« ジュラシック・ジョーズ | Home | スケジュール管理ソフト »

Feb 222005

3冠+IWGP

sankan.jpg長年のプロレスファンの夢であった三冠とIWGPの戦いが、小島×天山というカードで実現。しかしいまいち気分が乗り切らない。ついつい三沢×武藤だったらどうだろう?川田×健介だったらどうだろう?小橋×橋本だったらどうだろう?と考えてしまう。もっと言えば鶴田×藤波だったらどうだろう?
小島も天山も好きではあるが、なんというか時期が悪すぎた感じがする。会社的な思惑かも知れないが、タイトルの代名詞として認知されていないチャンピオン同士をぶつけて致命傷をさけた感がある。ただ小島はこれを機会にどんどん大きくなってもらいたい。
 
業界最強という謳い文句を連呼すればするほど寒々しさを感じるのは季節のせいだけではないだろう。すでにGHCの絶対王者は三冠、IWGPというブランドを凌駕しているのかもしれない。

6 Comments

そういえばプライドで高橋がひっそりと負けていました・・。
どうなるんだ?パンクラスー

IWGPの品位は危機的状況ですね、天山は人がいいだけに、チャンピオンとしてどうしても、庶民的な感じがする。永田は、ドロンズの石本か、おれのダチのカモイちゃんにしか見えないし、、、小島はいつまでたっても田舎の兄ちゃんだし、、かといって闘魂三銃士はいまいちなんか歯切れ悪いし、、、、この際、全チャンピオンベルトを封印凍結するぐらいしか、起爆剤はないと思う。もう、守るベルトっていわれるほど価値のあるベルトがいまあるとは思えない。

天山vs小島も、思った通り寒い結果になりましたねぇ。
思い返してみれば、好きなレスラーほど新日を辞めていく。
橋本、藤田、武藤、長州、健介・・・。(ちなみに僕が見始めた時にはもうUWF系はいませんでした)
今いるレスラーで、思い入れがある人が少ないというのも、個人的に新日を見て盛り上がらない理由なのかも。
いつからか、純粋な強さを求めるよりもサーカスのようなサプライズが新日イズムであるようなすり替わりをしている気がする。ただ、鳥肌が立つようなプロレスを見たいだけなのに・・・。

まあ、これを機に小島が輝いてくれれば、と。
天山よりは華があるしw

ちょっと1年ぐらい掛けて全レスラー参戦でリーグ戦とかやってもらいたい気分です。(無理でしょうけど)
やっぱ今価値が一番高いベルトはGHCとプライドのベルトかしら?と・・・。

ノアはたまにテレビ中継で見るくらいなんですが、
先日、若手の7番勝負の最後で小橋と戦っているの見ました。
なんか、いいなーと思いましたね。
強さとあたたかさがあるなーって。
GHCには歴史でなく、強さの重みがあるように感じますね。
プライドベルトはグローバル感があるし。
新日はどうしたらいいんでしょうか???
蝶野をなんとかしてほしい。

もうね、やっぱ猪木の下で育った人たちは基本「受けない」ですよ。プロレスも人生も。つまり相手を生かさないですよ。相手は自分が上に行くためだけにしか存在していない。つまり踏みつけて蹴落とす存在でしかない。お互いに上に上ろうって意識が無いんじゃないかしら?と思いますよ。
天山の脱水症状ってのは昔鶴田×長州が時間切れしたときに長州はグロッキーでへたり込んでいるのに対し、鶴田はまだ余裕があったシーンを思い出します。あのときに全日本と新日本の違いを実感したです。(つーか鶴田がすごいだけかもしれないですが)

Leave a comment

Search and Archives