aug 272014

赤福

久しぶりに赤福ゲット 子供達で全部食べるらしい

大阪出張のおみやげにいつも赤福を買おうとするのですが、夕方だと軒並み売り切れでなかなか入手することが出来ません。
しかし今回の出張では早めの時間にゲットすることが出来ました。

元々私は赤福が好きなのですが、子どもたちも大好きで朝食として赤福を平らげてしまい、私はひとつも食べることが出来ずとても悲しい。
次回はもう一回り大きいのを買いたいと思います。

Aug 262014

大阪城

暑ーい
デカイ
ソフトクリームを食べる40代オッさんと大阪城天守閣(自画撮り) 帰ります

出張で大阪に行ってきました。
予定より少し早く終わりましたので、念願の大阪城に行ってきました。
今までみた城郭の中でダントツで大きく、本丸に行くまでが遠かった・・・。

工期を見積もりながら見学して20年ぐらいと算出したのですが、その後ネットで調べると本丸に1.5年、すべてを作るのに15年かかったとのこと。
ただし元々そこにあった石山本願寺の濠や石垣の基礎になる土塁を流用しているとのことで、流用分の工期を5年と考えると、まぁ土木の世界を離れて15年以上経ちますが、見積はそこそこいけるんじゃないかと良くわからない満足を感じました。

あとは姫路城と名古屋城を、死ぬまでに見に行きたい

Aug 252014

ものこと祭り

ものこと祭り

昔は賑わっていた世田谷代田駅前の商店街に、ふたたび人が行き交うようにと一日だけ商店街のシャッターが開く、「世田谷代田ものこと祭り」。 いつかこの街が活気を取り戻すようにという思いを込めて、今年も地元のショップや職人さん、飲食店のほか、全国からつくり手を迎えます。

自転車でワイフと次男でブラリと行ってきました。

流れるのは蓴菜
廃材ロボ作った
戦利品

昔の地域密着型の商店街のシャッター商店街化は、大型店舗、コンビニ出店による客離れもさることながら、住居兼の構造が多いことによる、住民の高齢化に伴う流行遅れ、開店休業、閉店等も理由として考えられます。
我が家の近所の松陰神社商店街もそんな感じでしたが、最近若い人たちが頑張って活気がでてきつつある。
ただ若い人たちと話していると、古参とのコミュニケーションの問題はあるようで、なかなか難しい部分もあるようです。
ということで、そういう部分のリサーチも兼ねてブラブラと・・・。

Continue reading ものこと祭り.

Aug 242014

花火 2014

今年はじめての花火。
多摩川沿いに住んでいた時は恒例でしたが、世田谷に引っ越してから子どもを連れてあの人混みの中に出て行く気力がなく行かなくなってしまっておりました。

今年はプリンの旦那さんのお宅に招待頂きまして、くま太も一緒にお邪魔させていただきました。
プリン、そしてプリンの子ども(クマ太の兄弟)も亡くなり、くま太とクマ太パパだけです。
時の流れを感じます。

ちなみに長男の一歳下のお子様がいらっしゃるのですが、子ども三人は花火よりもゲームに夢中でございました・・。いや、本当にゲームの中毒性は恐ろしい物がある・・・

Aug 202014

Windows updateでブルー・スクリーン

2014-08-19-09

ブルースクリーンが2014年8月のWindows Updateで発生・起動不能の可能性、マイクロソフトがアンインストールを推奨 - GIGAZINE

木曜日からマシンを起動し続け日曜の夜中に作業が収束したのでShutdown。月曜は自宅作業で、火曜日出社してマシンを起動したらブルースクリーンの繰り返し。
セーフモードも全部アウトで、再インストールを覚悟。

事務所で使っているマシンはHP製のため、HPの復旧ディスクから再インストールしようとしたら、「システムの復元」というメニューが出てきたので、そこからUpdate前まで復元して復旧。
通常のWindowsインストールディスクで同様に復元できるかはちょと不明。

ただしWindowsの終了ボタンには「Update」アイコンが表示されており、Shutdownと同時に自動でUpdate適用されそうな雰囲気のため、マシンは起動したままの状態であります・・・汗

とりあえずこの状態で作業をしつつ、MSが問題を解決してくれるのを待ちたいと思います・・・

Continue reading Windows updateでブルー・スクリーン.

Aug 192014

境界

だんだん境界が曖昧になってきている。
もう少し時間はかかるだろうけれど、ウェアラブルの進化の先には情報拡張だけでなく、この方向もある。

遠い昔、某N***Nさんの案件で顔へのプロジェクションマッピング企画がNGだったのを思い出した。
ま、メーカーとしては推奨できないよな・・・致し方なし。

Aug 182014

イラストレータ用、iPhone、iPad UIキット

Free iOS 7 Illustrator Vector UI Kit for iPhone and iPad « Mercury Intermedia | Premium mobile apps | iOS & Android

Fireworksが開発中止を宣言されてから、デザイン作業全般をIllustratorにシフトしつつありますが、スマホのUIキット系は作業短縮の意味で本当に助かります。
特に世の中PSD系が大半なので、AI系はありがたい限りです。

今回のは、今まで見たものの中で一番精度が高いのではないかしら?
(iOSがバージョンアップするとまた作らないといけないので、この辺本当はAppleが支給してくれればいいのにと思ったりしますが)

ちなみにWeb系だとBootStrapのテンプレキットがモックアップ作るときに比較的便利。
Download Bootstrap 3 UI Kit

Continue reading イラストレータ用、iPhone、iPad UIキット.

Aug 162014

夜の動物園

横浜のズーラシニアに行ってきました。
先週に引き続き雨が振りましたが、結果として涼しかったなと。

Aug 152014

日本語字幕が・・・

なんでやねん!

Aug 142014

セミの羽化

蝉の羽化

先日仕事から帰ったら、ワイフから「公園でセミの羽化を見ているからちょっと来い」と電話がありまして、出かけてきました。

公園についたら何故か地面で羽化しているのをワイフとマイソンが見守っておりましたので、羽が伸びるよう指に止まらせて樹の幹に止まらせてあげました。
なんとか羽も綺麗に伸びきったので大丈夫だろうとおもいます。

で、家に帰ろうかという時に地面を歩いている幼虫を発見しましたので、そのまま家につれて帰り、家で羽化を観察することに。
マイソンは頑張って写真を撮っておりましたが、さすがに25時ぐらいにはソファーで爆睡しておりましたので、代わりに羽化の様子を撮影。
トータル時間として2時間半ぐらいかかりましたが、自分も明るい場所で羽化を最初から最後まで見たことがなかったので、良い経験でした。

まだまだ人生経験してないこと山盛りだなと実感いたしました。

きちんとカメラを固定してtime lapseとかできたら良かったのですが、三脚がありませんでした・・・残念

Continue reading セミの羽化.

Aug 132014

生きることと死ぬことの設計

病院がないほうが死亡率が下がる! 夕張市のドクターが説く、"医療崩壊"のススメ | ログミー[o_O]

「誰もが死ぬ」という前提を無視した「生きる==正、死ぬ==悪」的な思考は、UXD的にはペルソナの不足によって引き起こされた現象で、UXD的に解決する場合、ペルソナの追加、もしくは超長期的なCJMの作成という手法によって検証ができるような気がします。
ただ、人の生き死にの話ですから、ペルソナのデモグラに非常に主観的な前提条件、死生観が入ってくることは否めない。
ジョブスへの弔辞の中の一節で有名な

私たちはみな、最後には、途中で死にます。
物語の途中で。
たくさんの物語の途中で。

は個人的には真だとおもいます。
そして従来の医療は暗黙的にこれをペルソナとして駆動しているように感じます。

Continue reading 生きることと死ぬことの設計.

Aug 122014

3年後ぐらいに多発しそうなこと

失敗したスタートアップと、スタートアップ支援会社の間の裁判
そんなん巻き込まれたら嫌だわぁ・・・

詳しくは知らんけれど、序章的にこんなんもチラホラと・・
The Startupの梅木雄平さんにコンサルを依頼した結果wwww | 谷町九丁目のキッドスターダスト
TheStartup梅木は有料コンサル顧客の利益を守らない

Aug 112014

拱手傍観

「特別である」という思考は厨二病の延長で、何か強烈なコンプレックスが背景にあるのだろう。

「小説家はパン屋や八百屋と同じ商売なのよ。
あなたは小説家が特別なものと思っているところが作家として未熟なのよ」
宇野千代が瀬戸内寂聴に語った言葉。
「小説家はパン屋や八百屋と同じ商売なのよ。... - 脳の皺

Aug 102014

拱手傍観

一番成功する方法と、一番失敗しない方法が別であることを分かってない。

WORLD HAPPINESS 2014

真心と豪雨
WORLD HAPPINESS 2014 | ワールドハピネス2014
台風の迫る嵐の中家族で参戦

カッパなどの準備に手間取ってPuffyが見れなかったのが残念でしたが、真心、くるり、電気グルーヴ、細野さんが見れて楽しかった。
子どもたちはきゃりーぱみゅぱみゅで盛り上がっておりました。
実際きゃりーぱみゅぱみゅの盛り上げ方はとても勉強になることが多くて、感心しきり。

初見のバンドでは「赤い公園」というバンドがとても良かった。
女性4人組ですが、ギターとベースが狂った感じで、ちょっと注目したいなと・・

天候の方は雨も降ったり止んだりしつつ、電気の時に大嵐。
伝説のフジロック初回ほどでは無いでしょうけれど、それで盛り上がった感じがあって良かったです。
(全体として涼しかったので、子供の熱射病を心配していた身としては逆に安心)

唯一残念だったのが、強風で音があちこちに飛んでる状態になっていた部分。
せっかくのライブなのに音圧に身を委ねられなかった。

また来年のラインナップが楽しみです。

Continue reading WORLD HAPPINESS 2014.

Aug 092014

おはなしの森

せたがやこどもプロジェクト2014子どもとおとなのための◎読み聞かせ 『お話の森』 | 世田谷パブリックシアター/シアタートラム

ローリー寺西のおはなしの森。
ワイフとマイソンはもう3年目ですが、次男も4歳になったということで、家族全員で観劇。
若干間の悪さを感じたりもしたけれど、これもローリー寺西の芸風なのかな?

舞台構成はステージ上に机がおいてあり、その上に、本、MacBook、ティーセット、足元にはエフェクター(型番忘れた)、そして黒のフェンダーが1本というシンプルな構成。
BGMは彼自身がMacBookを操作して選曲。(曲のチョイスが「ハトヤ」のCM曲、「老人と子供のポルカ」など非常にハイセンスでした)

Continue reading おはなしの森.

夏の牡蠣

嫁と二人で呑んでいたら、知り合いと偶然出会ったり、新しい出会いがあったりと良い時間を過ごしました。
夏でも牡蠣天国Photo
昨日は何時に店を閉めたのか心配 遅くまですいませんでした

Aug 072014

言葉にするとおどろくほど陳腐になるもの

Aug 062014

8月6日8時15分

広島に原爆が投下された日
遠く離れた東京から原爆記念式典の中継を見ていた。
小さい頃から感じているのだけど、もう少し「原子爆弾とはなにか?」ということを伝えるような構成になっていても良いのではないかなと思った。
式典を見ながら、子供に質問されたのだが、言葉だけではなかなか説明できなかった。

今日のテレビ番組で原爆に関係ありそうなのは2つぐらいだった

* NHKあさいち「進む風化 子どもたちに戦争をどう伝える」
* NHKスペシャル「水爆実験60年目の真実~ヒロシマが迫る"埋もれた被ばく"~」

風化しているのか、広島以外では昔からこんなかんじなのかよくわからないけれども、
原爆というものが何なのか?なぜそれが投下されたのか?
反対、ダメだなんて言う前に、そういうこともきちんと伝えないと
ただのスタイルになってしまうような不安を感じた。

Aug 032014

わかりやすい社会

佐世保の女子高生殺人事件
マスコミは彼女に犯行に至る特別な理由を宛てがい、異なる存在に位置づけようと躍起になっている。

ところが、当の女子生徒が弁護人を通じて、「父親の再婚には賛成だった」「新しい母親が来てうれしかった」などとする声明を出したことから、この「再婚」説も行き詰まる格好となった。そもそも女子生徒は小学生時代にも同級生の給食に洗剤を混入させる事件を起こしており、「親の再婚への反発」というわかりやすい図式だけでは説明できない。
Ref.佐世保殺人1週間、二転三転の「動機探し」 見えぬ「心の闇」...まるで「異邦人」の声も (J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

わざわざこの声明を出した意図は「理解しやすいステロタイプで駆動する社会」への反発なのかもしれないというステロタイプにまとめてみるパラドックス・・・

UXDで汎用的なパターンにユーザを定義するペルソナを設計時に作成するが、それを利用するときに、自分自身すらわかってない人間であることを理解した上で駆動しないとイカンなと思う。
ヘタすれば人間が間違ってるなんてナンセンスな結果を導かないように・・・

基本、我々はこれまでの人類の歴史における「殺した側」の末裔であり、この世で発生したすべての犯罪を犯す能力を秘めている。

Aug 022014

パレスチナ問題

B・イーノ、ガザ攻撃を繰り返すイスラエルをアメリカはなぜ支持するのかと問いかける (2014/08/01) | 洋楽 ニュース | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト

中学生の時に広河隆一の本でパレスチナ問題に衝撃を受けて、30年ぐらい。
未だに戦争は続いていて、子どもたちは犠牲になっている。
映画Promisesで感じた人間レベルでの希望は大きな波で押し流されて芽吹く気配すらない。
イスラエル建国のキッカケとなるWWIIで、ドイツと同盟国だった日本は何ができるのだろうか?
いや、そこに国という概念を持ち込むこと自体が同じことの繰り返しなのだろうか・・・?

何のための戦いなのか?
人が殺し合わないと解決しないことなのか?
他の方法は無いのだろうか・・・

Search and Archives