« がんばれニッポン、を広告してきたんだ そう言えば、俺。 | Home | 頭から離れない »

May 282008

TIAA2008表彰式

080528.jpg
東京インタラクティブアドアワード2008の表彰式に行ってきました。
表参道から会場に行くまでにイメージソースの方に出会ったりと、なんか会場周辺ちょっとWEBレイバー密度が高い感じ。会場内でユーゴさんに出会うやいなや「髪伸びたなー」「白髪増えましたねー」とお互い髪の話題。なんだこれ?
表彰式は静々と受賞作品を紹介して表彰。今回は2つのサイトで受賞したのですが、UNIQLOCKの金賞で名前を呼ばれたので、壇上に上がって表彰状を受け取りました。そのときのプレゼンターがユーゴさんで、なんかそれはちょっと恥ずかしかった。

その後懇親会でたくさん人とお話しつつ、食事。nikeさんの打ち上げに乱入させていただいて神宮前へ。色々ご無沙汰している方々とお話してきました。

こういう場所に行くのは慣れておらず、前日からどんな服を着ていけばよいのか?悩んでいましたが、spf designさんにメッセンジャーで聞いて制作サイドの人間はスーツじゃなくてよさげ、ということでポロシャツとカーゴパンツで参加。多分問題なかったと思われます。(ただ髪型は色々言われましたが)

しかし会う人会う人に「仕事お願いしたいけど、いつも忙しいですよね?」って言われてしまったので、ちょっとそういう印象を改善したいと思いました。

受賞作品を色々見て、広告ってやっぱり面白いなーって実感しました。
特にバナー系は本当に面白いと思った。

ということで、今を人生の頂点だとして、後は以下に下降曲線を緩やかにしていくか?ということに人生の目的を置いていきたいと思います。(いや、冗談です)

最後に関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。そしておめでとうございます。
これからも精進していきますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

080528b.jpg
自分が表彰されているときのムービー貰いました。
記念にアップしておきます。
いやーこう見ると確かにワカメお化けだ・・・汗

8 Comments

おめでとさんでした。全世界の賞、総なめしてますな。>UNIQLOCK

で、4つ目の写真をみて正直に思った感想…
海外に比べてWeb制作の単価が上がらない理由がわかったような気がしてしまった(汗)

ありがとございます。
>海外に比べてWeb制作の単価が上がらない理由がわかったような気がしてしまった(汗)
何故?ちょっと意味が良く分からない。ちなみに4枚目の写真は審査員の人たちです。

海外(ここでは主にアメリカを言っているのだと思いますが)の仕事ってそんなにやったこと無いですが、どれくらい日本と海外で制作金額に差があるものですか??直接海外からオファーが来ても日本より安かったりするんですが、プロダクションレベルだからかな・・。
インターネットがグローバルでも言語によるマスボリューム違うから予算が違ってもまぁ当然でしょうけど。

ただ「海外」という言葉でひっくるめて自らを卑下するのは日本人の悪しき習慣じゃないかと感じますw

こういう場で、ビシッとキメないで、なんだかダラダラしているのは寂しいなぁ。もうちょっとみんなカッコつけて欲しいなぁ。
みんなユニクロの服に見えるw

また機会があったらカッコ付けておきます。
ユニクロで賞を貰ったことの報告でユニクロを卑下の象徴として取り上げるのはやめて欲しいな。
かなり悪意を感じるワン。

あくまで写真からの印象ですが…アメリカに限定しているわけではないですが、少なくとも?日本を代表するインタラクティブ部門の広告賞を目指しているならClioとかNYADCとかと比べたときに正直格好がみなさん貧弱?に感じました。
大学とか学会の発表会じゃないんだから…とか。
こなれてるのか中島さんだけ別格に見えたのがその理由かも。

プロダクションハウスと見られるとたしかに金額低いですよね。
あと、マーケットが英語国になるととたんい対象が増えるので金額上がるのが普通だと思うけど、どうなんでしょう?

>ClioとかNYADCとかと比べたときに正直格好がみなさん貧弱?に感じました。
あ、そうなんですかー。実際行ったことがないですが、写真とかで見てると大して変わらないかなーって思ってました。(なんか審査員でもキャップ+Tシャツみたいなのを見たような・・)

>マーケットが英語国になるととたんい対象が増えるので金額上がるのが普通だと思うけど、どうなんでしょう?
うん、前のコメントに書いてますが、そう思っています。だから格好が金額が低い理由には別にならないんじゃないかなって思っています。そんなことで受注金額があがるならみんな小林幸子でw

悪意はなかったけど、確かにそう感じるような文章ですまんでした。ユニクロはカジュアルなスタイルの象徴として名前を挙げただけです。

みんな友達の結婚式にこういうカッコで行くのかな?と思ったので。

スタイルを守ることばかりでは気持ちがズレて行くと思うけど、気持ちを示す方法として、スタイルは一つの大切な手段だと思う。

みんな、「こんな賞なんて大したこと無い、そんな特別なもんじゃない」と思っているように見えてしまうし、そうしたことが重なれば、賞の価値は軽くなってしまうし、それはクライアントにも伝わり、プロフィールに入っていても意味が無くなり、営業にもつながらない、と。ちょっと強引ですかね?w

>悪意はなかったけど、確かにそう感じるような文章ですまんでした。
うぃす、まぁできれば他の何かでお願いしますw
(何だろう・・・w)

>ちょっと強引ですかね?w
いや、分かるよ。大丈夫。

結婚式はその表現の対象が純粋に相手への敬意に繋がるからさほど問題では無いんだけど、広告の表彰式は確かに敬意を示すべき部分はあるのだけど、賞はあくまでオマケであって、目的では無い。と思うわけです。
そういった意味で「賞を貰ってうれしい」という思いのある反面、「本当のターゲットであるウライアント、そしてその先のユーザに何かしらのベネフィットをもたらせたのか?」という部分で自分を冷静に見つめなおす必要があるんじゃないか?と・・。
そういう意味で賞を軽んじているわけではないのだけど、ただそれだけでは無いという自分の意思表示も含めて礼服チックなものの着用をオレは躊躇してしまったという訳です。(他の人は知らないけど)

例えばサイトを見てくれたユーザの皆さんが「このサイト制作者に是非お礼を言いたい!」っていう表彰式があったら(そんなの無いけどさ)迷わず正装で参加すると思います。

でもまぁ、もう少しきれいな格好をしても良いんじゃないかとは自分を写真で見て思っては居るんだけどね・・・汗

Leave a comment

Search and Archives