« 天龍源一郎引退記念おせち | Home | NTT東日本による公衆電話の撤去 »

Feb 072017

docomoから楽天モバイル乗り換え計画(Galaxy S6 SM-G9200)

仕事柄、iPhone(ソフトバンク)とAndroid(ドコモ)の2台持ちなのだけれども、Skype、Hangout、Slackなどの台頭で電話での仕事のやりとりが昔に比べてかなり少なくなったのと、データ通信も事務所WiFi経由が大半で、3GB/月程度ぐらいしか使っていない状態ということで、更新期間に合わせて、20年近くお世話になったドコモから格安SIMへの切り替えを検討してみるメモ。

楽天モバイルへMNPする時の空白期間と空白期間をなくす方法
楽天モバイル: MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)
楽天モバイルの格安SIMを導入しよう ドコモユーザー編
ドコモから楽天モバイルに移行してから1年が経過したから結果をまとめてみた|GRAY ZONE
docomo(ドコモ)を解約して格安SIMに乗り換える5つのステップ
楽天モバイルに乗り換えを検討してる人に読んでほしい。通話SIMを半年使った感想と愚痴。 | モフログ

追記:2017/2/10

ドコモで転出手続きをしてきた。
ドコモのパスワードを忘れてロックされてしまったので、店舗で解約手続きをしてきた。
ネット上では店舗で解約すると、引き止め工作や手続き説明が冗長で大変という話だったが、案外さっくりと手続き完了した。
ドコモポイントが8,000ぐらい残っていたが、あまり使い途も無いっぽいのでとりあえず無視。

あ、あと、MNP切り替え期間内に手続完了しないと電話番号が消失するという話をネット上で見た気がするのだが、ドコモによると、そのままドコモ継続になるとのこと。仕組みが少し変わったのかもしれない。

ドコモ手続き後は、オンラインで楽天モバイルの登録手続き。

データ通信量は翌月繰越できるし、後でコース変更も可能とのことなので、一旦低めの「3.1GBのコース」を選択して様子をみることにする。
端末はGalaxy SM-G9200で楽天モバイルの動作保証端末に記載されていなかったのだけど、SIMフリー端末はおそらく使えるだろうということで、SIMのみ。
一部ドコモ端末ではテザリングできないとの注記があったが、その辺は要確認。(テザリングはSoftbankのiPhoneを使っているので、特に使えなくても問題無さそう)

登録手続きで本人確認資料の登録があり、免許証をアップするステップを予想していなかったので、ちょっとバタバタした。(スマホで免許証を裏表撮影して添付して終了)
ということで、SIMは日曜日に届くとのことで、それまで一旦待機。

追記:2017/2/13

予告通り楽天SIMカードは日曜日に到着。
すぐに切り替えようかと思ったのだが、ドコモポイントをやはり使っておこうということで、ロックされていたドコモのネットワーク暗証番号解除してもらったりで、切り替えは一日待機。(無事ドコモポイントでグルメギフト8000円分を注文できた)

ということで、以下切り替えて順を簡単にメモ

1 : MNP開通手続き

送付された資料によると、SIMを切り替える前に楽天モバイル開通センターに電話するという指示だったので、とりあえず電話。(ネットだとSIMを入れ替えてから楽天モバイル開通センターに電話など書いてあるページもあったりした)

切り替え対象の携帯から電話して、自動応答で開通処理が完了。
ただ、明日の朝の9時までに開通するというメッセージだったので、SIMカードの入れ替えをいつ行えば良いのか不安になる。
直後にスマホに留守電通知がでてきたが、同時にスマホが「サービスなし」(緊急電話のみ)の状態になり、内容を聞くことはできなかった。(ドコモから解除連絡とかなのか?)
とりあえずすぐに切り替えが完了したのだろうと予測して、留守電は無視し、SIMカードの入れ替えを進めてみる。

2 : SIMカードの入れ替え

スマホの電源を落として、SIMカードのスロットを開く。
SM-G9200はデュアルSIMなので、スロットが2つあり、SIM1にDocomoが入っている状態。(SIM2は空)
SIM1を楽天SIMに入れ替えて起動。

2017-02-13 11.37.46

3 : SIM認識の確認

起動すると「サービスなし」の状態。
「設定」を開いて、「設定/SIMカードマネージャ」を開いてSIMを認識していることを確認。

APN_1
APN_2


4 : APNの設定

続いて「設定/モバイルネットワーク」から「APN」を選択

APN_3

5 : APNの追加

デフォルトAPN設定の中に楽天モバイルは存在していないので「追加」を選択

APN_4

6 : APNの作成

APN設定画面が表示されるので、「名前」「APN」「ユーザ名」「パスワード」「認証タイプ」を資料を元に入力。

APN_5

7 : APNの選択

追加された楽天モバイルAPNを選択して戻る。

APN_6

8 : 再起動

この設定後に電話はすぐに発信、着信できるようになった。
ただブラウザなどがオフライン状態だったので、再起動。
再起動後は問題なく動作。
ということで、WiFiを有効に変更して終了。

あと、メンバーズステーション、楽天SIMアプリ、楽天スーパーポイント支払設定、楽天メールなど、必要なものを随意に設定。
予想以上に簡単に切り替え完了しましたよっと。

補足

一部機種でできないという話のあったデザリングですが、わたしのGalaxy S6 SM-G9200では問題なく利用できました。
参考まで・・・。


Leave a comment

Search and Archives