« CenterStage - The Mac Media Center | Home | 耄碌日記 7/14 »

Jul 142005

ほっとけない 世界のまずしさ

baner_150x150.gifほっとけない 世界のまずしさ ホワイトバンド
見た目はLive Strongと似たような感じです。ただターゲットは貧困です。近年の世界状況は南北問題に加え、宗教問題が絡み圧倒的強者VS弱者(というか強者が強者であれるような仕組みを世界に適応しているのでしょうけど)という構図になってきているように思います。その中で弱者の選択肢として究極的な「テロ」が選択されざるを得ない状況になっているのかもしれません。以前にも書きましたが、テロがいけないことなのは当然として、テロを非難するよりも先にテロを起こさないといけない理由について真剣に考えてもらいたい。パレスチナ問題なんて問題点すぐにわかるでしょ?(わからないふりを世界はしているわけですが)

・・・話がずれました。元に戻します。
 
趣旨的には理解できるのだけど、しかしこのやり方では単純にファッションレベルの浅い認識しかされないのではないだろうか?と思ったりもする。この辺は主催者側も危惧しているのか

すざまじい貧困の構造を根本から変えるには、一握りのお金持ちの寄付では足りないのです。 変えようと声を出し、意志を表し、政策を変えようと、 仲間をひとりひとり増やしていく人々の意志の連なりでないと無理なのです。

このキャンペーンに参加してくれているたくさんのセレブリティは、このことを理解し、 まず自分たちの意志を表し、ひとりひとり、同じように意志を表す人を増やしていくことに協力してくれています。 ぜひあなたも、このことを人に伝え、貧困をなくす政策をつくる人の連なりに加わってください。よろしくおねがいいたします。

とあるのだけど、実際周りを見ているとどうも主催者の思惑と違い、単純にファッションの方向に行っているような気もする。(それでも止むを得ずという状況ではあるのだけど)なんとなく「ほっとけない、ほっとけない」と言うばかりでなにもしないことになるんじゃないかしら?さらに悪いことに「ほっとけない」って言ったという既成事実が精神の救済(虚構の達成感)となり満足してしまう・・みたいな・・。(ま、すべては自己満足、自己救済のためなのですが・・)分かりやすく言うと「キチンと勉強すれば100点ぐらいとれるよ」といいつつ勉強しない・・みたいな。(ま、ちとこの辺はまた少しずれますがw)
ただこれは主催者や企画に問題があるのではなく、我々の心の問題です。我々に求められているのは「ホワイトバンドをつけることに対しての責任」であって、その責任とはこのバンドが提起している問題について一度真剣に考え、理解し、自分なりの答えを持ち、個々にそれを実行していくことではないかと思います。
 
1日1箱の煙草をやめてそのお金を募金する
1日1杯のビールをやめてそのお金を募金する

 
これしきのことでも多くの人が救われるほどの格差は存在し、そして僕たちは
 
「一度手に入れたものは些細なものですら失いたくない」
「他人のために自分が犠牲になるのは嫌だ」

 
まず最初にこの他人事の考え方をなんとかしなくてはいけないかと思います。

あ、あといくつか気になった部分を

ホワイトバンドの売り上げはなにに使われるのですか?
ホワイトバンドの売り上げは、世界の貧困をなくす活動資金に使われます。その内訳は、ホワイトバンドの制作原価に約3割、流通にかかる経費が約4割、 残りの売り上げの3割が「世界の貧困をなくす為の活動資金」です。

最後の3割のうち、3分の2は貧困をなくすための様々な普及広報活動に、残りの3分の1が貧困削減を推進するNGO活動に使われます。普及広報活動 費には、広告宣伝費、店頭チラシ・ポスター・広告等の印刷物の制作費、ウェブの制作費、システム構築費、解説ビデオの制作費、編集作業費なども含まれます。

流通経費は約4割ですが、その中には、物流費、また個々の販売協力店が、ポスターを掲出したり、購入者に店頭で説明したりなどの、工夫を凝らした店頭での様々な広報活動も含まれています。
売り上げの会計情報は、すべてホームページ上で公開し高い透明性を確保していきます。

以前にボランティアプロジェクトやっていたので経費の苦労ってのは分かるのだけど、もう少し抑えられそうな気もします。ダイソーに頼めば100円で販売まで持っていけそうなきもする。ただ啓蒙的な活動なのでこれはこれでどこまで露出できるか?勝負ってことで致し方ない部分もあるかもしれません。なんにせよこれを起点に各人が行動してくれれば・・。

ちょっとここの部分はちと引っかかったところ

日本はアフリカの貧困に責任あるの?
たしかにアフリカは日本の植民地じゃなかった。
アフリカが貧困におちいったのは、奴隷貿易と植民地体制が進められてきたから。アフリカだけじゃなく植民地化されて、貧困におちいっている国はたくさんある。宗主国(そうしゅこく)といわれた先進国の責任といえる。この4月にはブラジルのルーラ大統領が西アフリカを訪問した時に、ブラジルが奴隷貿易を受け入れたとして謝罪をしている。日本にとってアフリカは、希少金属や石油などの原材料が供給できるところ、希少・貴重な種の多様性を保存する地域、そして日本の技術や製品を購買してもらう地域です。そのためにも、アフリカの貧困が解消されなくては。

これだけ読むとちと「おいしい豚肉を食べるために豚に餌をやらないといけません」みたいな感じに聞こえます。個人的には日本も含む先進国なんて第3国からの搾取の上でしか成立し得ないわけで、そういうことを考えると呑気にWEBデザインなんかやって生活できていることに対してものすごい罪の意識を感じます。(というかこの世に存在していること自体に罪を感じる)

ここまで書いておいて難なのですが、個人的にボランティアってのを理屈だてて説明すると破綻するような気がします(強者の弱者に対する欺瞞だとか・・)、純粋に困っている人を見て助けてあげたい、なんとかしてあげたいという心、思いだけを大事にして行動していけばよいのではないかと思います。
私も今まで生かせてもらっているという恩を自分なりのカタチで戻していこうと思います。
(自分なりとか言う言葉はまた微妙だなあ・・・・。ま、はっきりしたらここで報告するようにします。別にだれもきにしないだろうけどw)

11 Comments

「日本はアフリカの貧困に責任あるの?」
この質問自体がおかしいと思うのですが・・・。
責任のある無しで人助けをするものではないかと。

でもこのサイトに従兄弟が出ちゃっているので複雑な心境だったりします。^^;

だ・・だれ?
もしやブラピ?

あぁ、日本語おかしかったです・・・。^^;
責任のある無しで人助けをする、しないを
判断してはいけませんよね。
でした、失礼しました?。


ちなみに従兄弟は残念ながらブラピではなく
アテネで泳いでいた人です。

き・・北島!?

そうです?。
私の母の姉の息子という関係でして・・・。^^;
そんな訳で母は実の息子を放置して来週からカナダへ
旅立つ予定だったりします。(笑

ウヒョー!金メダル見せてもらった?w

他のは幾つか見たことあるのですがアテネのは見てませんね?。
最近不調ですがカナダでも頑張ってほしいところです・・・。^^;

いやーhbさんも泳いだらすごいかもw

いやぁ、これが運動神経は全くなかったりするんですよ?w
一応、普通に泳げはするのですが・・・。^^;

いや、実はすごいかもしれないですよw

ホワイトバンド問題に議会政治の原点を見る
http://amrita.s14.xrea.com/d/?date=20050914#p01
ほっとけない! ホワイトバンドで儲けるサニーサイドアップ・メソッド
http://d.hatena.ne.jp/otokinoki/20050911/p1
(via:読売新聞さん)
なるほど、こういう話だったのですね・・・。
まぁ無条件に諸手を挙げて賛同しかねますが、まぁ何かのきっかけになるのであればいいのかもしれません。

Leave a comment

Search and Archives