« 先週のURL | Home | シルヴィ・ギエム "Life in progress" »

Dec 152015

概ね語られていることに賛同。
ただ、一点これに加えるならば「愛」である。
文中に『妻「私、これを買っても愛せないかなあ。」』という発言があるが、これである。

機能やニーズや見てくれだけでなく「愛」重要。
愛は短所を長所に変えることもできるジョーカー的な存在。

UXは人間は『「愛」を完全には説明できない』ということを踏まえた上で検討しないと、「足りないものは無い」ハリボテになってしまう危険がある。
人類の歴史の中で詩人が「愛」について答えを出せていないように、我々はもっと「愛」について真剣に考え、悩む必要があるような気がする。

というポエム

Leave a comment

Search and Archives