« 新校舎 | Home | 著作権を超えたところ »

Apr 082017

視覚認知に対する文化的影響

ジワジワくる研究結果。
ここまでRowレベルの視覚認知に文化影響があるのは、ちと衝撃的。
Highレベルな要素に文化的影響があるのは当然として、Rowレベルのものは「人間」という種族レベルで暗黙的に考えられていたフシがある。

日本の人と北米の人ではものの探し方が違う -- 京都大学

2017年03月27日
上田祥行 こころの未来研究センター特定助教、齋木潤 人間・環境学研究科教授、北山忍 ミシガン大学教授、Ronald Rensink ブリティッシュコロンビア大学教授らの国際共同研究チームは、視覚情報処理のみに焦点を当てたシンプルな課題を用いて、文化が視覚情報処理に与える影響を分析しました。北米と日本で実験を行った結果、傾きに対する剌激を扱った課題では差がみられるなど、思考や推論といった高次の認知だけでなく、基礎的な視覚処理もその人が属する文化による影響を受けていることが示されました。

現場への適用という面で見てみると、現状はあくまで視覚認知のレベルの話だし、差が発生する理由も不明な状態のため、理論的な取り込みはまだ難しく、従来通り「知見」的判断に依存せざるを得ない。しかし、デザイン時の条件として知っておいた方が良さそう(諸刃の剣っぽいけど)。


ガラパゴス云々もこの影響があるのかは見当つかないが、世界で使いやすいと言われているデザインも、実は日本人には最適でなかったりするものは多々ありそう。(元々そういう認識はあるにせよ、もう少しHighレベルの範囲だと思われていたと思う)これが海外生活などで補正できるものなのか不明だが、UIや情報設計なんかにグローバルスタンダードを盲目的に適用するのは、Rowレベルからずれる可能性があるのかもしれない。

しかし、これが「文化」と重なる部分が多い「人種」「気候」などの影響でないのか?など、いくつか疑問あるのだけど、これまで、海外のデザインやサービスに触れたり作ったりしてきた中で、収まりがつかなかった違和感に折り合いをつけるのには便利な研究結果かもしれない。

Leave a comment

Search and Archives