« 耄碌日記 5/31 | Home | welcome »

May 312005

最近のCD事情

3年ぐらい前からJAZZの名盤などがリマスタリングで再発されていたりするのですが、その再発盤がSACDだったりすることがあります。ま、詳しくはリンク先で読んでもらいたいのですが、CDの形をしているのだけど、CDで再生できない音の良いソースになります。こんなのはっきり言って知らなければ買っちゃって家に帰って「あれ?なんで鳴らないの?」って話になりますが、その辺は一応ハイブリッド版(hybr)として通常のCD温室の音源も入っていてCDでも再生可能なわけです。ただSACDすべてがHybrって訳ではなくってたとえばコルトレーンのBlue TrainはHybrなのに、Love Supremeにはhybrの表記がありません。(SIって書いてあるけど、なんなのか不明)
そしてさらに話をややこしくしているのが、CCCDの存在。これは個人的にものすごく失望しているのだけどBlue TrainにCCCDバージョンもあるのです。なぜblue noteがCCCDを導入したのか?も疑問なのですが、もっと疑問なのがSACDの2ヵ月後にCCCDが発売されていること。同じCDがCCCDだったりSACDだったりとかもうなんなんだ!?と思うわけです。

2 Comments

「CD温室の音源」
温室の中でCDが育っているところが思い浮かびました。

オホホホホホホーー

Leave a comment

Search and Archives