« 萌える | Home | ううむ »

Jan 182009

下手なアプリより面白い

Cheap Camera, Interesting Shot — Global Nerdy

iPhoneのカメラは安いCMOSを使っているとのことで、撮影しながらカメラを動かすと歪むという事例は発売当初に面白がられていましたが、高速で動いているものを撮るとこうなるのだそうです。
一体どういう走査順番でこうなるのか想像もできませんけど、こういう想像つかない形がある程度形になって出てくるのはとても面白い。(昔のFlashでもこんな感じのことは良くあったけど)

バグを逆手に取ったアプローチは、恣意的なコンセプトで作られたモノよりも面白かったりする。ただそれが面白いというのはメジャーに対してのカウンター的意識もあるのだろうけど・・・。

こういう意識を上手くコントロールできたりすると、またそれはそれで面白くなりそうな気がする。

iPhoneってCMOSの走査スピードとかコントロールできたら、こういう写真を意図的に取れたりするのだろうか?それはそれで面白いことが出来そうだ。

Leave a comment

Search and Archives