« 耄碌日記 1/2 | Home | 大晦日格闘技総括(男祭り編) »

Jan 032005

大晦日格闘技総括(k-1ダイナマイト編)

さて大晦日のダイナマイト、一応テレビ放送分は全部見たので書いてみる。
ボビー・オロゴン×シリル・アビディ
んー、1年でここまでできるようになったのはすごいと言えばすごいのだけど、アビディと総合で試合しても素人同士の戦いなんでなんとも・・。有効打はひとつも無いんじゃないかなあ?グラウンドでのボディバランスがいい感じがするけど、相手はキックボクサーなのでなんとも・・。へー、って感じの試合でした。
秋山成勲×フランソワ・ボタ
毎年思うのだけど、K-1の選手に総合をやらせても基本的に負けるだろと思います。(そういう意味ではミルコはすごいですが)ただ秋山はカッコイイです。

レイ・セフォー×ゲーリー・グッドリッジ
まぁプライドの門番でも、元々は腕相撲チャンピオンなんでK-1の門番のセフォーには敵わないということで・・。
武蔵×ショーン・オヘアー
特にコメントありません。
魔裟斗×山本"KID"徳郁
今回一番面白かった試合。KIDのステップインのスピードは尋常じゃない。腕力も日本人離れしている感じ。ダウン奪ったあとのローブローで魔裟斗が回復したのがちともったいない。後半は魔裟斗にパターンを読まれていた漢字でしたが、アマレス出身のKIDが互角に渡り合ったことがすごい、やはり神の子か?これであと身長が20cmあれば世界でもいけるんじゃないかしら?
藤田和之×カラム・イブラヒム
エジプトからやってきてなにも見せ場を作らないまま壮絶にひっくり返った。死んだかと思った。
ボブ・サップ×ジェロム・レ・バンナ
サップが逃げ回るゆるーぃ試合。アソコまでガード固められるとバンナでも倒せないものでしょうか?「イタイイタイ!」って感じのサップの姿は格闘家として根本的にどーなのか?と・・。
曙×ホイス・グレイシー
なぜ曙が未だにオオトリなのか理解に苦しむ。大晦日に負ける曙は紅白の最期の蛍の光のように風物詩になってしまうのだろうか?K-1には大物招聘の話題よりも生え抜きの育成が求められているような気がしないでもないのだけど・・(巨人も)
 
全体として、大番狂わせはなかったけど、テンションはプライドに比べればまだましだったかしら?個人的にはK-1とプライドをあわせて、その裏でプロレスをやってもらいたいなぁ・・。ただしそれが新日がいいのかノアがいいのかは分からないけれど・・。

9 Comments

あけましておめでとうございます。
個人的には、「魔裟斗×山本"KID"徳郁 戦」と「シウバ×ハント 戦」は見応えありましたね。
魔裟斗楽勝と踏んでいたので、KIDは凄いんだなーと改めて思いました。
逆に魔裟斗がだらしなかった。
「シウバ×ハント 戦」は「シウバ×桜庭 戦」よりは良い試合になったのでは。
でも自分の土俵で勝ちきれないとだめだね。
全体的にカードはプライドの方が面白そうに思えたけど、
試合内容はK-1の方が面白かったでした。

この際、今年の大晦日は裏で、「お茶の間のみなさん、僕たちインディープロレスラー大集合」でもやってもらいたいね、どちらの放送もそれほどスゲーということなく終わったなとおもった。おれも、KID対魔裟斗が一番良かったと思った。ボノボノには、今度はこの際、「ご来場のお客様から抽選」で対戦相手を選んでもらいましょう。

もう内田裕也と一緒に浅草でプロレスやるとかどーでせうか?

裕也さんが、秒殺だろうな。
セコンドは、ジョー山中と、安岡力也

きっと、ニューイヤーズロックで、ボノボノがギブアップだろうな。

New Years Rock = Rock'n Roll~~~!!シェゲナ・ベイビー・ナウ!

New Years Lock = ナガタロックより強烈な、内田裕也の関節技、耳元で意味不明なロック魂をつぶやくことによって相手がギブアップする。

力也は普通に勝てそうですw

ボビーすごいよ。だって肩書きがタレントだし。なのに勝っちゃうし。あんなときでもおちゃらけてるし。大物になるとみた。
っていうか魔裟斗カコイイ。

サダハルンバの思惑に引っかかってる人一人発見しましたーー!
魔裟斗かっこいいけど、陰性なんだよねー。
個人的にはKIDとか須藤元気とかああいう陽性の人に出てきてもらいたい。(解説の船木の重苦しさはなんなんだ?と言いたい)

まあ、解説はバカダも同じような気がするが。でも、Shuttoのコメントは面白い点を上げるね、今のプロレスとかに足りないのは、リング外での選手への思い入れだと思う。むかしプロレスしかなかったときは、リングの外でもプロレスラーが話題を作ってたし、でもいまの選手はリングの外にでると、普通のその辺にいるおっさんになってしまう。その点、ボノボノ、ボブ湿布、まちゃと、ぼびぃー、とかは、普通だったら格闘技を見ない人でも、知っていて、つまらない紅白を見るぐらいならちょっと見てみようとおもうような感じがする。問題はリング外のつかみネタは賞味期限は短いのとネタが全部いっしょ(おしゃれイケメンファイター系など)ということで、今年ことプロレス家族対抗歌合戦とか、8時だよメジャー全員集合!、天才(もしくは天災)猪木の元気が出るテレビ!などを企画してもらいましょう。

外で話題を作っている人が本業で大した実績がないのがどーも歯がゆい今日この頃です。

Leave a comment

Search and Archives