« あっという間に通り過ぎたサンデー | Home | 予防接種 »

Jun 052007

針の筵

なにかしらの罪の意識はあるのだ
漠然とは

なにかしら贖罪の意思もあるのだ
言い聞かせる
曖昧に

行動を妨げるのは世界
外側の
わたしが決めた

耳をふさぎ
目をつぶり
口をとざし
内側へ

さりとて夢ですら思い通りになりはせず
ぬたうちさます夜半の寝覚

Leave a comment

Search and Archives