« songjp | Home | ONKYOのキーボード »

Jun 212008

Sukiyaki Western Django 

SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ
( 2007 / Japan )
長らく放置プレイだったのを観ました。

以下ネタバレ。

話の設定は面白いと思うんだけど、なんつーか今ひとつのめり込めず。非常にもったいない感じがした。
映像的に日本映画に感じる寄り過ぎが原因かしら?なんかテレビドラマ観てるような印象。

合間合間に無意味に思えるシーンが結構あって、キャラのカラーが掘り下げきれてない印象が強い。伊勢谷友介はとても美しかった。この人はなんかもっと設定とかによって面白くできたんじゃないかなあーー。佐藤浩市は残念ながら半端なキャラで完全に死んでいた・・・もったいない。石橋貴明もキャラ半端過ぎ。(面白キャラが2人いるのもうっとおしい)結局一番インパクト残ったのは桃井かおり。(しかし最後のとってつけたようなシーンは要らないな)主役であるはずの伊藤英明は一番影が薄いという悲惨な状況。最後の教育テレビみたいな説教シーンも痛すぎた・・・。

良かったのは一番最後の義経が殺されるシーン。
なんかこのシーンが先にあって、この脚本が作られたんじゃないか?って思うぐらいずば抜けてよかった。
あと木村佳乃の濡れ場は良かった。今までなんとも思わなかったけど結構素敵だw

タイトルただ単に"JANGO"を踏襲しているだけなのかと思ったら、最後に余計なオチで強引に結び付けられていた・・・。あれはかなり興醒めだ・・・・。もちっと上手な関連付けのやり方があるだろうに・・。

なんつーか豪華キャストを揃えて、その重みに耐えかねて脚本がはじけ切れなかったような印象。
桃井かおり中心に話を割り切ればもっと面白くなった気がする。
期待が大きかっただけに残念の一言。
星は1つ★☆☆☆☆。

Leave a comment

Search and Archives