« 花火 | Home | telefon tel aviv »

Aug 142004

エトワール

B00007B93U.jpgエトワール
パリ・オペラ座の舞台裏を収めたドキュメンタリー。2002年。
かなうと確約されなくても、夢に向かって突き進む人たち。普通の人たちのような楽しい生活を捨ててでもそれを?もうとする気迫。夢を?めないまま消えていく人達の後姿。夢を?んだ一握りの人達の一瞬の至福の時間、そして自ら手放さなくてはならない時。すごい迫力でした。
苦労しなくてもある程度の物をつかむことはできるけど、そこより先を望むなら本当に覚悟が必要なのだなと実感。だからこそあんなに美しく人を感動させるのだと納得。
見ていて恐怖のあまり背筋が寒くなりました。

7 Comments

ちなみに、前に住んでいたのは、「エトワール○沢」でした。

ガスが燃えたあの家ですね?w

風呂釜がまっぷたつのあの家らしいですよw。

お風呂がまっぷたつという伝説のあの家らしいですよw。

風呂釜じゃねぇな、と書き直ししたとおもったら

アフゥン (謎)

おれが、不動産管理会社に、風呂割れるは、ガスレンジは使ってないのに火を吹くわじゃ、管理してるといえない、と文句を言ってたら、

その場にいた、消防署の人が「そうだよね、風呂使えない、台所つかえないじゃ、倉庫と変わらないね」って同情してくれ。そのころ、娘は、消防隊長の自慢の多摩川エリアで最新の消防車の操縦席にのって、帽子までかぶらせてもらって運転する真似をしていた。

あの、家です。いまでは、みんないい思い出。

いいなぁ最新消防車・・・

Leave a comment

Search and Archives