« いのちの旗じるし | 柚木沙弥郎 | Home | 夏も終わる・・・ »

Aug 242013

Lorem ipsum

英語のダミーテキストとして有名なLorem ipsum

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

な感じですが、まぁ日本語サイトで英語ってのもイメージ遠いので日本語のLorem ipsumの方がイメージしやすいわけですが、自分で作るのは大変なので、
すぐ使えるダミーテキスト - 日本語 Lorem ipsum
を使います。
宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」を元に生成されたもの

こどももトマトのかっこ集り人を一つをありゴーシュました。

それからすこし生意気ないましという狸んたら。

ばかだたんでしはないするとぶんの愉快館のうちをはようようばかましょたて、ここだけ顔へとっし方だた。おろしすぎあなたは狸からひどいたてこんどの先生の塩団をころがっ第二勢家のかっこうをせてきたた。セロはいっぺん出て行きます。

先生も三なおり嵐のようが弾きといます。

シュッはセロトマトときみの叩かてくれまし。兵隊は音がまっすぐとはいりてあとをゴーシュのようへ弾くて外国を入ってじっと萱をやるてくださいまし。かっきりもう硝子が硝子の思えましん。

おれちょっとにセロで笑ってゴーシュからしました。へんに思っましう。

「血をひらいです。野ねずみ、こっちを顔。ひらい。」

みんなは一生けん命のうちのうとうと半分のなかを弾きたまし。壁は子どもに大ふくがなおしと畑をあとを云いてきっといっぺんなっせですときがむしだまし。

するする病気むしけれども、もごからしてしまいたてかっこうをまたセロにもう日わらっました。「お母さんしまい。扉をしまし。

云っよ。

何は君にかっこうを走っばじゃあき赤もよかっことたでよ。」それは普通そうを云いてよお父さんゴーシュをなっやた風車の手がつまんて叫ぶとしからだします。かっこうはいうて狸がこぼしたませ。

みんなももういっしょはない方たてうちはしばらく遅くものたでし。「前の遠くの口が。なっ。」

それはいきなりつけたた。ゴーシュはかっこうへ済むていまた。

また夜はよくきれだない。

うかっかっこうなとつまんでだして楽屋が開くようたかっこうでわらいてするとよしひとりを時やりだた。しばらくかと口はてどうかしませますがはげしくものへはこんどはセロのセロたた。

たばこはぼくにさっきましホールのうちそれでしだようによひといっしょでねこが叫ぶてそれか帰ることをありてきました。「するといきなり今度の窓。

し。」

さあとだまっのについませかとふっていきなりおいでから声をじつは云いしゴーシュかえれたた。「まじめまし。

しきりにせからいで。

そのんはぐうぐうねむってしまいましたの子んことた。

なんからこのどうも上げましのへ。ざとじぶんの。きちまでぐるぐるかっこう十時はないんだなあ。

晩を巻がしがいぼく館があの下譜話や本気家の音までのパン赤で弾きてしまうるさっさとわたしのちがいはまだあいんたら。糸セロさま。

さまには考えのだてよ。

子というんへどうかなっきな。しは弾きは下とかいうんをまた行かましんた。

するとじつはいよいよ猫のかっこうとつりあげだもべ。

それじゃここらまで呆れた眼の赤に教えるてそれの先生をなるて見るようたんまし、ちがうぞ、どう笑っからしまえだてなあ。

鳥むしっあの楽長窓家を何一日のためを野ねずみへ仕上げようたのないは、おまえをはこんこん生意気ないての。

では遠くはせいせいも何など、呑みて三代をはやっと長椅子がまげていもっ。」何は失敗を向けて、それからセロをあてで先生を帰ったりそれかとしんで来やありないませ。

ゴーシュはその残念だ先生ふうた晩をくっからゴーシュのくせからしゃくにさわりど狸に直しとようよう評判に出すでしたて、ホールへ思っいてましセロじゃみつめん子たくさんなおるましときに前を先生ともざとじぶんの団見たまし。この床下みじかい舌はそれかホールたなあ重へんをしてやろ茎たちで帰るてやりんた。狸としては君は窓の床なんどたが叫びしれじ嘴ゴーシュへ、猫も何をこう一毛たてなっば前も用の公会堂のどういう夜中でゴーシュのセロがいたり野ねずみの床に習えや走ってある過ぎにして一杯ちがいていからくださいたもんた。

糸をままがしてこんを落ちて一生けん命の悪いセロがだまっでした。これはきみばかりじ。こんな一番のかっこうしまし耳ますん。

いちどはどこに一心のときをよくして、なかなかゴーシュへ皿が云いてしんの子をまるでねむらだた。それに泪をかっこうやり直しで曲をわらいてきっと狸みたいまし猫を聞えの野ねずみが明けくださいなた。

馬車を押しととりても叩くしては済んいま云いたでも云いてすると一生けん命がしなもんは出なん立てたごそら大うおはあとりだししまっでまし。

マッチはもうごかっこうぶっつかってやっんかはしだようをわらっから晩はごむとそっくりゆうべのとおりぐんぐんをもごなんどもするするあるてぴたりないゴーシュに云い夕方がは云いかとひきように弾くないで。そのままそこか小屋茎の外のドレミファと弾き出しんを習えないです。「ゴーシュそこか。」

眼も見るだように急いたた。すると云いと狸へいっているていだろんはたくさんなんて三一寸持っましのをいろこの万番目からだましだ。猫の形ともっまし前しまし専門がばたばたいいそうにおろしていとほんとうの遠くにひきんで入れたう。

「ええ思った。なぜおじぎはないでね。」

「おれたて」かっこうにしました。「みんなおすみまし。だしからてる。」

一ぺん扉に見つめましまし。首尾は死んてのどうぞと一時をやっました。

「みんなを弾きさんにゴーシュほどなりてつづけともっな。

第一それを引きあげコップがいをあきからいな気などとりか。だからこんなセロだけぼくの嘴のみんなまし。

それた。早くもほてらましそれにつかれて。

今度までもかっこうのゴーシュをあるたり扉でしやあっずものは何ました。過ぎからくる。はじめ。」

そして猫は音からよくいじめので風であわてても云いんたからゴーシュの歌へとうとうひらいてはいったた。「トロメライ、ぴたりごゴーシュをふんから、ご鳥を云いまし。それから金星の楽屋でしとごらんひ。

出てつづけたて。」

「まじめたんにとりよ。ゴーシュのんへ。」

譜しも弾いてこういう顔のいつごくごくしなけれどもちょっと弾いですまし。「いやおかっこうはねこめましです。

ぜひ。どこはよろよろまん中の本気を休んたが弾きられましのな。」

「楽まし。だめた。いやた。」

トマトはふらふらおゴーシュに出て云い金の向けたらようにゴーシュなりて弾くましだてやっと馬車で弾きてありました。

「それから死んな。」猫はおまえから聞えますかゆうべがみみずくに尖って壁もみんないうてい、こうしてかっこうから立っと小太鼓へ飛びたう。

いや子に三一人すぎの猫のゴーシュを子のなかへ今日なんてなってやっました。

「みんなをわらいと。」「トロメライ、狸身動き。」室はすきを叫んて弾いてせますまし。

「いきなりか。トロメライというんもこんな気か。」

だいなおるはきみに知ったかまたのゴーシュになってな楽長のトロメライの頭をしばらくふるえなた。するときちんとあとのようたあとを「印度のあとパン」という孔を合わせ来たまし。

ではトロメライしかしばらく孔をすっかりとりだしているましたてまだ壁たりゴーシュから熟しないかとわかってまるでかっこうのものが知っきいたた。ところがいきなり時々口へいっしょをやめなましで楽長は落ちだたますだ。

壁はうなんはじつは前五本の作曲へなっないという狸を弾いてて曲たり曲でもうコップをやりたまし。では前は外を弾く弾へはゴーシュがは思っないたて助けあらトマトたちを弾くで何を思わずなあんだするとああれたぞというようにしできいだた。

手もにわかにいいかまえばいきなり人ひどくし行っましな。「室どんとはじめまし。夜だろな。

お同じだばひるてしまい。いきなりまげて人のゴーシュばかりたったたて。」「来。

間もなくつけにこわれ所た。」セロも面白られて叩くてだしとおしまいがあとに困るや来ないたてみみずくのなっますゆうべはしばらく物凄い弾いことたらござい。けりたもセロはとうにセロのようにとうとうたしかに顔をわらいたた。

形もどうむっとぶっつかっていましまして、「ああ何をはくすていねえ」とあけてすこしもしたた。するとゴーシュもまるで落ちて「マッチ、あかりたりのアンコールはどうか立ってましねえ。」

としましまし。

茎困っはするとのそのそはじめたうから恨めし悪評から入り口はんを一時あてて療をだしここらをけちへ一日なきて「ぴたり口。

一疋へまるくもごでしよ。ゴーシュからすうてごらん。」片手は楽長にしましようよりいろです恨めし向うを虎とすわりました。

「ははあ、思わずなったな。」

野鼠弾きははじめがそう活動でゴーシュをねどこへなるてます猫の窓でこわただ。

ああかっこうもねずみ起きあがっなのみんなのヴァイオリンが小屋のようになって栗の楽長が答えてかっこうからどんなにひろってはもうという少し済ましていてどうも云いてもごくごくそうやってときてしばらくいけてはどうも叫ぶ屋がやるましとひきないた。

腹はしばらく青いそうにしてしまいですたから「弾きとっぞ。がらんとしねえね。先生。」

床下いはかっこうに入ってばかを悪評のようにかっこうのときをしていもんになって間もなく出でた。また、ぱちぱち拍手鳴っましにとってようとちょっとしましまし。

火花の塩は糸がちょっと物凄い萱の眼に死にが云っているずた。また楽長をじっとのうち仲間から考えついてたた。一三代は思わずきい一拍もくぐ十時はねぼけながらはゴーシュはずいぶんもっましましたた。

ところが何だか十そうないかもせならころがっているかはなったごああすありがとうきれていたときみかゴーシュから叫び弾きとひるのへ思っでし。「仲間、まだしずんか。」野ねずみをあけましでとても弓の音のぽ足のと楽長に考えついてゴーシュのあとかじっのぱちんととめておじぎをが教わっていたしですない。

先生が押し出しましのにきっておまえは交響楽じた。

「こどもでも行くばかり。

それの音た。」手が熟したまし。「気を鳴らしですのでし。」

評判眼はやり直してまげました。へんは開くで「先生ますと。

何のゴーシュは、狸、ねずみとあわせまでまでなくか。」ではゴーシュにご扉だめに「そら、何たのた。

すると遅くたてよ。」

とやめたた。「悪いものか。

いつ曲ことは毎晩しのが明るくなどない、悪いようもみんなよりは面白いでもどしか。」

「それからそれをなくのまし。ではゃくしゃしていましたがいつまでもつづけてをなかなかこわくのだり靴でどっかりない方をからはするていてはのそのそありました。」「煮ますな。」

「つまり何をはひましのた。それ汁のうちあないゴーシュたり十一おどすて六六おれなおしのじ。」「下手たよ。

やっとありてるましこれはみんなのあとをだまっますてはよかったもましか。」

「するとみんなは先生で上手にすぎんのた。」「こどももくそは走っか。」「こら、仲間からなおるひとつにそっと一本出しものまし。」

「バケツはくそは笑っか。」「ばじっと穴を考えると来。おれも向いからまげたし。」

「悪いなあ。ああ一ぞのまでついて行きてっどちがいなたしかにするんだな。」

しずかは皿を笑いし楽長やかっこうをきておいともったない。つまり手も教えて野ねずみをまるで出しでた。「見ん、倒れるです。

そのどころたたのう。」

「わるくよ。では何ききてごらん。」

「しばらくうなあ。」たばこはゴーシュをつめを答えてとても弾きてが「糸」と外国きいうまし。

「おまえかっこう。

どこが晩の。おれ手からは、そしてかっこうも第万頭は普通たもんたねえ。」

「みんなはひらいな。」「しばらくひいのた。」「いいのもいつに前とっましのにわかっわけなく。」

「ところがしばらくますでし。」

あと来はすると顔からして、シュッぼんやりきょろきょろ話ゴーシュとありながら落ちだまし。いや呆気もまだ待っから遠くをトォテテテテテイかっこうおねがい一つと喜ぶて落ちですた。みんなもよろよろ前からたにどなりがぼくなども叫びんまし。

風もやっとゴーシュを痛くたっから「おい、正確をさわりだか。」と起きあがってちがいますない。それからガラスはだめそうに勢へまわしてぴたりそうないていたますからしきりに「大まるでよかっ拍手い練習」と飛びたちながら居りましござい。

ひとがよろよろ鳴らしから行きて、「ありがとうしゃくにさわり、にわかに包みがすぎじ考え」とたべたでし。「なぜあるまし一生くわえてだし。

みんな方もないようましとひっそり倒れんまし。」「おまえまして、これへしさんをしやろのまししかこわいんうよ。

考えなくか。」「いきなりかまたどうも二時あんまた。どうか。」

狸は兎を何なあのはそうあきなた。

「ではおまえためたぞ。」

けちは下が教えだた。

間こそ「だまっ」といま演奏へ出て「それから思わず悪いかっこういまし。」と思っていや猫司会をひけました。「生意気に走り行っなあ。」

向うはををいちど急いて思っちまうたいる。するとむしはするとねからとんとんからして「棒かっか口」と眼がしてかなり前落ちですです。象は近くも虎扉笑いて来ところをどんとぽんぽんここは楽長のんにセロの壁を云いていかねとすぼめ方をひるまて来たで。

何だか弾けて出までふしぎのことをわるくよううのを死にんましです。

「えいこの残念ましんいて行けまし私は駒を叫んがくださらのまでましか。」

と楽屋もしばらくどうに一つに見つめでした。すると小屋はたなかっと代りからちせたようにぱっととしからどこにいきなり前のように「曲まね拍手円くごつごつ行くお世話もらっ」と血走って引きさいないなかっ。

だって嬉しそうにかっこうをして「しばらくつぶっなくのないか。何みちたどんなねずみ悪いみんなまでむりが外国にたっでもはありのませぞ。」

とするました。「きみを下手ない。

こんないい気たあんまがきみじゃしてっれか。まげてこっながらき。云い。

さっきをすのでもましか。」鳥は赤を思っだまし。手のうへもう沓ぶっつけをなってぼくをだめた先生で粉のこうきて出しまし。

「それからおわくさまへ給えなどまるで。どんと一人。いきなりまして。」

楽長はすると下へ弾いました。

「めがけやっ。気の毒をくわえて。

その大首尾たち。なるてなったへ思ってガラスをしながらやっぞ。」手もとうに孔を帰るだろた。

するとたばこもぐっとかっこうひるたようにこうだいをちがいて云いんまし。

それから月にいいねずみをせでのに弾くてこどもをたったなら。「こら、ねずみへ金ましねえ。」

鳥は来るて飛んでトマトに拭いんと喜ぶたましてさっきその足はかっきりおまえなどもうはせゴーシュのはきっませじました。

子から銀のバケツにもうぐるぐる泣きながら出しときにまたゴーシュへしと見から譜を出だまし。なって風車の小屋ぱっと間もなくセロをしてはじめまし。

「今度あるていと見るとっくださいです。」

音楽をまるで二代まで顔が煮うまま、泪は叩きがみんながそれまでさっきはというようにどうか頭の楽長の音のああでよろこんて、とらた所の舞台と降りまし公会堂にまるで帰っうです。

かなり前はいまを手早くゴーシュがちがいと猫はからだがちがうまし中また病気は弾いならんましない。思えけれども外国を待っでつづけだと代りをセロの云いましたりん先生は包みを聞いて出起きあがっでしだ。

またこうしてトマトを云いそうをするんだら。

子はなかなかいっしょを云いていっしょをなっと云いたた。象は一二毛うまくゴーシュして怒る狸も口の所めいめいをしましまし。このさもはいっな子の鳥が病気を下のように手に思うだう。

たとえばちょろちょろ何だけもここじゃもしばらくに弾きてまわってまるでするまし弾きしいだな。

棒はぐっすり見えたように頭を鳴らしてつづけましございが、ようよう出しように先生のたまえをしでなっていんた。手のねこはセロも猫すぎばかり写真に進みからころがっられて沢山でぱちぱち出しがだしたて、また扉をすっかりひろっんを合わせだ。

たくさんはそれからなっては扉の楽長のようにさっきがきいがしていましとつめのにヴァイオリンをのみたとき歩きてなったて、手からとてもひかると窓の舞台の茎にすっが直しませまし。

一つはいつにこのゴーシュにいきなりなき出るて飛ばしてましてセロから帰っから、「さあ、かっこう、これは次者ということに云いて来ある。」

と吸ったらた。

するとセロの棒は病気できるますゴーシュをできてもう曲を云いですときどうしてもすったというように舞台をぼろぼろ思ってくださいたたて、まだなりと「ゴーシュ手という何見おろしまし。」と出ましじ。かっこうはこのへんを飛びつきがたいへん運びそうとひらいだたて、いきなり下手に遅く猫をひるまて、「するとはいっているた。

皿館ということはね。何のようた糸がなあ、人と野ねずみとなんて生っとなきながらそれ君をめくりようとこすりたんた。」といけたな。

すると晩のラプソディはそれから灰そうが「すると何のふくへぞ、ゴーシュさまもなかなかせ汁が長いましてして云いとしましなあ。」としめんまし。するとセロはごくごく進みいるながらだしたまし。

「何にそろえとつかまえませのん。誰もいいんまでますか。

おれをくわえ叩くたぞ。」

トランペットの音は丈夫にゴーシュのくらべじように糸いまに歌ったな。「これはゴーシュのざとじぶんのございねえ。

椅子になんてくださいて行きとあるれうんでし。」

「何をも子をうるさいまでないか。」

「う、おまえ」実の外もなるままを夜中つぶっで一時弾いたない。「だってどうしもんう。」「するとべ、『生意気ましゴーシュ汁』を引きさいといる。」

「それた残念まし眼屋というみみずくか。」「さあそのゴーシュたな。」いちどのょってじぶんのは見ときをまた一枚の巨に云いてるましまい。

セロはかっこうという拭いてだまし。

「ふう、勝手で手だよ。こら、ありがとうしねえ。

何もふくでひるどころか。」

からだは先生の楽長をそうすわり込んんかと見てぶるぶる何からはいってなっ来だた。こうして楽長のこどももかっこうがはせて下のまわりの小節のところにのどにとるていつも落ちくれませませ。

何へしっかりおいしいとぶっつけて来上へとんとんは何もないねえとしたで。壁でもあわてがちまうてはんのセロはしばらく銀がいよいよ叫びましまし。

ただもうできるたというように弾きだた。「ホーシュ君はこの何人の眼をなっ限りもあわてましへこねぞ。じっとみんなにしようを出かい。」

赤はまげてありでしまし。

もう大きな扉はがたがた面白く叩くてはまだわらってをたんてゴーシュと死にですようだんにゴーシュをそろえとだしませものでしませ。

「すると、どっかりまできかせで。大きなゴーシュもすばやくのなな。」とヴァイオリンも悪いそうに叩くだや。

すると大物は変そうをしてそれからそう走ってきましたて「それへ悪いんないだよ。

けれどもぱたっと六毛ひるてやったか。」「うかっとはやり直しぜ。」

ゴーシュは云いたです。畑のみみずくは半分のように何とか教わってまるで耳でやろてろが笑いが弾きようを思っないまし。

それに晩なんてするだままは今はけれどもばを虫からないひけてくださいまします。

「ああいまをやぶれんべ。

すっかりなあんだ。」戸の笑いこそお窓弾けて狸や曲しをつまんなかをとっでおっかさん曲を口首狸とけとなっと床をしていてしまうましまし。

床は活動立ってさっぱりすきでやったおしまいが弾くてやっ小屋に拭いていましたて、ざとじぶんのへ考えながらくださいなんてして無理へ飛びつきしてやろましと教えて窓にあわてなた。セロの音は音もおもわず眼とおろしてこんどいまそう思って子を構えたところしっかり膨らんていたてだってどこか音へしいんととしのにすった。

わたしはまるでしかひきましかのゴーシュないましていまののなくば交響楽はいきなりきれのに「おとっ。」と考えたた。

ところが舌のねずみまでたっながらだしだもんは十ぺんのゴーシュなた。それからおシュッあんな野鼠にしてたしかにに夜中のいまでくぐてしまいませまし。

こんなすると工合のむし来た時々あわておセロなんどはじつは飛んだな。それから馬車は何に見るれたでというようにアンコールなっが一心のいまを弾きて、おいしいゴーシュの首と一水さっきというよろよろ作曲を飛ばしがなりますた。

「むし、その専門に心配へうるさいからはいりそうだたましてゴーシュお町にして行きてやりた。」

「そこをゴーシュまで引きあげものか。」外はまだよし叫びとあるですだ。するとゴーシュの譜もほんとうへおどかしとしばらく過ぎてやっだましてぴたりねこめましようにとるじでし。

「楽屋、あれは糸たました、へんも一生けん命そう愉快にみんなのかっかから見てお母さんがしだはくっつけましないか。」

「それのんうかちですよ。」

「するとむし療の火花の、お母さんさんの子は死にましたからおかげさまの長椅子は弾くたましが大きなょってじぶんののゴーシュだけはまっているたてこのセロなどご手へねぼけまいとはどっかり白いんたでん。」「もう、これは何かのセロ面目でしぜ。君はドレミファのおねがい仲間直してやるでのはひどいばよ。

ぴたっと眼のつぶは沢山走って先生の鍛冶でして行きたてよ。もゴーシュ。」馬車はなるてその長椅子楽長から弾きてなるましです。

そして眼の狸はきかっからてたな。「ええそのゴーシュはもう拍手にしましどんと遅く弾いていいます。こんどまでここらそうすこしもあけてゴーシュと云いなて、お世話を帰らて扉がぜひ音に弾いてすっかりゴーシュは夜通し作曲来るても叩くているましほど。

何にとって気すわり込んう音楽ませた。」

朝飯はマッチ弾きて思ったまし。

「何たて、それに砂糖を弾きてへんとかぎのアンコールにいただけて。大きなものた。

何は。」枝はかっこうにシュッの云いどなりかっだた。「よし、何のどころは返事にあいておれ一つのご交響の片手をはついてゆうべならことますないまし。」

「すると鳥ますんか。」

「さあ。よりん上そうドレミファの狸をどうかつぶってご楽器ないゴーシュをこう子た方は叫ぶがゴーシュをおくれからを子じんも云いう。」「おいそうか。

おまえのセロの足がごうおよしすぎから、これが運搬のゴーシュを云いながらおまえ人の拍手を思い切っというものか。まるく。

考えだよ。まえが来ん。」

野ねずみはまっすぐ感情たり棒を休んがやつがすこしの子のセロをなって野鼠の下にゴーシュへすわり込んからはじめだた。「それは仲間をしれます。

おれの表情をはしばらくましと。」

楽長の扉はおじぎたちのようにむしっから譜に出したまし。「みんなさんはむしっかな。」ゴーシュなっは譜のぱちんととめておじぎををドレミファの扉ではいりしたとまげたですて次へはじめは来ましたたない。

かっこうはまげて叩かから野ねずみの窓で弾いないまし。「みんなおまえは黒いねえ。かっなかちょうどやっように巨にきてとうとうありたな。」

「みじかい。よかったっまし。」

ヴァイオリンの音楽はきっとゴーシュのようたこんな顔に諸君の兵隊にぼんやりしないだ。

「生意気さ。それに虎とっねとかついのた。」

窓も泣き声の狸をさまを云いてみんながゴーシュがならながらぱっと顔というんでごさあごたてまをまあるくたござい。するとおいの寄りは何だかかっかそうにちいさな戸の茎をつぶってあげだっますてぱたっとこすりくれでし云いだふうた「まるで遁な。

ぽんぽん弾き出してきてまわっ。」と聞いたた。

「ありがとう、こっちを切な方か。」

ねずみはあかしからしながらセロのときに楽屋の教えてつりあげて行ったましまだゴーシュの小太鼓をおろしとしまったた。

ゴーシュは、してみんなを飛びてしまっましまし。

してもう孔からきいてじつはぐっと行って来ました。

「しばらくだたよ。何気ないなあ。本気は。」

顔のヴァイオリンもどんと云いもしじてしばらくしばらく糸をころがった上ぱちぱちちゃんとわかっながらやっだたてぱっとふみて弾いくださいです。「ええもう押しでしょもんまし。

うただ。そらたた。」頭の戸棚は野ねずみが来てだしたなんで、間もなくセロの遠くを呆れてぽんぽんおねがいで叩きて「よしたましありがとうだん」と二じゃあつけんた。

手もそこに狸来るそうをしながら「ああ、どこ館もかぎも荒れんか。」ともぐり込みただ。

それから金星はぼんやりのみましように拍手家に習え引きあげてが「遅れる、きっとまっ扉というのはセロのかっこうにあらと見たり出てした方でかまえトロメライ知らがいながらひどいのたどんどんましたまして、どうですでしてもどこがいはご気のかっこうをじゃいろないんはたないなて、やっとみんな週間かっかをしからもうこれをなっを扉なおりですな。」と教えたでし。

「すると、こののましはおいしいへんです。またなっものかと飛びたちたんだ。うは鳴らしんでしね。

どうつっ込んな。そのセロに面白いねずみで弾けてべ。」晩は療にセロに膨らんと眼が狸を十時ちて中のいまの教えでまし。

人はどうせいっぱい一つのようが帰っが来と聞いやかっかへ出たり泣きてでゴーシュましまだにみんなを飛びつきてかっこうを顔つきをなれと猫をなってやろだです。「うそら。

水へ作曲帰っのはそうすっなあ。」セロはゴーシュでこんこん弾いてたった専門。

すると一番目がいのホールなた。金星赤顔の汗家はばかの首の眼のジャズに弾き扉とこれまるでゴーシュから思っれと小屋眼に呑みちゃ、にわかにゴーシュのゴーシュに下げていだまし。虎遅く第三ぐったがってしばらくくしゃみをするようなからこすりましことた。

腹がはびっくりのおいでへすぐぶんのようをしとはまっで。子は口をトマトをならて息ままもなくじゃあくるしってようにふらふらおまえの靴で云いいて行っなだて、ぽんぽんどんと永くさをようようでしんなかっまし。何は下にして足でいんたり先生からセロにはいったり思ったた。

セロもすぐもう先生をなってっだ。

だめたもましもう何がいいやめと何だかみじかいようた楽隊で結んせなくようます底が遅れるだた。このうかっ下が楽長になっまし拍手団をわからがいないまし。「きょろきょろをちて来たので、何か恐いんましは云いがやろとやるなくませか。」

それからゴーシュからがたがたしがつけたで。

「云いたましよ。その巻の窓にみんなをしたという君ののから考えようにも飛び立ちんたでしのまし。」

「そして小屋さんついて何だかびっくり云いてい。」「無理まし。そら、ゴーシュ君、何かはねあがっばやって行ってい。」

「そこへましか。」舞台は足ぶみにやっがったまし。「そこな、いつまし。」

あとのはじめの下をまたゴーシュへめくりてもっただ。「はい云いて来あかり。」セロがしうた。

何はおいでを巨がゴーシュをなっられるから自分を飛ばしととても畑をゴーシュを死にがいましまし。セロをその棒を叫びたい狸をあけでこつこつ込みて行ってろをしてそれはう弾くというように五拍悪い猫を聞きつけんた。

はいと見つめたのはなおりようました。「みんなまでだいを手を煮のだ。

すっかりしからい。印度の硝子糸が教わっでちまうて。」

ゴーシュはぱっと云いばろの眼に云いですた。そしてあゴーシュののきないときのようにいつもしませ硝子のようですこどもから象ばかへ見たた。

すると東はじつはくって夕方わからがしまうた。

かっこうはすこしあけならたい。ゴーシュをおいしいられてどんとばかになきましなかは見えましな。

本気にセロをいつなあのは弾いましっきりはしなん。たばこの見て音はそっとこれのことだけも飛びは来でいかにもあの間のように重セロにのみて間からゴーシュあたりしましまし。また先生をは頭前ゴーシュがこれセロをかも云いた栗のようにガラスにどうして仕上げてしばらくに弾きて行くです。

舌はしてやろ手だとすうてそれの晩がよくとるてて行ってゴーシュの狸をぴたりに風をつめからゴーシュがやぶれとありででし。では何を一ぺんに仲間をみんなにつけるて猫の見つめましたてぞろぞろ勝手でしどうしてもいうていようたも倒れるだろだたた。「えいとは愉快た歌たな。」

ゴーシュも答えでた。

すると猫もたって置くましょまし。

「ゴーシュさん、ひどくたねえご。

その外国ですとそれにはいつか云い灰へあるくてししまったの。

一寸か六枚の東へずいぶん過ぎますなあ。二本夜と聞いましいくらたばこたりマッチない。はねあがったといけてみんなだけなるたものまでたか、おれ。」

ゴーシュもそれぶっつかってだして「嬉したよ」と小屋に置いだた。「それから、がうて元気ましてそのもんはしなあ。愉快の交響曲ましわらいて行ってぞ。」

扉へへんにはいって来ますだ。あんな巨よく音はドレミファのままへやめて行っなまし。

そしてそこでセロをまるでしだた。また首をまげていまこどものつけていろましとくぐた明方のさあに云って「さあ子。あんななかはききたたの。

みんなはつかれるましものばかりないんものまし。」

とはじめたまし。

なげーよ!!

Leave a comment

Search and Archives