Recently in Interactive Category

Sep 262014

平均文字は美しい

Aug 192014

境界

だんだん境界が曖昧になってきている。
もう少し時間はかかるだろうけれど、ウェアラブルの進化の先には情報拡張だけでなく、この方向もある。

遠い昔、某N***Nさんの案件で顔へのプロジェクションマッピング企画がNGだったのを思い出した。
ま、メーカーとしては推奨できないよな・・・致し方なし。

May 282014

「いろぴこ」×「Philips hue」

Mar 052014

Kinetic Sand

色々なサイトで話題になっていたKinetic Sand
リサーチするため、品薄の激戦をくぐり抜け購入。

触感は全体としてはサラサラの砂糖のようで、その中に少しオクラのような粘り気がある感じ。作った団子が崩壊していく際には、透明の粘液の糸が見えた気がして、エイリアンの孵化を思い出したりした。

子どもたちは喜んで遊んでいたが、長男は既存の粘土との違いを楽しみ、次男(3歳)は粘土を触っていることが楽しいといった感じで、重力で崩壊するなどのKinetic Sandの特性に対して、微塵も違和感を感じていない(理解していない)雰囲気だった。

Continue reading Kinetic Sand.

Jan 122014

電子工作メモ

Feb 092012

スイートスポットなんてない

興味深い記事を見つけたのでメモ。
意外と知らないメニューの罠 : ギズモード・ジャパン

情報レイアウトで「スイートスポット」と呼ばれるものがあります。簡単に言うと「ユーザの目につきやすいエリア」ってこと。紙媒体だけではなく、店舗でも、テレビでも、Webでもそういうエリアが存在し、デザイナはそこに思惑を込めて情報を配置してゆきます。信憑性に関しては、根拠となるロジックがなんとなしに経験則的にマッチしたりというボンヤリとした場合が多かったりしますが・・。(Webの用にユーザ操作にリアクトする媒体に関してはポジションだけでなくタイムラインも関与してきます)

元々はきちんと科学的に測定された結果に、それらしい文脈の付いた理由が定義されているのだろうと思っていたのですが、そうでも無かったっぽい。という記事です。

レストラン業界のメニューにも同様のセオリーがあるらしく、それは

メニューを手にとると客の目は真っ先に右手真ん中よりやや上に行く。そこを起点に右上のコーナーに進み、上をズイーッと左端まで見て、次に左手を上から下に読み進んで、最後に右下と真ん中の残った部分を見て終わる、というもの。
というようなものだそうです。んが、それを改めて赤外線網膜スキャナーを用いて実験した結果「スイートスポットなんてない」という結果になったという記事です。

あくまで英語圏のレストランのメニューのお話なので、日本でそのまま鵜呑みに出来るか微妙ですが、Webにおけるスイートスポットについてもきちんと測定とかしてみたら面白そう。

以下駄文・・・

Continue reading スイートスポットなんてない.

Dec 222011

人だけでなくみんなにやさしいタッチパネル


facebookで拾ったネタ。
iPadリリース時に人間以外の生物にとっても有効な入力デバイスとして、動物実験に便利そうと思ったわけだけど、ここまでダイレクトに反応してくれる映像を見るともう素晴らしいなと言うしかない。

違った視点から見ると、スマホはセンサーも優秀なので、害獣対応なんてことも使えたりするのかもしれない。(害獣に対しての知識がないので分からないけど)スタティックな物がリアクトするものに変化した瞬間にその効果は無限に広がる気がする。

ゴキブリを呼び集めたり。
すずめをおい散らかしたり。
熊を遠ざけたり。

一方、肉体的なものだけでなく、精神的なものも操れたりするようになったらとても怖い。

ゴキブリを共食いさせたり
すずめの方向感覚を失わせたり
熊を冬眠させたり

動物だと精神的というか本能的といったほうが正しいか?ヤスデの大移動とか、クサフグの満月の産卵とかよく分からないけれど、何がしかのルールに支配されている挙動みたいなの。サブリミナルとかもその一つに考えていいのかな?肉体的変化を伴うものとしては苫米地英人が作った「胸が大きくなる着うた」もあるし・・・(あれは赤ちゃんの鳴き声を聴かせるという脳機能音源の仕組みを用いてホルモンを活性化させるらしい)。可能性は無限に感じるものの、無意識の状態でそういう影響下に置かれていたらちょっと怖い。しかしアプリとか表層は違うことをやりつつ、そういう影響を与えるロジックを組み込むことは可能なんじゃないかと思う。

なんだか話がオカルトじみた感じになってしまったので、ココらへんで終わらせてまとめると、通信機能を持ち、各種センサーを内蔵したデバイス。スマホ。ほんと無限の可能性を秘めたガジェットですねぇぇ~~~。

ref.
胸が大きくなる着うた ‐ ニコニコ動画(原宿)
apeirophobia: iPadが示すひとつの可能性

Dec 112011

elevenplay " dot. " - ipad scene.


on Nov12th and13th 2011.at Laforet Harajuku

Dance performance "dot."by elevenplay.
http://www.elevenplay.net/

プログラミングはライゾマさん。
ARとも言えるのかな?オモシロイ。

Dec 012011

Docomo Palette UI


単純にきもちいい

Jun 172011

12 BEST Kinect HACKS

Search and Archives