« がんばれマツダ! | Home | SEO »

Nov 072003

フラメンコ

スペイン好きとは関係なく、周りにフラメンコの関係者が多い。
で、サイトの制作を依頼されることがあるのだけど、総じてお金は無い。
なかなかダンスとかでは生活を成り立たせるということは難しい世の中のようだ。
ただ実際人を感動させるってチカラはWEBとかと比較にならないぐらい持っていると思うのだけど、それが収入に反映されるのか?といわれるとそれは結構時代のタイミングとかそういうものに依存してしまうのだろう。

個人的にはそういう人の力になれたらよいなと思ったりもするので、引き受けたりするのだけど、なかなか体が空かなくて中途半端な状態での公開とかになってしまっている。
先方の人はそれでも喜んでくれているのだけれども、自分自身がフラメンコをみて感じた感動をサイトを通じて伝えられているのか?といわれるとまったくもって達成されていない。

この辺個人的な甘えの部分の問題で、「お金が無いからこれぐらいのボリュームとクオリティ」という部分と、「クライアントの良いところをサイトを通じてユーザーに伝えていく」というバランスが取れていない気がする。お金が発生しない以上「趣味」としてしまうのか。「趣味」ならそれは自分が思うままに作っても許されるのか?「仕事」としてやる以上は「お金」をもらうべきなのか?とか、そういう部分なんか根本的に何かが欠落しているのが、今の自分の仕事に関しての混乱を招いているような気もしていたりする今日この頃。

ま、それとは別に、今は物とか具体的形に残るものに対して対価を払うことは抵抗なさそうだけど、思い出とか感動とかそういう目に見えないものに対してお金を払うことは抵抗あるのだろうか?そういう部分にもっと価値を見出して、対価を払えるようになったらいいなと思う。

ってか体調がかなり悪いなり。気持ち悪いよう。

2 Comments

「趣味」なら別ですけど、お金の出ない「仕事」をあえて請けるなら、自分にとって金銭以外でその仕事プラスに変えられないとやる意味は全くないっすよねー。オラもその辺のことよく悩みます。極論的なオチを付けるのは簡単なんですけどね。トザキさんがお金以外に意義を見出してやっている仕事なら、ひとまずそれでいいんじゃないですかー?

ども
仕事と趣味の区別があまりついていないのかもしれないです・・・・w
この辺ねー、難しいです。
なやみちゅう。

Leave a comment

Search and Archives