« Geiger Fukushima | Home | 弾けないギターを弾くんだぜ »

Nov 172011

九州探訪


遅い夏休み的に家族で九州・熊本へ

初日
朝5時起き。子供が二人もいると予想外アクシデントを考慮してかなり時間は前倒し。
東京モノレールの中から日の出を拝みつつ移動。10時に熊本到着。
レンタカーを借り草千里、阿蘇火口、阿蘇大観峰などを巡回しつつ、街道沿いの廃墟施設・店舗をチラチラと。このへんはまた別エントリーへ。さて、東京では激減したバイカーだが、九州はまだまだ大量に存在している。駐禁も厳しくないのかもしれない。草千里のあたりでは100台近くのハーレーの集団に遭遇した。老いも若きも混在した集団でとても楽しそうだった。やっぱバイクはイイ。走ることでしか自立できないその姿にカタルシスでも感じているのかしらんけど。大観峰では頂上の絶景の中パラグライダーに遭遇。パラグライダーって落ちて行くだけだと思っていたのですが、そこではその場所でフワフワと上がったり下がったり強風の中自由自在に好きなところに移動していました。ある程度の強風が必要なのかもしれないけれど、とても楽しそうだった。段々と夕方になってきたので黒川温泉に移動して宿にチェックイン。この日の宿は南城苑。友人からは別の旅館をススメられていたが、既に満員で・・という経緯で選んだ宿でしたが、結果として夫婦揃って大満足でありました。もう従業員の方の対応が素晴らしかった。控えめでありつつ、足りぬところも無く、必要なときにはそっと手をさしのべるといった、接客の鏡とはこのことか?!と・・・。
温泉街を散歩したり、足湯に使ったり、色々なお風呂に入ったりで終了。

2日目
朝5時に起床。気球に乗るために50分ほど移動。凄い朝もやの中、人生初気球。朝靄で遠景が見えなかったのは残念だけど、浮力のみで浮かぶ感覚はとても新鮮だった。船の世界では「板子一枚下は地獄」なんて言われるのだが、これ気球のほうが切実に実感できる。ちなみに家族全員で搭乗。マイソン、弐号を抱いた私、そして人数合わせのために止む無く参加した高所恐怖症のワイフ。楽しむ家族を横目にワイフは途中から座り込み全く楽しめてなかった・・・なんというか申し訳ない。旅館に戻る途中に雲海を一望。阿蘇の地形は自分のこれまで知ってる地形と違いすぎて面白い。
旅館で朝食を食べ移動開始。色々寄り道をしながら昼過ぎにファームランドに到着。(阿蘇効果 | 健康の森 | 阿蘇ファームランド
さて、ここで私が旅館の部屋の鍵をポケットに入れてチェックアウトしていることが判明。家族をファームランドに残し一人旅館に鍵を返しに行く旅に・・・汗 結構すぐに戻れるかと思ったのは広大な阿蘇の風景が抱かせた幻影、往復2時間以上かかってしまい、16時頃にやっと家族と合流。
ファームランドの不思議な雰囲気の中2日目終了。

3日目
ファームランド施設の中で遊ぶ。過去和製の大型エンターテイメント施設でうまくいったものはないんじゃないか?と思っているのだけど、まぁここも迷走している感じ。アピールとおもてなしのバランスが完全に崩れている。緩やかに死につつある腐臭を感じる。ま、そんな仕事目線は置いておいて、せっかく来たのだから楽しみます。リーフ作ったり、アスレチックやったりで、あっという間に夕方。最後閉園前にワイフが80mの滑り台に挑戦することに。なんだか昨日の気球で何かが変わったらしい・・・汗
ワイフの滑りを下で待ち受ける私と子供たち。マイソンは一眼レフ、私はビデオ、弐号は応援担当。
10分ぐらい従業員とすったもんだしてなかなか滑ってこない。待ち受ける我々がしびれを切らした頃不意に滑りだした。途中でグルグル横回転をはじめ、逆さまの状態で滑走。「わー」とか「きゃー」とか言うのではなく、我々の目の前を通過するときに「あぐ!」という嗚咽をひとつ残して終了。なんと華のない・・。
その後何故か私もやる羽目になったが、マイソンからは上手だとほめられた。
夜はいろんなスパやら、還元浴?やらお風呂やらを堪能して終了。

4日目
最終日。ファームランドは韓国や中国のお客さんが多いらしく、宿泊者はほとんどそうなんじゃないか?ということで普通の温泉と異なる目立った点
1)温泉でタオルが鉢巻き。(湯船に大量に鉢巻の人がいて何事かと思った)
2)赤い服のおばさん多い(8割ぐらい赤、紫、ピンクの服。ユニクロのダウンとか大量)
3)バイキングの食器を返却しない(理解してないのだろう)
日本にいながら異文化体験できた。良かった。
ファームランドを出発し、飛行機の時間まで牧場に行ったり、国の保養所みたいな所で野山を駆け巡ったり・・。昼食が謎の店をチョイスしたため、九州最後の食事がとても残念な感じだったが無事に飛行機に乗って帰京。みんなでバタンQ。


今回の旅行は、ワイフに「あまり切れなくて良かった」と褒められたが、死ぬまでにあと何度、家族旅行にいけるかしらね?とか逆算すると結構背筋が寒くなる。

3 Comments

体裁整える余裕がない・・・

上から2番目の弐号、すっかり悟りを開いてますな・・・。

>私が旅館の部屋の鍵をポケットに入れてチェックアウトしていることが判明。

なんか昔、富士山付近でデジカメを忘れてくるとかありませんでしたっけ??

>子供が二人もいると予想外アクシデントを考慮してかなり時間は前倒し。

アクシデントをつくっているのは貴方じゃないかと思うのは、気のせいですかね?

>アクシデントをつくっているのは貴方じゃないかと思うのは、気のせいですかね?
ううう・・・

Leave a comment

Search and Archives