« ふううううう | Home | 噛むほどに分かることみちゃんのすごさ »

Mar 202008

ミニと10年前の自分と、そして現実における疲労

久しぶりにミニに乗った。
しかも70年代のやつ。
いわゆるBMC系。MKIIIあたりかしら?
クーラーが無かった・・・ちょう懐かしいw

打ち合わせで渋谷に。立ち上げのころ(正確には立ち上げる前)から知っている会社へ。
移転したという連絡は貰っていたのだけど、すげえでかくなっていた。
移転先は渋谷の近くで、10年ぐらい前クラブ明けの早朝にだべっていたファミレスの上のフロア。10年前の俺は10年後にこの7階のフロアに打ち合わせに来ることなんて、まったく想像してなかった。変な感じ。

で、夕方から雨が降り始め、子供を保育園から受け取ったあと自転車では帰れなかったのでタクシーを捜す。通りすがりのおじさんに貰った傘(ありがとう)を差して、荷物を持って、子供を抱きながらタクシーを捜すが、雨の日は需要が高いから全然捕まらない。ヨロヨロしながらマルイまで移動。ここでやっと子供を下ろす。腕がパンパン。

パン屋さんでアンパンマンアンパンを買って、奥さんと合流。やっとこタクシーで帰宅。
家に帰ったらものすごい疲労で頭がグラングランしてたので、そのまま寝た。

ミニもかなり疲れていた。
オデもかなり疲れている。
お互い70年代に産まれ、色々なことを経験して今の状態にある。
その要素の一つには「疲労」もある。そこから何を得ることができるのかしら?
永遠の安らかな休息?(ップw

明日は休日らしいです。
(´・ω・`)知らんがな。働くがな。男どあほう甲子園やがな。(意味無

Leave a comment

Search and Archives