« Google+のアップデートでイベントが削除されるという糞対応 | Home | 次男の七五三 »

Nov 252015

死刑執行中脱獄進行中

夫婦と友達と観てきた。これは原作を知らないほうが良かったかもしれない。
空間と時間を歪めるバレエ(ピナ・バウシュ)と、没個人化と反復によるトランス醸成する舞踏への挑戦を強く感じる舞台で、演劇というよりは、身体表現の挑戦という印象を受けた。
一般的な作品もやりつつ、こういう挑戦的な試みも実行する森山未來のその意志の強さと、才能には惚れ惚れする。

そしてこの熱い舞台を見た後に、仕事のキックオフ飲み会に参加。
なかなか自分の中のテンションを切り替えるのに苦労したっす、マジ泣けたっす。

Leave a comment

Search and Archives