November 2014 Archives

Nov 262014

四月は君の嘘

ノイタミナのやつ。なかなか面白い。
ぱっと見、少女漫画っぽく見えるけど、構造はスポ根漫画。
スポ根マンガを「カワイイ絵」+「文化系」で再構成するとこうなる。
なので女子というよりも、乙女系男子にドストライクなのだと思う。
オレとかオレとかオレとか・・・

でもノイタミナでは演奏曲を全尺流すという結構なチャレンジをしていて、ピアノ曲を聴くだけの視点でも非常に聴き応えのある番組になっていて、泣きそうになる。

Nov 252014

冬が来ます

黄色黄色黄色
冬が来ます

Nov 242014

ユレル兄弟

Nov 232014

ANIMAL by Stephanie Quayle

やっと行けた。しかしほぼ欲しかった作品は売約済みだった・・・残念
もう初日で大半が売れてしまったらしい。次はオープニングにきちんと行くようにしよう・・・
非常に良かった しかしほぼ完売(^^;;
2014-11-23 14.04.43
2014-11-23 14.05.40
2014-11-23 14.05.57
2014-11-23 14.09.52
2014-11-23 14.26.20

Nov 202014

白子のソテー

2014-11-22 22.29.13
最近のお気に入り
さっぱりしたフォアグラみたいで美味しい

Nov 162014

学芸会

小学校学芸会 演劇経験者が結構いらっしゃる感じで本格的なり

小学校の学芸会
どうも演劇経験のある子どもが多いようで、レベルが高かった。

Nov 152014

金目鯛

金目鯛
行きつけのお店で金目鯛の煮付け

Nov 132014

人に仕事を任せるということ

Nov 102014

しのいでいく

イヌはルイーゼがふたりになったことをうけいれた。 まず、小さな女の子を好きになる能力を二倍にして、それから、それをふたつにわけたのだ。 だれでも、自力でなんとかしのいでいかなければならない。

歳をとって小難しい本ばかり読むことが多くなったので、気分転換に中高生の頃に読んだ本を改めて読んでみたりしている。

改めてこの本を読んでみると、ジブリがこの作品をアニメ化しなかった原因を考えてしまう。
宮崎駿の好きな要素は結構含まれているような気がするが、男子要素(空、機械、海賊やら・・・)が皆無だからなのかなぁ・・・。確かに、アリエッティ的な感じになってしまいそうな気はする・・・。

本を再読するという行為は、内容だけでなく、読んだ時の状況・気持ちを同時に呼び起こしてくれるので、心理的にリフレッシュも出来て、結構オススメ。

Nov 092014

祭り祭り祭り

毎年10月、11月は毎週お祭りがあります。
今週はビオキッズと学校系のこどもまつりの2本をはしご。
面白いけど疲れる・・・
ウッドストック的なヒッピー感
廃校で児童館イベント

Nov 052014

「ユーザのため」は何のため?

「ユーザのため」という耳触りの良いオウムのように連呼される言葉が、自分が生き残るための戦術の一つに過ぎないことを失念した先には落とし穴が多数出現してくる。
日本人には自己犠牲、滅私奉公を美徳とする文化傾向があるので、感覚的にそれと混同することで一種の陶酔感を得ている可能性があるのだけど、そこは注意。

「ユーザのために」と連呼するUX系コンサルがいるならば、そのコンサルが本当にクライアント(ユーザ)のためにどう稼働しているかを見定め、その延長線に何が待っているのか推測しないと落とし穴に落ちる可能性がある。

Nov 012014

世田谷楽市楽座

雨が降ってましたが、嫁と2人でぶらぶら
昼からは久しぶりのパーマ
戦利品
ほうせきぞうむし ゲットしました
パーマなう
トッキュージャー

Search and Archives