« 大晦日格闘技総括(k-1ダイナマイト編) | Home | 耄碌日記 1/4 »

Jan 042005

大晦日格闘技総括(男祭り編)

美濃輪育久×ステファン・レコ
美濃輪はとてもステキ。彼と元気に今年はがんばってもらいたい。
ジャイアント・シルバ×チェ・ム・ベ
シルバって殆ど勝った姿を見たことがないのですが・・・。
チェよりも杉浦の方が強い気がしました。

安生洋二×ハイアン・グレイシー
安生はUインターの頃は好きな選手だったのだけど、最近のハッスルとかの安生はいまいち好きではない。で、Uインター崩壊のきっかけとなった道場やぶり以来の対グレイシー戦。結果は成す術なしといった印象。マウントされてからの亀のポーズへの移行とか10年前ぐらいの総合の試合を見ている感じでした。
瀧本 誠×SENTORYU
個人的には瀧本にはあまり期待をしていなくて、戦闘竜勝利だと思っていたのですが、試合を見ていくうちに、ちと見方が変わってきました。この人かなり頭イイ人なんじゃないかしら?タイプ的には桜庭タイプの気がします。ちとタックルの練習は必要ですが、それさえ覚えればかなりいい選手になる気配。
吉田 秀彦×ルーロン・ガードナー
デブはデブでも金メダルを取るデブはやはりすごいということでしょうか?体重差を今まで身体能力+技術でカバーしてきたけれど、今回はカバーできなかったかという印象。
ミルコ・クロコップ ×ケビン・ランデルマン
ミルコ恐るべし、すでにK-1ファイターという印象なし。というかロシア勢はすごいです。
近藤 有己×ダン・ヘンダーソン
慎重になりすぎなのか、きれいに決めようと思いすぎなのか、全体としてまったり。
五味隆典×ジェンス・パルヴァー
五味はイキがいいですねー。ただなんかDESは大事に育てすぎ?ま、ウエイト的に相手が少ないのかな?
ヴァンダレイ・シウバ×マーク・ハント
ハントを見ると同じデブでも明るいデブと憂鬱なデブがいるんだなあとつくづく思います。おなじ南の人なのに・・・。
エメリヤーエンコ・ヒョードル×アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
マウント捕られた時のエスケープが三角だけだともうヒョードルには通用しない感じですね。一方でヒョードルもマウントからミスをしないことに重点を置いてしまって、結果両者決め切れないまま有効打撃の多いヒョードルが勝った印象。当然マウント捕られて打撃を受けるのはノゲイラサイドはある程度頭に入れた試合構成だったと思うけど、返せなければただのマイナスポイントですから・・・。なにか三角に変わる新しい対マウント技を考えないといけないですね。
 
ということで個人的には美濃輪育久と瀧本 誠に期待です。

2 Comments

明けましておめでとうございます。今年もこっそり覗かせていただきます。(パグ次郎も元気です!プリンちゃんは相変わらずかわいい!)
新年早々プライド/K-1の評価楽しませていただきました。さすがに鋭い批評ですね。私も瀧本は気に入りました。根本にあるケンカ屋っぽいところがいいですね?。
それにしてもレコとシルバのおかげで小川の価値がどんどん下がってるような気がしますが…。このままハッスルに専念するんですかね?ヒーリングあたりとやってくれたら実力位置がわかるような気がします。
1/4新日本はどうでした?蝶野が2連勝するとは思いませんでした。

1/4忙しくって見れて無いのです・・・。ううう。

Leave a comment

Search and Archives