« 視覚障がい者向け使い方教室 for iPhone | Home | 5歳になった »

Jun 112015

直感の精度

共有プロセスが重要視される昨今、その伝達形態として「言語」への変換が行われますが、その過程で失われる存在があることには注意。

* 共有情報自体に「言語可能な情報である」というバイアスがかかっていること
* 言語以外の「絵、音楽、映像」が言語表現範囲を超えた部分の意思・情報伝達要素を持っていること

その辺を認識した上で、言語による共有を発信、受信。

言葉に置き換えてしまうと「つり上げるもの」が少なくなるんですよ。 そこで、なるべく正確さをキープしつつも、イメージの豊かさを損なわないために、「直感の精度」を上げようとそういうふうに、考えるようになりました。

この辺読んでいて、中島敦の名人伝を少し思い出しました。
名人伝 / 中島敦

Leave a comment

Search and Archives