« シーカヤック駅伝 | Home | オープンな秘め事 »

Jun 062016

シェアリングとオーナメントの境界

人はどこまで所有を放棄できるのか?
人類の所有の経緯となる制約の解放に情報産業が大きく寄与していることは疑いようがないが、
その時、未だ技術革新の及ばぬ「存在の空間」に関係する共有と所有の垣根がどのように処理されるのだろうか?

Leave a comment

Search and Archives