« テレビCMという媒体の価値 | Home | THA/中村勇吾のインタラクティブデザイン »

Jul 162008

コードリール

Sumajin Syncwrap
我が家のペンダントライトのコードが長すぎるので、結んで長さを調整しています。

一般的に売られているコードリールは円盤状のものが多く、そのデザインがペンダントライトのラインに合わないという個人的見解でこれまで購入に至っていなかったのですが、先日アマゾンでSyncwrapという商品を見つけて「おぉ、なんかこれは良いかも」ということで購入しました。

で、先日届いたのですが、予想外に小さい。
商品の大きさは高さ10cmぐらい・・・。ペンダントライトのケーブルはとても入りません。
アマゾンの説明文には「デスクトップパソコン等のコードやケーブル」とかって書いてあったのだけど、これはUSBケーブルとかその辺が限界。しかも径4.5mmまでのケーブルということで完全にアウト。

カナシス。

またコードリール探しの旅に出ます。

3 Comments

これでもいいかも・・・。
http://www.murokoshi.net/etc-f.html

この形を段ボールかなんかで作ってしまえばいいのじゃないかと思った。
これ、いいなぁ。

両端に張力がかかりますんで、ダンボールとかだと千切れてしまうと思うんですね。木材も合板とかであれば耐えれそうですが、力は縦横両方にかかるので単一木材はではちょっと怖いかも。樹脂系もあまり重いものは無理かもしれませんが・・。
唯一金属系素材は大丈夫かなあと思いますが、両端のコードを引っ掛けるところ(製品は樹脂の粘りみたいなので引っかかってますが、どれくらいの重さまで耐えれるかは不明)を一工夫しないといけないだろうなぁ・・と思います。
形はとても良いんですけどねーー。
なんか考えてみるベカなー。

Leave a comment

Search and Archives