« マップカメラミュージアム | Home | 長澤奈央 »

Jan 252005

タナカヒロシのすべて

要チェックです。NHK国際映像作家賞2003日本部門最終候補、2005年4月公開。
タナカヒロシのすべて (元々2004年秋でしたがずれたってことかな?)
ちと情報少なすぎるので誰かください。で、鳥肌繋がりでちと朗報。
山田花子原作の「魂のアソコ」もずっと見たいと思いつつ機会がなかったのですが、なんか知らないうちにDVD化されていました。購入はこちらから
オデモちと一山超えたら買いますが、今は無理。メールとか振込みとか処理できませんw

監督・脚本田中誠
出演:鳥肌実、ユンソナ、加賀まりこ、高橋克実、宮迫博之、伊武雅刀、市川実和子、小島聖、西田尚美、矢沢心、日吉ミミ、島田珠代、南州太郎、小倉一郎、清水昭博、芦川誠、手塚とおる、昭和のいるこいる、みのすけ、鈴木みのる、寺島進、上田耕一、赤堀雅秋(劇団The Shampoo Hat) 他

15 Comments

某mixiのコミュで発見してから気になってました。
サイトを見てもどういう映画なのかさっぱりわかんないしー。w
鳥肌実がえらい爽やかです。。。

あ、あと「タナカヒロシ」って全部カタカナで書かれると、おじゃる丸の「タナカヨシコ(骨董やのオバアちゃん)」かと一瞬思っちゃいます。ふふ。

鳥肌実ってオレの中では及川光博とほぼ同じなんですよねw
それぐらい王子様。
>おじゃる丸の「タナカヨシコ」
わ・・わかりません(汗

私の中では王子様というより、芸人。w
むかし友達(女子)が「美しい~~」と惚れ込んでDVD買ってました。。。鳩胸くつ下とセットで買っていたのには、泣けましたw

タナカヨシコはね・・・
http://www3.nhk.or.jp/anime/ojaru/charactor/index.html
にありますです。
おじゃる丸、意外におもしろいのです。。。

こんなに登場人物がいたとは・・

はじめまして。
映画のサイトでこの映画が気になり、検索したらこちらにたどり着きました。まだやってないけど、とても気になっています。及川ミッチーと鳥肌実って似ていると常日頃から思っていました。どうでしょう?
後、他に書いてる映画のこととか、音楽とか色々、自分の好きなのが多かったのでこれからも拝見させていただきますね。

はじめまして。
>及川ミッチーと鳥肌実って似ていると常日頃から思っていました。私も常々そう思っております。本当に一歩間違えばどちらもどちらになりそうな微妙な関係だと思いますw
>後、他に書いてる映画のこととか、音楽とか色々、自分の好きなのが多かったのでこれからも拝見させていただきますね。
おお、そうですか!なんかうれしい。
これからもよろしくお願いします。

あ、公式サイトができてますね。
http://www.tanakahiroshi.net/
GW公開だそうです。

おじゃまします。ミッチーマニアです(笑)。
「タナカヒロシのすべて」を検索していてこちらに辿り着きました。
鳥肌実氏。4,5年前、レコード屋サンのイベントに見に行きました。
同じ頃だと思いますけれど、ミッチーもライブのMCで「鳥肌実です..。」って言ってたりしてましたよ。
濃いファンとしては大ウケでした(笑)

>ミッチーマニアです
おぉ・・中将マニアではなくミッチーマニアが来るとは!?w
でも身長はやっぱミッチーの方が高いんでしょうね。中将は実際お見受けすると結構低くていらっしゃった気がいたします。

ミッチーマニアも現れ、いっきにメジャー化ですか?w
っていうか、ミッチーが中将をネタにしていたなんて意外だーw

中将、めっちゃちっこいですよ。たぶん私とそんなに変わらないです。
演説の時も一段上がってしゃべられますよ。

ビールの空き箱ですが・・・w

そこが中将のお茶目なところですw

そして愛車は霊柩車・・・。
ライブのとき止めてありますが悪戯されないんですかねえ?

みなさま、お返事ありがとうございますぅ。
実はわたくし、新宿2丁目or3丁目で(昼間)、鳥肌氏に遭遇したことがございます。
その時のお車は、白いワゴン車で、車体に名台詞がいろいろ書き綴られておりました。
「鳥肌さんですか?」と声をかけると、非常におどおどとされました(笑い)

ミッチーさんは、身長175。
岡村靖幸ちゃんのカバー曲「聖書」の中で熱傷、基、熱唱されております。
以前は、とくにテレビ以外の活動においては、ある意味鳥肌氏と近しい、危なく退廃的な美を漂わせておいででした。
最近では、桐里谷和明監督(ミッチー曰く、キリキリ)作品「CASSHERN」の役所が、狂気に満ちてなかなか良い感じ。
こんなお遊び(http://www.mother-ent.com/tomaken/top.html)も、初心者べいべー(笑)の皆様には、ご一興かと。

http://www.mother-ent.com/tomaken/
うおー、これイイ!ステキだ。
こういう曲が売れる世の中になってもらいたい。

Leave a comment

Search and Archives