« 国士舘学祭 2015 | Home | LA GODAILLE »

Nov 062015

Creative Cloud Librariesを使ってみた

Adobe Stockおよびリンクされたアセットを使用するCreative Cloud Libraries | Adobe Creative Cloudチュートリアル

Adobe製品の新機能Creative Cloud Librariesをillustratorで使った所感メモ。

結論から言うと、アセットの共有は非常に半端で制作過程における「管理」目的での使用は難しいレベル。
以下詳細

  • グラフィックアセットに関して
    • シンボルとの境界が曖昧。位置づけとしてはリンクファイル延長の概念。(個人的にはシンボル的なものを期待していただけに落胆が大きい。)
    • 変形リセットがない
    • 共通選択ができない
    • 置換がない
    • グラフィックアセット間の入れ子ができない。(入れ子アセットの変更が反映されない。更新ボタンを押しても無理。親のアセットを編集すれば反映される)
    • シンボルに共有アセットを含められない(これはリンクファイルとして考えれば今まで通り)
    • イラレ互換PDFで保存すると共有アセットのリンクが保持されず、保存後再オープンでグラフィックに変換される
  • 文字スタイルアセット
    • 再編集できない(従来の文字スタイルのようなStudy利用ができない)
  • カラーアセット(塗、線)
    • 色の変更は可能。ただしスウォッチのようなグローバルカラーを用いた一括管理はできない。

デザインFixしたガイドラインライブラリのような使い方ならいけそうですが、それでも厳格な運用ルールが必要そうな印象。

Flashのライブラリのような完全な一意性を維持して同期する形が望ましいのだけど、難しいのかしらねえ・・・。
そもそも「シンボル」自体が半端な昨日なので、そっちをなんとかしてほしかったりする。

Leave a comment

Search and Archives