« burrole's kibble 2006/July | Home | 猪木・・・・ »

Jul 042006

Errorクラス

icon_flash8.jpgよく思うのだけど、ErrorクラスでErrorタイプを複数作る際にサブクラスで追加していくのは効率的なのか?が良くわからん。複数人で作業を進めている場合には楽なような気がするが、一人で作っている際には逆に面倒な気がするのはオデだけ?
個人的には

throw new Error({type:"dead",message:iName+"に値が入力されていません"});

みたいな感じだと楽な気がするのだけど、messageプロパティの型がString限定なので、Classレベルからの修正が必要。何故"String"に限定しているのか?これだとtypeが各チェックレベルで分散するから管理が難しいということなのかな?いや、どっちにしても関数レベルでtry...catchしているんだから分散するか・・・?それともJAVAとかそういう他の言語との統一性ということなのかな?
catchで判別するか、catchの中でif判定するかの違いぐらいなんだが、いまいちErrorクラスの利点を完全に把握できてないような気がする・・・。
その後で"dispatchEvent"とか使ってたりするから余計にややこしくなっている気がする。

2 Comments

せ・・せめて
---
function toString():String;
---
をとるかなぁ・・・。

まぁ普通に
===
var tempErr = new Error("の値に誤りがあります。");
tempErr.name=arg_name;
tempErr.mode="check"
throw tempErr;
===
見たいなのでいいか・・。

Leave a comment

Search and Archives