« どうあっても、やらずにいられない色 | Home | 石舞台。シャケとご飯と花火で火傷 »

Sep 152008

実録!?ドキュメント その時…上島が動いた

実録!?ドキュメント その時…上島が動いた
2007 / JAPAN

松本人志の「大日本人」をまだ観てないのだけど、それを観る前に観ておかねばならない映画(?)だということで観た。いや、別に「大日本人」を近々観るということもないのだけど・・・。
以下ネタバレ。

松本人志は虚構の世界に観客を引きずり込んで笑わせる天才だが、上島は虚構とリアルの差が無さ過ぎ、あまりにも笑えなさ過ぎて笑える。周りを固める後輩陣も存在価値が無さ過ぎてリアルだ。途中ナンセンス設定で笑いを狙っているのだけど、それも微妙すぎてナンセンスになりきれてなくて、笑っていいのか分からなくって笑える。(非常に触れ幅の狭い振り子?)

かっこ悪い部分を笑わせる方向に持って行ききれず、同情+哀憫の苦笑。
そしてプロセスに関係なく、最後には裸芸。
この中途半端なプロセスをすべて無にする、最後の裸芸。
これが上島竜平のすごいところなのだろうと思う。

結構べた褒めみたいな感じになったけど、でもまぁ大して面白くは無かった。
でも観てみるといいよ。
星は2つ★★☆☆☆。

Leave a comment

Search and Archives