« 年利40% | Home | 曇っているのは »

Aug 312005

7党討論

前よりすこしましにはなったけど古舘の浅いポイントでの過剰表現が痛々しい。
ちゅうか民主党は何故菅直人を出してんだろ?不自然な大物然とした振る舞いが逆に小物のイメージ。今は岡田代表のような誠実な受け答えをする人の方がええんちゃうかなあ?話を聞いていて理路整然としていると思うのは共産、社民。(実際描いている絵は実現可能なのか?というのは置いておいて)あとの政党は政治理論より人脈とか金とか「町の親分」的なイメージが強いなあ・・。(イチローと清原のイメージなんかな?)自民党はなんだかんだと数字のマジックを駆使して一生懸命煙に巻こうとしている感じです。
どこでもいいんだけど、気持ちのいいこと、楽なことばかり言わないで、どうしようもない現実を俺に突きつけて、絶望の淵に叩き落してくれまいか?
 

現時点での郵政民営化には反対なのだけど、小泉の目指している方向はそんな間違っているとは思わない。また反対派に対して公認しない、対立公認を擁するというやり方も今までの数の優位を保持するための玉虫色の党内調整から脱却していてとてもすばらしいことだと思う。ただ自民党を根本的に中から変え切れるのか?が不安。小泉がいなくなったらまたご隠居たちが復活して寄り合い自民党に戻ってしまうのではないか?というふうに感じたりもする。なんにしろ増税問題、年金問題の方がよっぽどか重要なことなんじゃないかと思うだよ。そして郵政より完全赤字の道路公団の方が重要な気がする。公共事業から乳離れできない経済とか資本主義なのか?w同時に発展途上国からの搾取による利潤とかでしか維持できない経済も結局先はない気がする。(アメリカみたいに武力を保持して揺らぎを故意に起こせるのならいいのかもしれないけど、それは人間として目指す方向なのか?)
 
個人的には民主にかけてみようかなと思っていたけど、今日菅直人がテレビに出ているのを見てちと躊躇した。

Leave a comment

Search and Archives