« One of These Days | Home | 懊悩日記 10/10-12 »

Oct 092009

絵本

自分が子供の時に読んでいた本(今から約35年前)が、まだ販売されていて、自分の子供が読んでいるのを見ると、本というのはなんとスケールの大きい作品なのだろうかと思う。

古典といわれる存在とは別に、また違った生々しい感じで改めて実感する。

Leave a comment

Search and Archives