June 2015 Archives

Jun 292015

先週のURL

Jun 282015

セタブンマーケット

家族でブラっと。
ネイチャーコラージュのワークショップで子供と一緒にモソモソ謎なオブジェを作ったり、中国の謎めいたトランプ牌をゲットしたり。
公園でお弁当食べて、もやーんと帰宅。のんびりした日曜日でした。

セタブンのフリマ

image

Jun 252015

山口小夜子  未来を着る人

Jun 232015

Adobe Creative Cloud 2015 で以前のバージョンを削除しない

「以前のバージョンを削除」しない方法。概ねこちらに書かれている内容で問題なし。
ただしいくつか細かい部分を補足。

1)「すべてアップデート」を選択しない

2015-06-22_184316 「すべてをアップデート」をクリックすると、デフォルト設定で一気にアップデートされる可能性があるので、面倒ですがアプリ別に「アップデート」ボタンをクリックするのが安全。 「アップデート」ボタンをクリックすると[詳細オプション」が設定できるダイアログが表示されます。
Continue reading Adobe Creative Cloud 2015 で以前のバージョンを削除しない.

Jun 222015

デザインの死角

プロセスでなくリザルト

近所に行く用事があったので、gggで行われているライゾマさんの展覧会に行ってきました。
もう少しプロセスが表現として利用されているのかと思いましたが、結果のほうが多かった。
ただ紙出力でこういう統計表現はあまり見たことが無かったので面白かった。

個人的にはこの統計表現から違う次元の表現に展開するとかあったら面白いな―と感じた。
(音に変換するとかかしら?)

Jun 212015

先週のURL

Windows MediaCenterが亡くなるというので、その代替を検討

言わんとしていることは分かる。ただそういう人はホリエモンよりも少ない気がする

圧迫面接みたいな感じな、いわゆる「心を折る」ようなアプローチ。好きなモノを嫌いにさせる技。手法としては分かる、ただどうなんかなーと思う。

全般的にこれはそう。人は自分は思っているほど理性的じゃないことを理解すべき

すごく気になっている・・・

「メディア」の定義から『「機材」「技術」「発信力」』の3点は失われつつある。より思想的な方向にシフトしていくのだけど、果たして集合としてその「思想」を統一できるのか?それは個人の方がより先鋭化されるのではないか?しかしその個に分散した結果強度が失われるのではないか?というジレンマのサイクルに陥っている

素晴らしい試みだと思います。

よく「自然は体にやさしい」というが、自然ほど恐ろしい物はない。それに対抗するための化学が、たまに自然より恐ろしい事になったっつー場合があるっつーことだ。

面白い。そろそろ大前教を立ち上げて良い気がします

デジタルシミュレーションを現実にフィードバックしているような雰囲気。ああなるほどと思った。

やはり、それなりの実績のある人は、上手にしゃべる。

こういうサービス、実際自分で使った上で提案とかできたらいいなぁと思うけれど、なかなか自分でECはやらん。

正直よくわからんけれど、今後にとって大事なことが色々かいてある・・・はず

失敗例は表に出ず、ただ消え去るのみ・・・

今度やってみよう


Jun 182015

敦―山月記・名人伝

image
野村萬斎の「敦―山月記・名人伝」を観てきた。
最小の構成で、動きとライティング、そして知恵で世界を構築する舞台の世界はとても面白い。
夢と現実の境界が曖昧になるのは毎度のことですが、山月記は時に激しかった。

後で知りましたが、ライゾマさんが舞台演出で参加されていたとのこと。
おそらく名人伝の体の形にあわせて映像表現を重ねていたところかな?
よくわからなかったけれど・・・。

何にしても深く浸れて良かった

Jun 172015

電子書籍の脅威

アマゾンKindleの文学まとめシリーズはすごい・・・。
本棚には入りきらない量の書籍が一冊にまとまって、しかも安価・・・。
この安売りを「文学に対しての冒涜」と捉える向きがあるのかよくわからないけれど、それよりも、これだけの書籍を購入しても、それを他人(子供)に共有できない「本の貸し借り」という文化の断絶の方が気になる。
(ちょうど先日、その辺エントリーしている「物体に依存した情報移動 - APEIROPHOBIA」)

個人的には子供向けの世界文学などを電子書籍化してもらえると、子供にタブレットを与えても良いような気がしているけれど、電子書籍アプリにそういうペアレンタル機能など存在したものはあるのだろうか?
(今のところAmazon、Google、Koboの3つをそれぞれ使ってみた感じ、そういう機能は無く、あくまで個人利用みたいな雰囲気ではあるけれども・・・)

Continue reading 電子書籍の脅威.

Jun 132015

5歳になった

image
次男が無事5歳になりました。
プレゼントは次男の好きなロビー貯金箱。

誕生日の料理は次男の好物のカレーを長男が作ってくれました。
なんだかバトンを渡し終わった後のホッとしたような、寂しいような気分。

流産しかけたことなんかを思い出しつつ、今のこの健やかな状況にただただ感謝。


Continue reading 5歳になった.

Jun 112015

直感の精度

共有プロセスが重要視される昨今、その伝達形態として「言語」への変換が行われますが、その過程で失われる存在があることには注意。

* 共有情報自体に「言語可能な情報である」というバイアスがかかっていること
* 言語以外の「絵、音楽、映像」が言語表現範囲を超えた部分の意思・情報伝達要素を持っていること

その辺を認識した上で、言語による共有を発信、受信。

言葉に置き換えてしまうと「つり上げるもの」が少なくなるんですよ。 そこで、なるべく正確さをキープしつつも、イメージの豊かさを損なわないために、「直感の精度」を上げようとそういうふうに、考えるようになりました。

この辺読んでいて、中島敦の名人伝を少し思い出しました。
名人伝 / 中島敦

Jun 092015

視覚障がい者向け使い方教室 for iPhone

元々iPhoneはUsabilityに対して野心的なデバイスですが、その「デバイドを解決する」の活用を促す素敵なアプリだと思います。
キャプチャ画面でみられる画像を用いた解説が、視覚障がいを持つ人にとってどのように伝わるのか?少し疑問はありますけれど、サポートの人向けかしら?
少し感動したのでメモ

後で試してみる。

Jun 082015

GoogleフォトとPicasa

Googleフォトが本格リリースされました。
我が家はPicasaで写真を管理していますが、スマホ端末撮影した写真はDropbox(Carousel)と連携して、旗艦PCに保存し、デジカメで撮影した写真と統合して管理するという構成になっています。

ただPicasaが数年前にGoogleフォトと結合しはじめたころから、Android端末で撮影した写真の自動バックアップが流れこんだりして、少し管理体制がややこしい状態になっておりました。(自動バックアップをOFFにしている)

当時からGoogleの意向としては「データ保存先はローカルや端末でなくサーバ」という印象でしたが、実際スマホでバックアップした写真まで提示されるのはTPO的に情報過多だったのと、端末側のディスク容量への負担が大きく、改善されないのかなぁと願っておりましたが、どうもその辺改善されることなく正式リリースとなったようです。

Continue reading GoogleフォトとPicasa.

Jun 072015

モノを売ること、買うこと、そしてお金を稼ぐこと

今日は松陰神社商店街でレモネードを売っていますよ

先日地元の松陰神社商店街の蚤の市にレモネード屋さんとして出店しました。
主役は子どもたち。

仕入れから仕込みまではワイフと二人でやりましたが、当日の販売は原価計算から、損益分岐点などをざっと説明して、長男とその友達の女の子にチャレンジしてもらいました。
キッカケは長男のお金に対しての感覚が、作業に対して対価が確約された「お手伝いのお小遣い」になっていることが、果たして彼らの将来に良いことなのだろうか?と疑問を感じ、「お金を稼ぐ」という資本主義における「生きる」ことの根幹を早めに体験させておいたほうが良いかなーという漠然としたものでした。

Continue reading モノを売ること、買うこと、そしてお金を稼ぐこと.

Jun 052015

memo 非自然両眼立体視コンテンツの安全に関する医学的エビデンス

Jun 042015

子供向けロボットメモ

Jun 032015

Material designは触覚フィードバックのデバイス進化を加味しているか?

未来のデジタルUIは抽象的な方向に進化すべきであり、GoogleのMatrial designは時代に逆行したskeuomorphismへの回帰だという意見をチラホラと目にすることがある。
言わんとしていることも理解できるし、1つの解答であると思う。

しかしデジタルはソフトウェアとハードウェアの2つの要素にて構築される。
ソフトウェアとハードウェアを介在するUIデザインは双方の状態に依存した形で存在する訳で、その片翼のデバイス側では物理状態の再現へと技術が進歩しつつある。

Continue reading Material designは触覚フィードバックのデバイス進化を加味しているか?.

Jun 022015

くま太10歳になりました

image

くま太、6/1に10歳になりました。
人間での70歳、もう立派なおじいさん。
これまで大きな怪我も病気も無く元気ですが、この数年睡眠時間と白髪は増えてきました。
小さい頃はやんちゃで大変でしたが、性格も年齢とともに落ち着いてきました。

日々、子供達の相手をしてくれて感謝。

Jun 012015

五感の再現

Search and Archives