« 万年筆とか・・・ | Home | Boston Dynamics Big Dog »

Mar 222008

ブラッシュアップ

hemlock.gif[例]
「おい、この企画でブラッシュアップだ」
「え?明日納品ですよ。それにこれ面白いですか?」

[意]
最後の悪あがき。

納品一週間前あたりから急に思いついたアイディアを組み込むこと。
(そのアイデアがブラッシュアップされていない方が本来の意味により近い)


本来の「磨き上げてごみを落とし、洗練させる」という意味よりも、予定に無かったものをゴテゴテと付け足し、寿司屋がファミリーレストランに変貌するケースが多く見受けられる。


またこのブラッシュアップによる成果物のクオリティの向上よりも、納品直前のこの予定外のトラブルを乗り切った一体感の方が重要視される。後日行われる(であろう)打ち上げの際にはこれがメインの話題となり※1、状況が劣悪であるほど、盛り上がりも高くなる。※2


このため「打ち上げのネタ」を作るため、もしくは「納品物のクオリティについての是非を問わない」ために、ブラッシュアップが意図的に施されているという噂※3もあるが明確な根拠は無い。

※1
盛り上がるというよりも、沈黙が流れた瞬間にその話題をふって空気を戻すという、お約束ネタ、印籠的な安全パイとして存在している場合もある。
※2
しかし話題についての会話から何かを得ることはほとんど無い。「あのタイミングであの企画追加は無いですよね。アレが今回のトラブルの原因ですよね。今後はそういうことが無いようにしないと・・。」という指摘があってもよさそうだが、乗り切った高揚感からかこのような改善策、自己批判の話題は発生しない。ここで展開されるのはただただ「大変だった」「良くできたよな」というお互いの自己讃美の繰り返しである。
※3
一説には恐ろしいことだが、制作過程における企画サイドが制作サイドから受けたぞんざいな扱いに対しての意趣晴らしという説もあるが、確かめる勇気がない。

Leave a comment

Search and Archives